卑弥呼が埋めた「大量の銅剣と銅鐸」
此処に出雲と同様、“大量の銅剣”が埋めてある! 全国歴史ファンの方々、三上山に集合せよ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
<良かれと思ってしていることが、・・・?>
更新がないにも関わりませず、度々のご訪問に感謝いたします♪(^-^)。
あれこれの思いはあるのですが、気力不足というかイマイチ燃えあがるものがありません^^; 生来の“のろま”  ご訪問やコメントの多くが出来ないことを心よりお詫びいたします。
   
『多利南営農組合の仲間たち』 tariminami様 ;
ご訪問ありがとう御座います^^♪ 新来の)お客様でこんなに毎日のお人初めてぇ^^? 当方の駄文長文のいったいどこが・・・^^? すべての記事は繋がっています。 FUさん>が夜な夜なかけて読破されたとは承知してますが、自分なら三日ともたない(笑)。 どんなお方様が?と、貴家を検索しても砂時計がつづき、エラーがでて訪問できません。 この際ですが、森さん>や、お昼さん>、たろさん>までもエラーがでてシャットダウンを余儀なくされます。(当方の受容量過小)なのでしょうか? どなたか教えて下さい。(10/3) PC素人より
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【 お知らせ・2 】
    ♪ あなた様の参加を切に希望します ♪

衆生(皆のため)ゆへ、 慈雨が(快適な生活が)欲しやと、 願ふれば(探求すれば)、
 我知らずおり、 稚児の(科学物質受難症の)叫びを!

 その昔には、“衆生雨乞い” のためだとし稚児を神に差しだす制度がありました。
    今私達は、より快適な生活を求め、色々なものを造り出してはいますが、
     知らずのうちに、それが人を傷つけている場合があると知りました。

現代科学が生んだ負の遺産!(身の置き場がない)こんな状態が許されていいのだろうか? 
      ブログ→ モスカルのCS日記      人命は塵より軽し
  6月12日付けの毎日新聞のトップ記事に、「化学物質過敏症(CS)、(やっと)健保に!」
悲しみと怒りを共有します。 一刻も早く 「難病指定と救済を!」    ('09 6 13)


  化学物質過敏症>なる言葉を造って(使用して)はならない!! と提案します。 
それが強い攻撃力(浸透力)をもっていれば、いかに強い体躯の持ち主であろうと冒される。 ましてや、弱い体調不良の時においてをや!である。

  CS(・・・)>を 我と我が身におきかへて 涙を流す時間(とき)など あらまじ! 

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このCS問題は、一人や二人の力で解決出来るものではなく、皆で知恵を出しあい社会全体が負の遺産として償うべきだと考えます。それには、より多くの人がCSを知る必要があります。
貴方様が このCS問題を取り上げて下さることにより、<ウエブの連鎖>がはじまれば 『 行政や マスコミ 』 をバックアップ♪する大きな力となるでしょう。
 貴方様の《ブログ & HP の記事 1回分のスペース≫を下さい♪

私が<CSを知るきっかけ>を与えて下さったモスカルさん>のブログです♪
      → ブログ モスカルのCS日記
     →  H P   kitune4meiri-past@yahoo.co.jp ^^!

<化学物質過敏症について> 
化学物質過敏症とは‥   (化学物質過敏症支援センターより引用、詳細はそちらへ^^!)
さまざまな種類の微量(アレルギー反応よりさらに微量)化学物質に反応して苦しむ、化学物質過敏症(Chemical Sensitivity=CS)。 重症になると、通常の生活さえ営めなくなる、極めて深刻な“環境病” ※化学物質過敏症は、欧米ではMCS(Multiple Chemical Sensitivity=多種類化学物質過敏症)の略称のほうが一般的。 以上、

<過敏症の原因商品リスト>
モスカルさん>の、上記項目で検索してみて下さい。私たちが無意識に使用している商品(             )の多さに驚かされます。

 この問題は、
1 当事者は、重症になると日常の生活移動にさえ制約(脅威)がある。

2 発症を刺激?する物質に(タバコ・香水・消臭剤)のようなごく一般的なものがある。

3 例え、発症者に合うような家を新築・購入・リホームしてもお隣さんに(階下の柔軟剤にも)影響され、現行法ではその規制がむつかしく理解が得られない。

4 では、田舎に? 風上からの農薬・草枯し・野焼きの(家庭ゴミ等の)影響もうける。 この問題は非常に大きな問題をふくんでいる。なぜなら、野焼きと草枯らし剤の使用は、営農をしているかぎり、雑草の処理として二者択一の問題であるからだ。街場での庭木・雑草の処理は家庭ゴミといっしょに焼却場ゆき。住宅街での沿道や河川敷の雑草処理は、焼却場へ持って行ったり、人気の少ない河川敷で燃やす。 近頃は河川敷近くの道路脇へ積み上げ堆肥として無料ひきとりも行われているようだが? これ等の多くは行政負担で行われている。農家の場合の雑草処理は、事業者負担となるから野焼きか、草枯らし。山間部へ行けばいくほど農地ののり面は、大きくなるから爺ちゃん婆ちゃんの負担はたいへんだ。 これを堆肥に変える有機農法はさらなる負担増となる。 そして廃村にちかい空き家への転居をすすめても、老築化したお隣さんがシロアリ対策をしないとは限らない。

5 それ等をクリヤーした安住の地と思って転居しても、<見落とし>があったり、“近隣の一軒、一人” においても環境が変われば、転居をくりかえさねばならず経済的にひっ迫する。

6 最後の手段! 「山の中の一軒家へ行けばいい」 これを云うのは、それを望む人は別として^^! 「その生活」を知らない人が云える言葉であり、職探しとその環境に加え、周りに田畑さえ無いということは人気のない (杉の植林もない所;→杉の樹下でも反応する人がいる) 自給自足の生活を<強いられる>ことである。 買い物はネットや知人に・・・、悠々自適のお人ならともかく、学童や幼児の発症者を抱えるご家庭では、さらなる困難をともなう。

7 アレルギーより、さらに微量の化学物質に反応することがあり、お医者さんもお手上げで?、研究者も少ない。 とりあえず他の病名を! 病名が決まらないから健保が使えず自費負担。 やっと病名が決まった! 化学物質過敏症!(09' 10/1から健保施行)
  (08' 8/29) 読売新聞<医療ルネサンス>
    重症化すると、電車(内張)や病院臭にも反応(頭痛・鼻血)し、治療が受けられない。
    日中は緑の多いところで過ごす(PC不自由^^!)。 転地療養効果あり・・!?、

8 上記に加えて、<発症者>に、大きな 精神的ダメージ を与えるのは、
     私達の<無知・無理解>により発する言葉!
   『 あんた達は、特別でないの? 私たちは、現行法内でやっているのに!』
  発症者の皆さんへの誹謗・中傷などは問題外!! ましてや利益を得ようなどとは!

 この<発症>は、昨日まで健常だった私に、貴方に、突然やってくるという。
 私たちは、この現状を知ることから始めなければならない! そして次に何をなすべきかも?
   その広報に、私達 “ブロガーの力“を全開しょうではありませんか♪(^-^)♪ 
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<素人よりの提案> 化学物質過敏症と呼ばれる言葉が定着するまえに
化学物質過敏症(仮称;CS)は、人類が今までに経験した<病気?>で一番悲惨な<発症(仮称)>だと思います。 身の置き場がない! 周囲の無理解。 例え一時的な避難場所を見つけても何時その環境が変わるかも知れない不安がある。 安心出来る食材を<試さねば>ならない。たばこの煙や、香水や、消臭剤が付着した衣服をまとう好意的な貴方にすら、重症になると反応するという。それによって接触者は迷惑をかけてはいけないと後へひく。 薬や食料品の買い出し(薬品臭・芳香剤コーナー)にさえ難儀をともなう。<発症者>は、ますます孤立化する。
<・・・>は、病気なのか? 今のところそれが病気か?受難症かは?解ってないんではないの? “化学物質過敏症”という呼び方は、健常者側がつけた病名である。この呼び方は、発症者に精神的なダメージを与える。なぜ私だけが?、私達だけが発症するのかと。あまりの辛さに自分のDNAさえ恨む。

そこで素人は、発症者側にたった病名を提案します。
化学物質受難症  化学物質反応症  化学物質過敏症
  以上の、三つを考えてみました^^!。


◎ 化学物質過敏症・(Chemical Sensitivity=CS)
この“過敏症”の言葉は、前述したように、「貴方達は特別ではないの?」とか。発症者からすれば、自分たちは特別な体質(遺伝子)をもっているのでは?との固定観念をいだかせる “響き”をもつ。 そして、社会一般においては、「それは、一部の人だけが発症する病気であり、私たちには関係ない」との無関心につながる。(かく言う筆者もブログ活動ではじめて知りましたが^^!) さらに発症した人が声を大きくすればするほど、一般の人達からは乖離(かいり)し、誹謗(ひぼう)をうけたりもする。・・辛いよねえ・・、ふつうであれば “慰めやいたわり” であるはずの言葉が、『 あなた達 “だけが 過敏に” 反応するんではないの?』 と云われては?

◎ 化学物質受難症(Chemical Sufferingsサファリングス)では? (注;筆者の造語です)
これは、被症者側からすれば当然の言葉であっても、先にいったように、それを声高にいえば言うほど、非難の言葉がかえってくる。そして、「受難」のことばを使えば<製造者責任>の問題が直ちに発生し訴訟問題へと発展する。今のところ、体質か? 化学物質被害?かは、特定できていない状況のようである。 それを論議するために<発症者>への救済を遅らせてはならない。

そこで、折りあうところで・・・、^^!
◎ 化学物質反応症(Chemical Responseリスポンス) (これも筆者の造語です^^!)
とりあえず「化学物質反応症」とおきましょう。 だが、これでは「化学物質」のすべてが悪者になってしまう。 人類がよかれと思って創出してきた化学物質のすべてが悪者ではない。 欧米では、MCS (Multiple Chemical Sensitivity=多種類化学物質過敏症)の略称のほうが一般的だという。そこで、この二つを合わせて 『多種類化学物質反応症=MCR』 と呼ぶことを提案します。 なにも、すべてが欧米に追随しなくても良いではないか^^!  医療先進国をいうのであれば、その“<MCR>の名付け”が日本発であっても良いはずだ。

< 総 括  私たちの無知・無理解!>
それには、<MCR>の対策で、世界にお手本を示す必要がある。
すでにマスコミでは、CS問題として読売新聞<医療ルネサンス>、NHKでは<ガイアの夜明け>、毎日新聞では<トップ6/12記事>で扱いその重要性には気付いている。(アサヒはまだかな^^?) 行政においても何とかしたいと?<支援センター>を立ち上げている。 なのに、一番遅れているのが< 私たちの無知・無理解>だ!  私たちの“喚起の大きさ”で行政は動きやすくなる♪?

 貴方なら、私なら
マンションの階上に、お隣に、引っ越してきた人が、『その芳香剤・殺虫スプレー変えて欲しい』 『野焼き・シロアリ剤止めて欲しい』と、云われたら何んという???


幸いなことに「転地療養」に効果があるという。いかに発症者の皆さんが“コロニー”を求めても、付近に田畑があり農薬をまけばアウト。今の日本でかような所を見つけるのは難しい。 たとえこれに共感し、村おこしにと思う為政者があっても、住民の一人一軒にまで理解を求めるのが大変だ。
この「CS問題」は、医療・行政・住民・社会意識の多岐にわたる論議が必要だが、今“車中生活”でSOSを発している人(モスカルのCS日記さん)がいる。 貴方に問いたい! もし、それが貴方なら、私なら何んとする・・・・??

 その拳、 しかと受けたぞ! ブラックホール、 次へ生まるる  明光として♪
                          (2009 Aug.25) 平 素人

 この記事は、一応これで完了します。(8/25) 
2009/10月1日?付け毎日の一面No2記事に、「シックハウス販売側敗訴!」ありました。
2010/09月に「議員会館完成でシックハウス発生!」これで政治も重い腰を上げてくれる
  でしょうか?
2011/6/11 東日本大震災後の、(2011/4/12)「モスカルのCS日記」さん>のブログより、下記を転載します。

 「東日本大震災CS掲示板」 http://disastcrcs.fc2.com/
 「きれいな空気☆切望中」 http://air.jetfanbook.com/
 「科学物質過敏症私の方法」 http://www14.plala.or.jp/margarita/
 以上,





拍手をくださったのは、どなた様ですかぁ^^?
 ありがとう♪ 1拍ふえて12拍になりました^^!  (10/6) 
「 どなた様が?」と、推理・想像しては観るのですが、へボ探偵の推理力ではまったく解りません・・・トホホ^^! 極秘報告書「巨大隕石と大津波」←(クリック・電子出版無料立ち読みあり)の、広報を始めて20余年いまだに芽がでません。 出来れば “事が成る前に(^-^)”応援のコメントを下されば嬉しいのですが・・、そのお一言は世界史(?)に残るのにねぇ^^!
  コメント欄にはべつの面白さがあるかも知れませんよ^^♪

どなた様、拍手をありがとう♪ 只今までで(‘10 5/21)12拍変わらずです。(^^!)
('13/08/16) どなた様、13拍目の拍手をありがとう御座います♪ 数少ない訪問者から推すに、k.さま>でしょうか^^? この欄は自分自身への戒めのためにも書いています。昨今は“香り&消臭商品”が況してきました。当方、加齢臭が気になる年になりました^^!。このような商品は人々が望み良かれと思って開発されてはいますが、csを患っている人には、特に注意と危惧しています。勿論、メーカーは相応の試験が成されてからだと思いますが・・・。

スポンサーサイト
Copyright © 2005 卑弥呼が埋めた「大量の銅剣と銅鐸」. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。