卑弥呼が埋めた「大量の銅剣と銅鐸」
此処に出雲と同様、“大量の銅剣”が埋めてある! 全国歴史ファンの方々、三上山に集合せよ。
A Big comet fell down in 2001BC,
To you, from messenger(Mr.Sherrock Homeless)  Jpan; 1996 March 17
True form of God A Message from Our Ancestors.
                                    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                                                                               
                  I can not read English.
              史実探偵: 平 素人   2009-11-11-Wen
To  Ms.*** You  
Thank you for yoyr interest in my brog. Regretfully, I can not read English, A translator translated this article. (^^!)

You must change it into Japanese to let it contribute to my blog. Unfortunately I do not have ability and time to interpret your contribution.

If your mail is "an unwanted-mail", and I do not delete it, it will be it in the thing that you leave dishonor for the history.

コメントありがとう♪ 貴方は、私のブログへ投稿するには日本語に変換する必要があります。 残念なことですが、今の私は、貴方の投稿を理解する能力と時間を持ち合わせていない。(^^!) 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  There are mysterious megaliths that our ancestor left us, their 
descendants. Famous of them are the stone statues in Easter Land,
Stonehenge in England and the Carnac Alignements in France.
And Stonecircle in Norway, Sweden, Japan too.
 ( I inquire into July 2006, Stonehenge 270peces in Amazon too.? )
Why were these remaine created ? There is no definitive answer to the
question. The qurpose of them are not clear. I have came to a conclusion
that there remains which had been created since approx. 2000 BC.were
triggered by the collision of a Big Comet. Unbelievably, an absolute
majority of people survived even in this calamity. Or we should say that
in other words; they were saved by the beneficial rain that the calamity
caused. This made people believe the existence of god. This became
the nucleus of people’s behavior as a group. That is, people believed
the existence god, made a ranks of god, acted in accordnce with his
will, and developed into a society. This means a big building became
possible to be built.
         

  There appeared seholars who insisted that there was a pyramid in
Kazuno City, Akita Prefeture, Japan. Earthen vessels made in the
stone age were excavated around the top of the 80-meter triangular
pyramid which was thought to be formed. This theory has been
insisted only partially, and not been accepted generally. Since I had
been interested in a huge meteorite, the location drew my attention.

In the extension line of the northwest righe line of the mountain called
Mt.Kuromanta, there are Stonehenge and Carnac Alignements. 
Furthermore, in that extension line, Easter Island were aligned.
My prediction proved completely right. However, sorry to say, wherever
you mark at surface points of a water melon, it can be cut with a knife if there are only 3 points.



  (fig.1) Locus of Comet  and  Oyu in Kazuno City

               To :極秘報告書「巨大隕石と大津波」



  Therefore, I tried to find the fourth point on the line,then fournd the
various ground drawings scratched on rock surfaces in Nazca,Peru,
though this is a litle different type from the others.  Let us try to give an answer to this mystery. One of the ground drawings is sized over 200 meters, which is thought to be a condor. This drawings shaw in
fig.2 is indecipherable from ground level. Their survey technique is quite
great.



  (fig.2) makeing from Quark special 
  Nazca Ground Drawing        Nazca PERU



The wide -spread wings and tail feathers,strong tarst, round head,
and long beak are impressive. However, the bird,which should fly toward the northwest,actually flies toward southeast. Furthermore, the beak of this bird is not hooked but straight and sharp at the tip like that of a carne. At present, a winter-bird crane cannot be seen in Nazca. A round head. That’s it! The round head symbolizes a big comet, and the beak symbolizes the tail of the comet. The bird does not fly toward the southeast. It expresses that the comet came from that direction. The people who drew this were more interested in the direction it came from as a messenger from the sun than the direction
it flew away.
  A closer observation of these pictures makes it possible to classify these drawings into 3 groups; fig.3, fig.4,and fig.5.  Fig.3 group expresses that the comet dissipated up above this city. However, the direction is artificial.



  (fig.3) makeing from Quark special
  Dissipation



The wings, lengs, roots, and leaves express dissipation. However, if it
expresses dissipation, some parts are stange : eagle’s head, coral branches, bent neck of the bird. This probably expresses that the way of dissipation was not simple. 



  (fig.4) makeing from Quark special
  Clisruption



It is emphasized in fig.4 ; long lengs of the spider, the internal organs of the bird which seems to burst out of its breast, long-hung face of the dragonfly. These imply that one of the dissipated pieces broke into pieces like a dish, and fell down separately from the group, fluttering and  meandering.



  (fig.5) makeing from Quark spcial
  Tsunami
  (tidal wave)   



  It fell down on to Yucatan Peninsula, Mexico. I will leave it for latter
fun to solve the mystery of the remains in this location, Chichen Itza, and the spiral in the third group, fig.5.

  The comet dissipated up above Nazca in the Southern Hemisphere around at 3:00 p.m.in the summer solstice, and  then went towad the
Strait of Dover in the northeast. The Stonhenge which was made to have a frome of collistion evidence is the spot where the comet fell down. There must be a proper reason for them to make such a great deal of labor to carry those huge stones to the plain. They cannot have
been carried to a spot of no significance. The direction suggests us that
the comet which received the message from the sun come in the winter
solstice in the northern hemisphere. Fig.9 show a supposed route of the comet.

  Carnac Alignemen which was created in around 2001 BC suggests us
that it is a passage of the huge meteorite. In Europe, there left a legend as follows. It occurred at night on December 24.  A red shining
star went through the sky. This red to the later Christianity, Christmas
Eve, and Santa Claus.



  (fig.6) makeing from GAKKN encyclopedia
      Corridor of huge Meteorite: Carnac aligncman France.
      Marking of Dragon: Ston henge England.



The red clothes and corn-shaped hat of Santa Claus express a comet,
and antlers of reindeer and branches of fir trees expressdisruption.
It come with a present, i.e., the beneticial rain, to the completely ground due to severe drought since the summer. It is questionable that Santa Claus come into a house from a chimney. Why do rational Western people still leave this for modern houses? This is a chimney rock which express that a huge stone invaded from the air stuck into the ground. Under the huge stone, there must be red blood or red flame mark.

Before a huge comet crashes the earth, a shock wave and crashing sound are caused. Tinkling sound of a reindeer bell may be a little too cust for a crashing sound that a huge meteorite causes. However, if the comes in such a loudness, children will be awake. If I were him,
I would give them presents quitly in socks which resemble a meteorite mark, and won’t care about red clothes nor reindeer.

  This huge lump was decelerated by resitance, and went to Sweden, Siberia, the northeast of China, and then toward Japan, scattering huge
meteorites. The Chinese likened this to a dragon. The horns and whiskers of the huge meteorite going across the air with a big head and
a long and thin tail expressed disruption, and the roar its big mouth must have roared in the air. A fireball in its sharp claw symbolizes a red meteorite. A dragon which goes up into the sky in rain, was trwated as a messenger of a god of water, because of the heavy rain caused by this big event.

  In an ocean surrounded country, Japan, there is a legendary monster, Kappa, he has a milky crown on the top of hed, and he is thought to pull men and beasts into the water. This suggests us a huge
lump which dropped into the sea, and thunami waves. People made huge meteor-shaped tumuli, which were later called keyhole -shaped tumuli, coffins made of Chinese black pine trees, which bears nuts similar to meteors, and buried meteor -shaped Dotakus which are supposed to have used when a tribal chief, a god incarnate, is changed.  (correction)  I wish to hear the sound once. It must be the
sound which a huge meteorite causes. Here again, red blood to of offering a sacrifice to a deity follows about.



  (fig.7) makeing from GAKKEN encyclopedia
  Tumuli and Dotaku



  When talking about a message from our ancestors, thereare three key
words; i.e., meteor shape, red coloe, and roar. They promise fertility
accompanied with a sacrifice. We should know that these are hidden and handed down in the styles and shapes that we believe to have been
succeeded since early times.

  Scattering the fragments, this huge nucleus  arrived to the final point, Japan, at last. There is a stone circle in Hokkaido. The stone circle in Oyu models on the moment of collision verywell. There are two
triangular-shaped places near the pyramid Mt.Kuromanta. If Mt.Kuromanta is a pyramid, it is difficult to be thought that thisis the only one pyramid there. This must also be investigated. Meteor shaped items
of the stone age called stone stick have been excavated in the Chubu region and northward. The Chubu region and the northward is the location where the nucleus went down in height.



  (fig.8) makeing from GAKKEN encyclopedia
  Stone circle in Oyu
  and Stone stick(MEIJI University)



Fig.9 is the map of the ToHoKu region in Japan.  I drew a line passing above Kazuno city toward the southeast. However, strange to say, the coastline of A is of complicated shape called a ryas coastline while coastlines B and C are simple. I general, we pay attention to what we believe to be special, but do not pay attention to what we believe to be normal. This is because the invasion of the tsunami caused by the  huge meteorite is in the location which does not affect B and C, and is not for in the ocean, and comes near to land.

Kesennuma Bay is doubtful, ad so is Kamaishi mine. The great tsunami
caused by this shok washed the surface soil of A away. Stones and rocks scattered and a great deal of vapor was released in the air. It shook the ground and caused a volcano to burst into eruption. The blown-up volcanic ask becam a uncleus of heavy rain, and it poured onto the graund.



  (fig.9) BC.2001 December 25,  
  Big Comet fell on Japan!(Tohoku region in Japan)
  Orbit of a comet!




  The great tsunami instantaneously swallowed the sstone age civilization
in the Pacific Ocean, swept it for away to the Easter Land. There are
approx. 1000 pieces of stone statues called Mai, and some of them weighs as 20 tons. It is astonishing that there was such energy in this
small island. Most of them are erected whith their backs to the ocean.
In general, we are more comfortable when facing to the ocean, so we
erect gtaves, etc. so that they face to the ocean. This direction of the
statues means the direction of landing,i.e., landing from the ocean, and also means the tsunami. Several of them are giants with a cap- shaped items on the heads, made of red tufa called Pucao, and they are standing with their mouths tightly closed and looking up to the sky.



  (fig.10) makeing from Quark special(ORION PRESS)
  Moai
   makeing from Quark special
  An owl man



The inverse T-shaped red caps imply the huge meteorite that flew over the sky was red, and so they took the trouble to quarry red stones at the crater. The nunmber of the giants is also a problem. When you have enough materials and labors, you will hesitate how many giants to be made like this: One is too lonely, and then it should be too.  Or, it had better be three rather than two. However, when it exceeds around five, the figure has a meaning. Building these giants requires a
great deal of labor, and so the number of the giants suggests us the number of the disrupted pieces of the comet. To show one of the disrupted pieces was separated from the group, the giants were made to stand upright with their thumbs bent backward. Then, why do they close their mouths tightly, and look up at the sky? When we are astonished, we will wide open our mouths. The people of the ancient time were astonished with the big event, gazed at it, and handed down the fear to us, their descendants.

  The great tsunami occurred in Japan reached to Nazca, Peru in approx, one day later. Let us back to the mystery of Nazca Ground Drowings.



  (fig.5) makeing from Quark special
  It injured by Tsunami



  The spiral in fig.5 shows the tsunami, The dolphin, fish, bird were injured, destroyed, and reached to the seashore with their backs facing to the sea. Even a long-tailed monkey which cannot be seen around there are drawn. There was no doubt for them to draw plenty of there marine products and floating wreckage which had been transported by the
great tsunami, as gifts by the god in the heaven.

  The great number of straight lines are precious data of approx.  4000 years ago, of the movements of the aun and the constellation,which was thought to be of its group. One of them shows the direction
of the sunset at the summer solstice. It might come again. The ground
drawing called an owl man who wide opens his eyes and highly raises his right hand who is drawn on the mountain surface does not look at the direction regardless to this. Can you believe this? The mesas where
Nazca Ground Drawing are drawn is located 50 kilometers from the sea,
and 500 meters in height.

  Let us talk about a tsunami. Tsunami is a word of Japan which is surrounded by the ocean. The Wave of Tsu, Tsunami, means the wave
entered into a port. It goes on rampage at a V-shaped offshore of a bay which is shallow to a considerable distance from the shore, and instantaneously goes up to the land. However, in a small ship floating on the ocean, the tsunami are sometimes not felt.  Or, at a monotonous seashore、 or on an isolated small island, it is felt only to the extent that the water level becomes higher. The speed of a tsunami
is approx. 700 Kilometers per hour. It gose faster at a deeper place,
and slower at a shallower place near a seashore. A floating matter is likely to be carried away, and sinkig matter isn’t. A small or light matter is likely to be carried for away, but a heavy and big matter isn’t. A round-shaped matter is casily to be carried away, but a squarish matter isn’t. 

“When a force is transported via a medium of water, a substance is extremely efficiently discriminated.”
The above seems to be natural, but it becomes the key point to make further attempt to solve the mystery.

The remains at Chichen Itza in Mexico, which were the fallen point of the meteorite, were the ritual center the heart of a sacrifice was taken out to be given to god. This shocking rite modeled on the big event of a huge meteorite, falling down, with extreme accuracy which shiddered us. The solution to this mystery will be described later.
I would like to add that this “A Message from Our Ancestors” is a part
of my reports.    ( 極秘報告書「巨大隕石と大津波」

This huge message from an ancestor instructs what ancestors should leave for our descendant how. Thank you very mach. I surely took this message.    口   Re-announce; 2008 July 24


Received :  1 April 1994; accepted 11 January 2006
1. Masuda,Y. Supervision Antiquity-Ruins time travel Quark Special 1,4-63
   KODANSHA(Tokyo,1994)

Connected :  11 January 1988; accepted 11 January 2006.
   Mr.X-man  Message from Ancestion.Kyodai-Inseki & O-Tsunami 1, 6-224
  BUNGEISHA(Tokyo,2005) http://www.Boon-gate.com  
   

 


  Good luck!   TO BE CONTINUE
Sanks.(1) 2010 May 23. ~ Sanks.(4) 2011 Feb 03.
When will I see you agein...



 
スポンサーサイト
Huge meteorite at befor down on 24th=25th of Dec.2001BC told by ancestors
                Letters to You in world
             from;  messenger  Mr. Sherrock Homeress
                        May  05, 2006

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                                                                              
                  I can not read English.
              史実探偵: 平 素人   2009-11-11-Wen
To  Ms.*** You > 
Thank you for yoyr interest in my brog. Regretfully, I can not read English, A translator translated this article. (^^!)
You must change it into Japanese to let it contribute to my blog. Unfortunately I do not have ability and time to interpret your contribution.
If your mail is "an unwanted-mail", and I do not delete it, it will be it in the thing that you leave dishonor for the history. (^^!) 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  The time was 4006 years ago, 2001BC, the mid-Stone Age.
A planet which passed just next to the sun was attracted by the earth’s
gravity. The Meteorite entered earth’s atmosphere at Easter Island in the
full light of day, passed over Nazka in Peru,passed over the Straits of
Dover in the evening, passed over Siberia in the middle of the night, and descended like a sledgehammer (big hammer) in the North-East district in Japan (land of the rising sun) on 25th of December, Japan time, at araund 6:00 a.m. where it was still darke. (fig.1)
This serious incident was told by our ancestors as a legend and the name of the district represented the incident. The names in parentheses
are the metaphases of the geographic names called by the ancestors.
   

 Now, I would like to answer the question,   why I was able to derive
  the exact year, date, and time of the collision of the huge meteorite
     and the route that the meteorite passed to reach the ground.
    The collision happened on Decmber 24th=25th 4006 years ago 
              (2001BC) at 6:00 in the morning.


  <fig.1>

  In order to start one era by sectioning the years which are not particularly sectioned to make the beginning year, there must be a serious incident or a socienty with a large populartion so that the majority
of peple are convinced. Even if there was a serious incident, there was
not enough energy for a small group people to start the large almanac. The hunter-gatherers’ and slash-and-burn agricultural society which existed
in the Stone Age and united only by conjugality did not have strong binding power, and the society could be a small group but it would not develop into a group with a large population. To form a group with a large population, there needs to be some cores. On top of that, there must be a person emerging as God’s vicegerent and the people in the group must believe in a common God.

Believing in God is originated from the natural threats. It is exactly the huge meteorite which went half way around the word 4006 years ago. The huge meteorite broke into people’s mind as an object of worship, or
a God. There are Moai stature in Easter Island, Carnac-aligneman in France, Stonhenge in England, and Stone circles in Norway and Sweden. All of there are located on the orbit of the huge meteorite. Further more interesting things are that Nazca Lines and giant stone remains in South-East Asia are also located on the orbit.

Other than clothing, food and housing, the reasons why such time and manpower consuming structures were constructed are still not clear yet.
If menfolk in a small group got involved in the sonstruction of such remains, there families would lose there livelihood. The construction of the giant stone structures was only possible after forming a job sharing society of a group with large population. By no means, coulld the job sharing society have been formed after completing the construction of such giant stone structures. At the same, this cannot be explained simply by the cultural diffusion and one academician commented that the
contemporaneousness and co-identity resulting from some phenomenon can be recognized. The phenomenon is exactly the huge meteorite of 4006 years ago. 

It is a natural outcome that our ancestors tried to leave behind the dismay in the land. The construction of these remains started after 2000BC.  Therefore, the happening must have occurred in December, 2001BC, jast befor the beginning of the era.

   Then, why the dates of happening are 24th=25th of December,
                     in the earth ?


  It is very easy to answer. Persistent desires for the huge meteorite and messiah of Eurropean people.  Belief in SaintClaus. Legent of witch on the comet. The timing can be presumed from these three legends. In that year Europe, many people died as the dry weather contnued from the summer time. In the night of 24th of December, the
comet growing mammoth size day by day become a bright red star and
flew in the night. The red colour become the red outfit of SaintClaus and the flight become the sled pulled by reindeer. It is interesing that the sled was pulled by reindeer not by hoses although the promenade was widely used in Eurrope. The horses do not have horns which signify
the break up. In addition, the reindeer was better to draw sled in the heavy snow brought by the winter of the meteorite. The sithouette of a witch flying on a broomstick in a dark dress expresses the winter of the
meteorite.

The year after that event, the heavy snow melted to swell the mighty rivers and to bring vegetation back to life. The star spread boulders into
England, France, Sweden, and Norway.  The boulders and fire are seen even now in the smokestacks of fireplaces and with fires blazing in
the houses of Westerners who live in air-conditioned houses and should
seek for reasonableness.

People kept talking about this and handed in down as a legend of SaintClaus. This is the reson that the basic tone of Christmas is red : (Red colour is meteorite, White is heavy snowfall, and Green is foliage revived by fruitful showers).  Furthermore, this is developed to the altitude Culture of which people look up at the sky.  Now, the sound of
ringing bells in the sphere are the sound of spreading huge meteorite. Therefore, this explain the dates, 24th=25th of December.  However, by a so showy appearance, children will wake. And it is hard to distribute a present aione, and I hate entering in a house from a chimny.  If it is me, I knock at a door quietly and put a present in socks of from of a meteorite. Nothing would remain until modern times as it would have been shaken out a long time ago. The message of this serious incident in the geographic names surely exist in Europe, as
well, and I would like to ask you to spearch and seek them as you are
much more familiar with Europe than I.

  Then, why the time of happening was 6:00 in the morning ?
     You may think it is not reasonabie to specify the time.

  However, the time was told by Japanese ancestors.  <fig.2>

  <fig,2>

We do have Stone circles of the Stone Age in Oshoro Otaru-city HOKKAIDO and Kazuno-city AKITA-KEN. As for the geographic name, we have Tappi-Zaki(meaning a flying dragon) in AOMORI-KEN. The doragon, mentioned here, meant a huge meteorite. The places where the huge meteorite crashed are named Kamaishi(meaning a mineral ore) and Otsuchi(meaning a big hammer).  Jast like the area surrounding the
crash site, there remains Shirakami-Misaki(meaning white God and the white is the synonymous with white light), Shirakami-Dake(meaning white
God), Mahiru-Dake(meaning blaze of noon), Omoshiro-Yama (meaning brightened face and outside house), and Shirahige-Yama(meaning white bear and hair).  From there messages of geographic names, I presume
that the fear of the shock was so big that people got grey hairs in one
night. Further more, our ancestors even said that they stopped the light
boom using Hinoto-Dake mountain(meaning a barrier door for the lights),
Hinotodake-Sanchi and Ou-Sanmyaku(meaning to cover with feathers), shaping a letter T. The light boom made a dark winter morning just befor the sunrise bright as midday.

The Tsunami IWATE-KEN(meaning rocky geosphere band) using the surface clay from the crash site and a shell mound at Asanehana(meaning an early morning before waking up) in OKAYAMA-KEN in western Japan. I am unble to count the number of all geographic names
which came from doragons or TSU of TSU-nami. The he giant tsunami
created by the shock of the crash reached the Nazca where Lines were
drawn in a day. The European ancestors who got to know this unparalleled and serlous incident on the Silk Road boldly went down to Japan, a mysterious land.


 This report grows up into “the highest possible idea“ in this cetury.

I hope you do not call this doctrine last a legend, but realize that the geographic places were named inevitably by our ancestors.
If you do not think that this report is valuable, it is not because there were no such historical evidences but simply my report is not matured enough.


The ancestors are angry. They would say, if this incident is called the “Huge meteorite”, it is science and if it is called “Santa Claus” or “Dragon”, are they legends ?

 In the Stone Age, people just cared for clothing, food, and houseing.
And when people had serious natural threats, huge meteorites, it was ensouled intopeople’s mind as God. It becoms a breathtaking and explosive strenght and creates the spiritual vocabulary which transmits the
story from one generation to the other, resistance to overcome difficulties, new culture, and a large collectivity.  口


           Thank you very much. See you next time.  
       



  TO BE CONTINUE ♪
Sanks.(4)      2010 May 23.      
The Dragon's marking and Huge Corridor !!
ストーンヘンジと、カルナック 列石の関連性!?  
ドーバー海峡を挟んだこの二つの巨石文化は、BC2001年12月24日午後8時30分、この海峡の上空を通過し日本の東北地方へ落下した巨大隕石に関係している!
Its related to the huge meteorite which these two megalithic culture across Strait of Dover passes it over these straits at about 8:30 on the BC2001 afternoon of December 24 , and dropped to the Japanese Tohoku district!
(仏語訳^-^?)
Its related to the huge meteorite which these two megalithic culture across Strait of Dover passes it over these straits at about 8:30 on the BC2001 afternoon of December 24 , and dropped to the Japanese Tohoku district!
 【 お 知 ら せ 】
新来のお客様へ> あなた様と出会えたことに感謝します♪。 昨日、たがじんさん>の番組で「邪馬台国はどこか論争」をしてましたね。 素人の掲げるそれぞれの記事の稚拙さや間違いは、認めるところですが、この『報告書』のいう<大事変>に、世界の専門家が気付いた時、それは今世紀を揺るがす始まりとなることでしょう(^-^)。 各記事は、短編キリの形をとってはいますが、全てが絡まる連作モノです。中でもカテゴリーこの指とまれ(4)だけは、一番先に見て頂きたいと願っています。 あなた様が、先で、拙ブログを検索して良かったと思って下さるよう頑張りますので、応援をよろしくお願いいたします。 -深礼- (7/21)

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< 英国・ストーンヘンジ >
    ストーンヘンジは巨大隕石が落としたマーキングだ !
   Stonehenge is the marking that a Huge Meteorite lost !
   Stonehenge est le marquage qu'une météorite énorme a perdu.


下図は、イギリス本島にあるストーンヘンジ(環状列石)で、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』掲載の、ストーンヘンジ-Wikipediaから 、【 ストーンヘンジの平面図 】(拡大可能)を参考に、その概略を図示化したものです。

                                  /        北
               :  ・  ・  ・   :  ・  /   :⑤:      ↑
           ⑨   ・   ・  ・  ・   ; /       /
         :  :・・                  ④/ ⑩/ 
       :  : ② :      ・     ・       /       
      :   ・・ ・   ・    ・ ・ ・     ・     :  :
        :     ・    :   ・ ・   :     ・    :
     :  ・        ⑪  :   :    :         ・  :
       ・     ・  ;  : ( ①  :  :   ・    ・
     :⑦ :        :  :  - /⑫   :        :  :
     :   :    ⑬   ;   ・ ・   :    ・    ・  ・
        :  :        ・ ・ ・      ・・       :  
          :  ⑧   ・          :③:  ;  :
            :  ・       ・      ・・ :  :
               :  ・  ・  ・  ・   ⑭
                   ・  ・  ・  ・
     |← ー  ー    約100m   ー  ー  ー →|
 Drawn by en:User:Adamsan from sources:
* Cleal, Walker, & Montague, Stonehenge in its Landscape (London, English Heritage 1995)
* Pitts, M, Hengeworld (London, Arrow 2001)
を参考にしました。(09 7/11)

 ①聖餐(せいさん)台                ⑧内側の環状の土手
 ②barrow 手押し車 (に似てる? 埋葬地)  ⑨外側の環状の土手
 ③手押し車(の両輪に似てる? 埋葬地)     ⑩The Avenue と、排水溝と土手
                              (到着道)3Km先のエイボン川へ・・・、
 ④the fallen Slaughter Stone 4.9m長 ⑪Yホールと呼ばれている環状30個の穴
    (落ちた 大量殺人石)
 ⑤the Heel Stone (かかと石)        ⑫Zホールと呼ばれている環状30個の穴
 ⑥tow of originally four Station Stones
    (2つの基準石; 盛り土の上に立っている)
                             ⑬ジョン・オーブリイ氏による環状56個の穴
 ⑦排水溝                      ⑭南東の小さい入り口

 尚、このファイル:Stonhenge plan.jpgは、ウィキメディア・コモンズのものであり、図中の番号及び説明は、それを引用したもので原文は英語ですが、素人流に邦訳していますので正確さのほどは保証できません^^!。 正確にお知りになりたい方は、どうぞそちらを参照してくださるようお勧め致します。 そして、上図は予告&お断り無しに消去することがあるかも知れませんが、当局?(素人)は、それに関して(・・チョット闇組織風に?笑)、一切の責任を持ちません。(^^!)
       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<ストーンヘンジについて>
ストーンヘンジは、イギリス本島のブリテン島の南部に位置し、円陣状に並んだ直立巨石と、それを囲む土塁からなり、世界でも有数な先史時代の遺跡です。
 何故このような、一個あたりの重量が50トンもあるような巨石遺構物がなされたのか、ビーカーの形に似て、他の環状列石やウッドサークルと形状を異にしているのかは定説がなく、ただ大方の一致点は、特別の聖地・祭祀場であるとみていること。 そして、この直立巨石の推定された制作年代は、紀元前2500年から紀元前2000年(シェフィールド大学の考古学教授であるMike Parker Pearson氏?)の多段階にわたって制作されたのであろうとのこと。そして、それを囲む直径約100mもある土塁と堀は、紀元前3100年頃まで遡るという。 さらに、この石組みから、エイボン川へつづく全長2マイル(約3.2km)ほどの2本の平行な溝)は、紀元前3630年~3375年にさかのぼることが判明した。 

この遺跡は、現在のイギリス人、アングロ・サクソン人がブリテン島に移住した時にはすでに存在していた。(Wikiより)

ストーンヘンジは北東-南西に向いており、至点と昼夜平分点に特段の重要性が置かれたのだと考えられている。例えば、夏至の朝には太陽はヒールストーンの付近から昇り、太陽の最初の光線は馬蹄形の配置の中にある遺跡の中央に直接当たる。このような配置は単なる偶然では起こりえない。(Wikiより)
(1963年・1963年に英国生まれの天文学者ジェラルド・ホーキンス博士がネイチャーに?)

遺跡の目的については、太陽崇拝の祭祀場、古代の天文台、ケルト民族のドルイド教徒の礼拝堂など、さまざまな説が唱えられているが、未だ結論はでていない。(Wikiより)


以上、Wiki.より思いつくままにピックアップしました。 以下、思いつくままの素人的解釈を加えていきたいと思います。( 汗!)

①の、 聖餐台について、
このストーンヘンジの中心が、この「聖餐台」にあるのは云うまでもない。聖餐台は祭壇とも訳されているが、聖餐台と訳すのと祭壇と訳すのでは、おおきく意味が異なってくる。 祭壇と訳すと“祭り事一般”の意になり広義になってくる。聖餐台では、神への捧げもの、つまり神が食するものとなり「生け贄」の意が入ってくる。 筆者が、これにこだわるのは、生け贄の歴史が臭ってくるからだ。 今でも「最後の晩餐」とか「クリスマスイブに七面鳥」を食するという風習がありますよね。 何故、七面鳥なの?

円状地形の②&③、 barrow 手押し車の両輪について、
これは、ストーンヘンジを平面的に見たとき、手押し車に似ていることから付けられた名前であることは容易に推測できる。 只、私が、異質に思うのは、両輪の位置と大きさが異なり、建物やガーデニング等にみる欧州人の対象性を重んじる考えからは外れている。 これではガタゴトして押しづらいよね(笑)。
何故、左右の大きさと位置を同じにしていないのか?
そこには、対象に出来ない 『何か』 があるに違いない。 特に、この周辺は(埋葬地)にもなっているようだ。 これは、次の④にも関係してくる。

④の、 the fallen Slaughter Stone について、
この長さ4.9mある石が、現在立っているのか、横たわっているのかを筆者は知らない。それが倒れたのか、寝かせてあるのかで多少の意味は異なってくるが、この石が持つ方向性が<東北の方角>を指していることは、特に重要となってくる。立ててあればその頂上から(夏至の日の出の最初の日差しが中央の聖餐台に射し込む。倒れて?いても東北の方向を指し示している?)そして、fallen Slaughter を 「落下と、大量殺人」と訳したのは、筆者の強い思い入れがある! これは、次にゆずろう^^!

⑤の、 the Heel Stone (かかと石)について、
この東北にある(かかと石)の存在が、他の地のストーンサークルが単純な円形をしているのに対して、ヘンジとしての異質性を生み出し、「何故、こんなもんが、そこに付いているのか」と?、多くの史家を悩ませているようだ(笑)。 素人が注目したいのは、ここにも“小さい円形の土手”があることだ! 普通に考えて、人が出入りする出入り口(?)に、円状の土手があれば邪魔になるから設えないよね。 その必然性が分からない。

以下は、筆者の全くの想像となりますが^^!
手押し車の②&③と、かかと石のそばにある円状の土手⑤は、かつての<隕石痕>ではなかろうか?? 当初は、ストーンヘンジ全体を『四千年前-BC.2001年の隕石』の落としたマーキングとみていたが、こんな環状の土手があるとは知らなかった。・・だが待てよ!? 史家は、この辺りからBC3500~BC4000の痕跡が出土したという。・・・年号が合わない! ・・・ ・・・、こんな時、都合のいいように考えるのが素人探偵のお得意の一手です。(笑)

<②③⑤の円形土塁は、BC3500~BC4000の間の隕石の痕か?!> (次も想像です)
この論は素人論ですが、BC3500~BC4000の間の、この場所に隕石が落下した。小惑星・彗星には、衝突→分散のなごりがあるもの(例;獅子座方向からの流星群)があり太陽を周回しているものがある??? かの地の森は、その衝突熱で燃えつくした。大勢の仲間や(野生?それとも飼っていた?七面鳥^^?)が焼け死んだ。人々は、この惨事を 『その神は犠牲を強いる』 と受けて、その後の生け贄文化へと展開していったのではなかろうか。 先に、fallen Slaughter を 「落下と、大量殺人」 と訳したのはそれを祖先からの伝言ととらえたからです。祖先は、その3点の地を 「 天から星石が降った地?」 として信仰の対象とした。 蛇足ながら、他のストンサークルの多くも凹状に遺している。 

だが待てよ! 平面に任意の3点を付しても、必ずその3点を円周上におさめた円が描ける! その⑤の点をその円周上としないで<ビーカーの口状>にしているのは何故だ? 『四千年前の巨大隕石の核』が、ドーバー海峡の空を北東に通過した。(それは偶然か?必然か? カテゴリー巨大隕石参照) この地に東北方向を表す必然性が加わった。これ等を大きく囲む(約100m)環状の土手を築き、東北へ飛び去った方向性を表現するために、ビーカーの口を付けた。この口に(栓)という土手を築いていないのは、その巨大隕石が出口を失うためだ(笑)。
 別事ながらナスカの地上絵の<一筆書き?>も必ず一カ所を開けていますよ。

なぜ、<かかと>の名をつけたのか?
祖先の意が解らない。・・・?、かかとから連想できるのは“足跡”か? 足跡ならば・・・^^!と名付けたほうが直接的だ。 しかし、それでは実体がなくて形だけとなる。 ヒールと名付ければ、靴のかかとを落としたとも考えることが出来る。だがこの場合は、この施設内に、その隕石が埋めてあるか、露岩として使用してあるかは別として存在しなければならない。

<別談になりますが>
このストーンヘンジがあるブリテン島の南部からドーバー海峡にかけては厚いチョーク層(Ca・カルシウム)で覆われ巨石けたものはない。 ドーバー海峡の両岸では白亜の断崖になっていると聞きますからね。そういえば、ヘンジで使われている石は、他から運ばれた砂岩(堆積岩)とか、粗粒玄武岩(火成岩)だとありました。・・ 調べてみます→ゴメンナサイ^^! これ以上は分かりませんでした。・・・

このストーンヘンジを構成している巨石の出どころを、伝説ではアフリカから買ったとか、悪魔が修道士のかかと・Heelに投げつけたとある(今でもそのまま突き刺さっている?)。 学者間では、その岩質を分析し近場で同質のものを探している。筆者は、こういうとき祖先からの伝説の方に軍配をあげる(笑)。 それは南から飛来した隕石で、その粗粒玄武岩が落下した隕石ではないのか?とも。 ≪玄武岩が粗粒≫の形をとっているのが怪しい? 何故、粗粒の形をとっているのか? それを素人は、隕石の破片が大気との擦過熱で岩石が溶融し再凝縮したためではないかと疑っている。その線で学者に再考して欲しいと強く願っています。

<ストーンヘンジ・立地の必然性!> 
いずれにしても、このストーンヘンジが立っているブリテン島ソールズベリーは、なだらかなチョーク層に覆われた平原であり、土地の私有化がなかったと思われる石器時代に、わざわざ巨石を遠くから運んでまで、『この地』にストーンヘンジ立て、聖地にしなければならないほどの地形的特異性はない。その社会基盤の背後を考えるとき、その構築には膨大なエネルギーを必要とする。私が指導者ならばもっと楽なところを選ぶ(笑)。それをしなかったのは、この地この場所に<何かの神秘性>が潜んでいるからだ! 大事なことは、祖先が何を<きっかけに>この地この場所を聖地としたかを考えることである。

<ストーンヘンジの方向性について>
このストーンヘンジが東北を指しているのは、紛れもない事実である。<当時の夏至の日の出の>最初の光がヒール石を通して、円環中央に設えた祭壇(聖餐台)に射し込む。その光を逃がさないように馬蹄形の?メンヒル?で囲んでいる。この考えは、日本の富山県にあったウッドサークルの考えに共通している。 当時の>と、断った理由は、地球には2万5千年の周期をもつ歳差運動という軸振り運動があり、約70年に1度角?ずれてくる。 例えば2000年もたつと約28.5度もずれてしまう。仮に、この「ヘンジ」の設えを筆者のいうように、今から4000年前からだとすると、日の出の方向が< 約57°?>ずれる。ウッドサークルならいざ知らず、巨石でその仕組みを設えてしまうと、段々にその影がずれてきて祭壇に入らず、まずいことになってしまう。このことが、この遺跡を未完結??にした理由の一つかも知れない。
(注; 右回り?左回り?周期は分かっても首振りの大きさが分からないので、この角度は違うかも知れません^^!)

<なぜ、巨石文化へと展開していったのだろうか>
これは、筆者の想像だと断っておきましたが、その昔のこの地に隕石が落下していた。 それに加えて次のことが考えられる。このソールズペリーの地は、360度見渡しても、日の出・日の入りを覚えておく山がない? 日本のように山がたくさんある地形においては、アサヒの昇る山を<朝日岳>と名付けておけば、あるいは目印とする山を決めておけば、その山の頂やら山姿を利用してその観測はじゅうぶん成り立つ。始原の天体観測においては、北極星と日の出日の入りがつくる<影>の方向を記すことから始まったと思われる。あいにくこの地は見渡しても平原ばかりで山がない? そこで「何か目印となるものを築いておきましょうか」となる。 巨石を築いている地の共通性に、エジプトのピラミッド、中南米のマヤ文明は平原の地にある。 逆に考えれば、この平原性が天文学を発展させた理由になるかも知れない。 トーテンポールにもそのような考えが潜んでいるのかな^^?

<ストーンヘンジ制作の順番>
 1. 3つの隕石跡?②③⑤を仮の円で囲み(直径約100m)隕石の飛び去った方向を表すため東北部⑤を出入り口状にする。
 2. そこに、ヒールストーン④を立て夏至の日の最初の日差しがつくる影と、巨大円の中心が交わるところに聖餐台(祭壇)①を設える。
 3. その朝の光を逃がさないための馬蹄形を設える。
 4. 巨大円の中心と、その影に直交する巨大円の円周上に、前図の№⑥の石を2つ立てる。№⑥の2つの石がよく見えるように土塁上に据えられているのは、この2つの石を基準(定礎)にして、後々の施設づくりに利用するためだ。
 5. 後は、その飛び去った巨大隕石(日本の東北地方に落下)が赤く輝いたことから火星(不吉な星)の観測。その巨大隕石が当初に彗星の形をとったことから、朝夕に輝く金星の観測。それに全天の中心を東から西へ移動するスバル星団を星の生まれ出る所だとした考えの発生等をとり入れる施設へと発展すればよい。 蛇足ながら、これに月と太陽が加わるのは言うまでもありません。
 6. いちばん難しいのが “南東部” にある<小さい出入り口 ⑭>だ!?
何故、ここに入り口があるのか? この入り口は<冬至のアサヒ>を取り入れる入り口ではないのか? 一説には、冬至の日没の光を祭壇に取り入れるようにも設えてあるという。 当初は、冬至に祭祀が行なわれていたともいう。 それが、12月24日のクリスマスイブ・前夜祭になったのではないのか? 冬至であれば東南は日の出の方向になる。 しかし、それでは、東北の方向にあるヒールストーンから<夏至のアサヒを祭壇に!>が、矛盾して解らなくなる。
・・???、 このストーンヘンジのある平原は、白亜(Ca)で覆われている。このような地は、降雨があっても地下にしみ入り河川として発達せず絶えず水不足に悩まされる。渇水があるのは夏場だ! 当初は冬至を重視する施設であったのが、正邪の対として夏場の『雨乞い』へと変わっていったのではないだろうか? これは、日本においても同様のことがいえる。

<巨大隕石の航跡の現地の日時は?>
イースター島上空(13時:00分) → ナスカ上空(15時:30分) → ドーバー海峡(12月24日、20時:30分) → スエーデン・ストックホルム(22時:00分前) → オビ川河口(12月25日、1時:30分) → ハバロフスク上空(5時:30分) → 日本東北地方、12月25日、6時:00分(※厳密にいうと明石時間では5:40頃か?)釜石辺りで日の出前!!
 <誤差の範囲>
 ( 註: 表示はいずれも現地時間で、これに隕石の飛行時間が加わります。 仮に、釜石を未明の6:00とおいて、突入隕石の平均速度を15km/秒で、イースター島上空~釜石までを28000kmとすると、約30分かかるから、イースターでの侵入時間は12:30分となります。 空を見上げるプカオの眉骨が遮光状に突出しているのは、その時の光が眩しかったからだと謎解きしました )

<中学生諸君に^^!>
私達素人は、地球に衝突する隕石を、巨大隕石も含めて「直接的、直線的」にぶつかるものと思っている。だがこの考えには誤りがある。 そのようなものもあるだろうが、宇宙には色々な天体(小惑星、彗星)が飛び交う。 それらの内には地球をかすめ去ろうとするものが当然ある。それが互いの引力圏内であれば当然引き合う。ここで気をつけねばならないのは、そのスピードである。それが彗星の軌道をとればケプラーの法則にあるように太陽に近いほどスピードは増す。 地球においても同様で、ソビエトのツングースクではその上空で隕石が大気との衝撃に耐えかねて爆発したとみられています。そのスピードを持って地球に接近すれば、“飛び去ろうとする力と、引力が合わさって” その航跡は、<螺旋状のカーブ>を描いてぶつかる。 これが素人の考えついた苦肉の策です。 そして、その通過地には、その目的がはっきりしない謎と云われる石像モアイやナスカの地上絵や、ストーンサークルの巨石遺構物が残されている所でもあります。 ♪(^-^)♪


< 仏国・カルナック列石 >
    カルナック列石は巨大隕石の廊下だ。
   The Carnac line stone is a corridor of the Huge Meteorite !
   Les Carnac règlent la pierre est un couloir de la météorite énorme.


カルナック列石は、ブルターニュ地方最大の巨石遺構で、巨大なメンヒルが総延長およそ4kmにわたり数列に並んでいる三つの列石群からなる。紀元前5000年あるいは、紀元前3000年から紀元前2000年頃に造られたとされるが、その目的は精霊や巨人が建てたとする伝説の他、戦士の墓、種族の記念碑、天文学上の目的等、あるいは生命の起源と関連付けたようなオカルト系学説など諸説があり、はっきりしていない。 ( カルナック列石-Wikipediaより、その一部を引用しました )

<その制作年代について>
 英・ストーンヘンジ(約2マイルの溝も含めて)    BC.3650年~BC.2000年頃
 仏・カルナック列石          BC.5000年?BC.3000年~BC.2000年頃

この年代の特定には、どの謎解きにおいてもいつも悩まされる。色々な学者が色々な論拠をもって、それぞれを云われる。 この2つの地には旧石器時代の遺物が発掘されイギリスでは、それがBC8000年頃から。フランスでは、上記のBC5000年?頃からか? いずれにしても長期にわたり、その使用目的が変わっていったと考えるほうが妥当のようである(笑)。 素人は、このようなとき特に心にとめていることがある。学者・専門家というのは、多くのデーターの上にたってモノを云われているのであるから簡単には否定出来ない。統計学上でいう所論の端々の5%を切り捨てた残りの90%は正しいとみるべきである。ただ専門家の欠点は “御自分の調査・論拠の正しさ” を他のすべてに当てはめようとする傾向がある。その点、素人の論は楽です♪ 「貴方も正しい。あなたも正しい」 とやるわけですから^^! そして現在の科学と祖先からの伝言とが対立したときには<祖先からの伝言>の方に耳を傾け、今私達が何を受け継いでいるかを参考にする。

 『 300年前の祖先も、200年前の祖先も、そして今の私達も、それぞれの科学を最高だと云ってきた。これから100年後の子孫は、それを何と評価するのであろうか 』  科学とは、ファッションであり、ファッションでしかない!  ちょと脇へそれました(汗~!)

<カルナック列石の構成>  - MSNエンカルタ百科事典 ←Yhoo!ウエブ検索
 列石は西側から順に、メネク列石、ケルマリオ列石、ケルレスカン列石の主要3群に分かれ、メネク列石が最も長い。立石の高さは、1m~6mで、メネクとケルレスカンには半円形をえがく立石群ものこっていた。
これらの遺構は太陽崇拝に関係しているとか、神殿とかいわれるが、確かなことはわからない。 遺跡の一部からは墳墓の石室が発見されており、墓地としてつかわれたとも考えられている。

 カルナック列石の構成情報(MSNエンカルタ百科事典)
列石群       長さ     立石数      幅          備考
メネク       1167m   1169     100m
(11列)   両端に環状列石がある  
ケルマリオ    1120m   1029     101m
(10列)   
ケルレスカン    860m    594      139m
(13列)   一端に環状列石がある

<ストーンヘンジと、カルナック 列石の類似性>
 制作年代について、考える
  英・ストーンヘンジ(約2マイルの溝も含めて)    BC.3650年~BC.2000年頃
  仏・カルナック列石          BC.5000年?BC.3000年~BC.2000年頃
上記のように、その制作の始まりから末期までが、百年単位・千年単位にわたる場合、飛び抜けた天才的個人の意志の永続とは考えられず、そこには衆人が認め追随する “同一の考えとか、事象とか” がなければならない。 小集団から大集団へ進むには、何かの『中心核』になるもの(考え)が必要で、その何かの核とは<人心に神という考え>が発生した時である。 衆目が認める神とは、同じ経験を持った自然の脅威によって発生する。 さらに、それが国へと発展するには、その神の代行者とか、神と人とが合体した時だと(前の記事で、^^!)謎解きしました。

 この、2つの巨石文化の共通点
いずれも、衣食住に関係していないこと。 石器時代を背景にして巨石(最大50トン、高さ6~7m)を “立石(   )” にしていること。 さらに、それ等の立石の上に天井石を横たえて(   )いること。 このふたつから考えられることは、立石は<高い位置>を表現し、その上に横たえた石は<空を飛んだ巨石>を表しているのではないか。 それを岩石だと知り得たのは、巨大隕石核から分離・落下したものがあり、周囲の森を焼き尽くし、多くの仲間を失った。この施設が墓へと使用され.るのは、そのことによるのかも知れない。 そして単体の立石は大地へ突きささった巨石を表現している。
Common point of these two megalithic culture
Be related to food, clothing and shelter neither. Doing up to 50 tons of huge stones, 6-7m in height in Tateishi backed by the Stone Age. Furthermore, laying a ceiling stone on those Tateishi. As for this thing regarded from two, Tateishi expresses a high position, and the stone which they laid on the top may express the huge stone which flew in the sky. There was separation, the thing which fell from a huge meteorite nucleus, and what was able to know it when it was a rock burnt down the whole neighboring forests and lost many friends. These facilities are used for a grave and may depend on, it. And Tateishi of the simple substance expresses the huge stone which pierced the earth.


 円環状立石 & 半円状立石
この謎解きは、今までの考えをもってすれば、簡単だ。 この前身と思われるウッドサークルにせよ、ストーンサークルにせよ、それ等の隕石の痕跡は円形の窪地になる。それを祖先が、記し遺しておきたいと思うのは、当然の理である。専門家を悩ましているストーンヘンジの環状土手の<内側に掘>は、(通常の掘は、街や城や墓をガードするために外側へ設えるが)、隕石痕を表現しているとすれば、さして難しいことではない。

 それ等の遺跡が示す方向性について
この方向性を読み解くことは、この謎解きでもっとも重要だ。自然石にはそれぞれ表情があり、表と裏がある。この表と裏をどちらに向けているかで、その設計者がどの位置に立って設計したかが分かり、おのずとその方向性が分かってくる。特に粗加工の長石を横たえて使用している場合の方向性は分かり易い。先の細い方を矢印にするからだ。

ストーンヘンジでは、その方向性が<東北>であったが、逆に 「地球の歳差運動」 から、逆算すれば、当該遺跡がいつに築き始めたかの制作年代が推定出来る。
カルナック列石では、西から順番にとか、東西方向にとかの言葉はあっても、調べる範囲で「東北方向」の言葉は出てこない。 筆者の推定が違うのか?? しかし、素人は 「ハイそうですか」 と簡単にそれと納得することは出来ない。 よしんば、そうだとしたらその分裂弾が東西方向に飛んだとも解釈出来る。筆者が巨大隕石の通過地としている、イースター → ナスカ → ドーバー → スエーデン →・・・、 → 日本の東北地方に遺されたそれ等の遺跡の『方向性』を精査して欲しいと強く願っています。

 この地方を通過した「巨大隕石核」の高度は?
ふつう私達が空気と感じている成層圏の高さは100km。それ以上は薄い気体。気体が無ければ擦過光は発生しない。流れ星の発光する高さは200km位迄かな? 人工衛星等が日没に近ければ太陽の光をうけて発光することはある。 仮にその核の高さを200kmとしよう。この高さをいくら位の幅で、その下に住む人達が確認できたかが分からない。又、カルナック列石の円環を端にした10~11列は、それが尾を引いたか、あるいは隕石シャワーのようだったと云っているのかも知れない。 難しいことはさておいて、人々は、空を飛んだ巨大な塊を恐怖と感じるだけで、実害がなければ歴史としては記録しない。ほんとうの意味での実害は、この後にくる<隕石の冬>かもしれない。この前の皆既日食では太陽光が隠されただけで5~6℃の気温の降下がありましたからね。

 カルナック列石と、ストーンヘンジとの位置関係
ストーンヘンジのあるブリテン島南部と、仏の西端半島の南部にあるカルナック列石は、ドーバー海峡を挟んで200km離れている。その位置関係は<南南西と←→北北東>であり、筆者のいう<北東の関係>になっていないのがつらい。
巨石を立てるという共通の文化が海を隔てて何故発展したのか。 いずれも南を海にした沿岸地帯にあるのも気になる。

 その巨石文化がなぜ終末したか!? (素人探偵の推察です)
一つには遺跡の制作が長期にわたることから<冬至の方向性>がずれて不都合が生じたこと。 二つには生け贄を捧げても欲しい雨は降るとは限らず生け贄の文化に人々が疑問や嫌気を持つようになってきたこと。 三つには、その<冬至の方向>から、実際に雨乞いを必要とする夏場の太陽神へと意識の転換がすすんだこと。東西方向を重視する考えはローマ神話の気象をつかさどる天空神ジュピターから、その神が太陽崇拝へと移行したことを意味する。 四つには、経年による“その時の恐怖“がうすれてきたこと。それが今ではその大事変を「現科学」でさえも、すっかり忘れてしましました。(笑い)

< 総 括 >(^-^;)
地球の公転面(黄道)と地軸のなす角度は、66.6°である。 以下は、素人が電気スタンド(太陽)代わりにし、それとおぼしき冬至点へ地球儀をおき、それをながめながらの「当てずっぽう」と、ご承知おきください。^^!

 巨大隕石の公転面に対する侵入角度は?
イースター島→ナスカ→ドーバー海峡と、公転面とのなす角度は; 14.1°~11.6°かな?

 巨大隕石の飛行時間は?
これも地球儀を見ながらの大テンプラとご承知おき下さい^^!
 イースター島から釜石までの地表面の距離 ; 約22500kmから、その上空距離を; 約28000kmとする。
 巨大隕石は地球・地表に近づくほどスピードは速くなるが、その平均速度を仮に15km/秒 とすると、その飛行時間は、約31分となる。 
 日本の祖先からの伝言で、その衝突時が未明の6:00と聞いていたから、イースター島での侵入時間は、昼の12時30分ごろかな^^?

 巨大隕石の大きさは?
月別アーカイブ(08/11/03) 「東北地方の巨大隕石の痕跡を追う」へ どうぞ^^!

どなた様、拍手をありがとう♪ 只今までで('10 5/21)3拍になりました。(^-^)
どなた様?>拍手(4拍目)をありがとう御座います。('14/02/02)  
 A huge meteorite in BC. 2001 - Ⅰ.  
     副題:<彗星衝突>彗星軌道の天体が四千年前の東北地方に衝突した!
<BC.2001年の12月末に、地球を半周して東北地方に衝突した巨大隕石の軌道図>
Figure of orbit of the huge meteorite which went half round the earth, and collided at the end of December in the Tohoku district of the BC.2001 year.
     
  やがて、この巨大隕石は、神となり<除福>を経て、卑弥呼へと歴史は続いてゆく・・・

この太陽の直近を通過した彗星は、太陽熱で炙られ軟化し、やがて地球の引力圏に捕まり、イースター島上空から螺旋軌道を描いて進入し、ナスカ→ ドーバー海峡→ シベリア→ を経て、日本の<釜石><大槌>あたりへ衝突した!?  欧州の先祖は、その箒星を魔女が乗る不吉な星としたり、その飛びゆく色が赤かったことからサンタクロースの赤い服の色となった。
The comet which passed this solar most recent was warmed by solar heat and softened. It was caught by the gravitational field of the earth before long and It described a spiral track from the Easter Island sky and penetrated and, through Nazca → Strait of Dover → Siberia →, collided to the Tohoku district of Japan. The European ancestors did the comet with the unlucky star where a witch got on. And because the color to fly, and to reach was red; of red clothes of Santa Claus became colored it.

 下図と、その天体の彗星軌道(推測図)を推定した理由は、(拙)電子出版:極秘推理 報告書
  『 巨大隕石と大津波 』
、と、『myブログ』 のすべてを(^-^!)参照してください。
 ♪(^-^)♪

    ブログ関連記事→月別アーカイブ(2009年7月)、
    カテゴリー(巨大隕石)、 <ストーンヘンジと、カルナック列石の関連性>等々、

  推理小説風に仕上げようと心がけてはいるのですが、あまりの駄文長文に読み返しても、
  自分ながらうんざりして眠くなります(笑い)。

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 <彗星の進入軌道> (BC2001/) (現 地 時 間)   (関 連 遺 跡)
                                       Dragon's marking
 イースター島上空   /12/24   pm 1:00 頃     イースター島・モアイ

 ペルーナスカ上空   /12/24   pm 1:30頃     ナスカの、地上絵

 ドーバー海峡上空   /12/24   pm 8:30頃     (英)ストーンヘンジ
                                      (仏)カルナック列石
 ノルウェー 上空
 スウェーデン上空   /12/24   pm 22:00前     ストンサークル

 シベリア  上空   /12/                   (でも、何か?あるはず) 

 北海道・ 忍路                             ストンサークル
 秋田県 鹿角市大湯                          環 状 列 石

 釜石・東北 周辺 /12/25  am 6:00(未明に衝突!)(溶岩体・片麻岩・金属核・へ)
        ( 註: 日にちの違いは日付変更線による違い。)

  電子出版: 極秘 推理報告書『 巨大隕石と、大津波 』より、引用修正 ↓
巨大隕石の軌道
 This map is to be continued ~♪

(8/11・記)
地球を半周した赤い巨竜巨塊は、この通過地は「我が縄張りなり!」と云わんばかりに灼熱の巨石を落としていった!。森林地帯に落ちれば火事となる。轟音とともに大地に円形の凹地をつくれば、祖先がその畏怖驚愕を後の世まで遺しておこうと考えるのは自然の流れだ。ノルウェーやスエーデン。それと忍路(おしょろ)にもあると聞く石器時代の遺跡ストンサークルは、文化の伝播では説明できない。日本の祖先は、それを「竜」と命名した。衝撃波をともないその飛翔音が「りゅう~」と鳴ったから「竜」と命名したのだ。(とても簡単♪笑) 龍画は中国からのものだが、その考えは日本発のものだ。龍画は、東海の大事変をたずね渡来した大陸人(除福)等が列島住人の話しをもとに描きあげた “モンタージュ画” だ。 前々の記事で、それが発した轟音は、(竜の)大きな口から発する咆哮になり、大きな頭にある角と頭髪は、火弾をまき散らしながら空を飛んだ巨大隕石の様を描いているとし、その爪にしっかりと握られている火の塊は、通過の各地に投げ落とされストンサークルを “マーキング” していると前述で謎解きしている。

I'm sorry. I do not have most of English. English is uncertain for the reason,(^-^!)
The huge red dragon went half round the earth. This passage place said "our territory!" and dropped a scorching huge stone! If it falls into the forest area, it becomes the fire. If it makes a circular low spot with a roaring sound on the earth, it is natural to think so that an ancestor leaves the awe and surprise to afterworld. The stone circle of the Stone Age that Norway and Sweden and Hokaido of Japan has is far distantly and cannot explain it by the spread of the culture. The ancestors named it "a dragon". Because a flight sound sounded with "Riyu ... "with a shock wave, the ancestors named it "a dragon". The person (Jofuku) of Mainland China came in quest of a big incident of Tokai in the Japanese Islands. A picture of the dragons is the montage image which person drew based on the story of people living there. I made a demystification by an article in front. The roaring sound that the flying meteorite emitted became the cry from a big mouth of dragon. The corner in the big head draws that dragon flew in the sky while scattering a fire bullet. It was said that a lump of the fire held on the nail of the dragon was a lump of the fire that threw it to the passage place, and was dropped. □   To be continued ^^!










('11/8/08)
おや、どなた様が1拍手を下さったのでしょうか^^? 本日の訪問者は11名♪ その内足跡履歴を残して下さった方は4名。 ちなみに、本日付けで当ブログをリンクに貼って下さっている方を調べたら、<日本語採集様><おわりの会様><ゴーストのささやき様>と<・・様><じいさま>でした。その日が来て、世間の喧騒に巻き込まれたくなかったら、あまりこの素人に関わらないことですよね(笑い)。いずれ根掘り葉掘り調べられる時期がくるでしょうが、私は、その時の為に少しの恨み節といたずらと遊び心から、出来るだけ素性を隠すようにしています。その時が何時になるのかが分かりませんが・・・(^-^!)
A huge meteorite in BC. 2001 - Ⅱ.
<Message from an ancestor of BC.2001>
 英語の苦手な素人が、あえて英字にしているのは、この大事変はただ単に日本だけの問題ではなく、学問にしても考古学だけに止まらず、天文惑星、地質地理、海洋河川、人文宗教、気象変動等、否、すべての人達に参加して欲しいと願ってのことからです。

 邦字版の第図のアップは9月1日(防災記念日)に・・・^^

<→ その巨塊は>
日本の<竜飛崎>上空を通過し、大地をたたき打つ<大槌>となり、<牡鹿半島>の角のごとく飛び散り<竜舞崎>のように舞ったと、ご先祖さまは、地名として証言しているのですが? もし、『実証至上主義』のあなた様(現科学)がいたら、素人の拙い論では説明がつかない・??? (^-^!) 

 電子出版: 極秘 報告書 『巨大隕石と、大津波』 より、引用 ↓
 Huge Meteorite

< 巨大津波が残した痕跡!>
 ↓ 以下、参考記事等をどこに記述したかの覚えがないので、その数字も含めて変更・編集する場合があります。(汗~!)

この時の(予想)最大波高 約1000m この津波は約一日をかけてチリーのナスカに達した。
                  英字(邦字)のナスカの記事へ
この津波は、三陸の海岸の土石を削ぎとり、リアス式海岸(図のA部)にしてしまった!
                  参考記事: カテゴリー「巨大津波の痕跡」
                      &: 拙電子出版「巨大隕石と大津波」 
北上高地越えの津波は、(五・六百m?)の  姥石峠?を越えている。
                  参考記事:
モナドノックでの高さは、○○mであり、濁泥流で角を削られた残石や、残丘として残っている。
    胆沢扇状地は、その削られた土石が北上高地越えの津波によって運ばれたものだ!
                  参考記事: カテゴリー「巨大津波の痕跡」胆沢扇状地
祖先からの地名では、250mの<水界峠>がドップリ浸かったと地名で伝えている。
                  参考記事: 拙電子出版の「祖先からの伝言」より
田野畑村(岩手県)では  津波際と思われる等高線175mに列石遺構を遺している。
                  参考記事: カテゴリー「巨大津波の痕跡」

※まだ、記事にはしていませんが(^-^!)
仏ヶ浦(下北半島)   断崖の湾曲部(高さ○○m)は、その時の削り痕だと断言できる!
             陸奥湾の水量と土石が、一時的に狭い平舘海峡を通り抜けたため。
この時の津波は、「北上山脈」であるべき山の頂部を削り取り「北上高地」にしてしまった。
      早池峰山の動植物相と裾野の残丘は要注意!(これ専門家の方、三重○ネ^^)

邦字版の第図のアップを準備中です・・・^^!
 (8/19) どなた様、1拍手をありがとう御座います♪
英国にもナスカと同様な地上絵があった!
         英国にもナスカと同様な巨鳥の地上絵があった!!   
                【 お知らせとお礼です。】
        本日'14,2/28の追記をもってこの記事を完了します。^^!
   <新しい訪問者さまへ> ご訪問ありがとう御座います。
      当ブログは、卑弥呼を掲げていますが全ての記事は関連モノです。
       カテゴリー別で、順次ご覧になると読みやすいかも知れません。
拙著の電子出版  極秘報告書「巨大隕石と大津波」 (タイプ:PDF サイズ:11,425Kb)の 方へ、      ↑を、クリックして下さると、そちらへ飛びます(無料の立ち読みあります)
  【クリック順】 トップページへ → 自然・科学・工業・学術 → 自然科学 → 2件の表示あり


感謝の極み、どうぞのご参加を! (^-^)
 平 素人(ヒイラ モト) | URL | 2014-02-02-Sun 18:36 [EDIT]
中村唯史様> コメント有難う御座います♪。
そのようなお方様から、このようなコメントが頂けるとは感謝の極みです(深礼)。いまだかつてその筋のお方からのコメントは一切頂いたことがありませんでしたから^^!。先ずは“論説の提案”ではなくて推理(既存論の再構築)の報告書です。次に< 既存の説の根拠となっている事象についての検証と、新たな説の根拠となる客観的証拠の提示を!>と、頂きましたが、←カテゴリー「巨大隕石」をご参照の程^^!、 ドがつく素人にとってはどちらも難しい課題です^^。
 特に「祖先からのメッセージ」については、“淘汰されずに残っている伝説伝承の不思議” の追求としか申し上げることが出来ないのがツライ(^^!)。どのように言ったら先様や世間様が、そのメッセージ=史実に 『気付いて』 下さるのかその謎がいまだに解けません。私は、逮捕権のない素人探偵であり警官や検察ではありません。これから先の究明は専門家にお願いしたいのです。この世紀を変えうる大論への御参加と御指導が頂けたらこの上のない幸いです。

 さらに、当方の掲げるものは、拙にして誤りも含まれているとは承知しています。 さらに々、
     “自然界には例外という事象が必ず用意 Camouflage されている”
     その不条理の大因は、(破壊性粒子)d = 0.π D(生産性粒子)にあり^^ (拙電子出版より)
貴方さま>が、その反論の解明や、その明らかな誤りを正して下されば、どんなにこの史実が強固になることでしょうか・・・、今は、その反論さえ頂けない状態です。トホホのほ (敬白)
      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    面白い文面↓(うらみ節^~?)を見つけました^^。
私)が言う二つの巨大隕石!! (「卑弥呼」への足取り ・そのⅣより、) 
『南極大陸は6500万年前の巨大隕石だ! と、BC2001年の12月に地球を半周して東北地方に落下した巨大隕石!』 は、素人の確信とか妄信とかの言葉で表されるものではなく、
< 祖先が科学として、地名として遺しているものから導き出した史実だ。> それを言うのに、この私がいかに大口をたたこうが控えめに言おうが、そのことには関係なく、すでに歴史の流れに組み入れられている。 そのことに現科学が、貴方が何時 『気付く』 かが残されているだけだ。それが私の存命中であって欲しいと願っています(笑)。






         A Big comet fell down in 2001BC,                                                                                                   To  Ms.*** You  
I do not have most of English for this report. There may be of this reason. I'm sorry. ( This English translation is Yahoo translation.)


   「 竜は隕石、竜は神 」   True form of God! 
時は、BC.2001年の12月24日。イースター島の上空より侵入したその彗星は、分裂を重ねながらナスカの上空を経て欧州時間で12月24日のpm8:30頃、ドーバーの夜空を飛んだ。さらに、この巨大隕石は、ノルウェーや、スウェーデン、シベリアを経て、日本時間の12月25日の朝6時頃、日本の東北地方に降臨した。祖先は、その驚愕をイースター島では、空を見上げるモアイ像として遺し、ナスカではその分裂を巨鳥として地上絵に記した。欧州では、その主核が赤かったことから赤い帽子のサンタクロースや、その後に起こった隕石の冬を黒衣をまとい箒星に乗った魔女伝説として語り継いでいる。巨石としては、ストーンヘンジ、カルナック列石、ストーンサークルを遺している。 日本ではその巨大隕石を竜として語り継ぎ、その時発生した巨大津波を津の地名で残している。さらに、それと聞き及んだ中国人(始皇帝の徐福団隊)は、その巨大隕石を龍画としてモンタージュした。 BC.2000年頃より始まったこれ等の文化は、この巨大隕石を引き金とした同一時、同一事象によるものだ。『 巨大隕石は竜に変身し、神になった。』 以上の詳細は、拙、電子出版; 極秘報告書「巨大隕石と大津波」 ←(クイック可)と、myブログ<fujorinokuukan>で広報しています。

Time is December 24 of the BC.2001 year. The comet than the sky of Easter Island entered. The comet flew in the sky of Nazca while being divided and flew in the night sky of Dover at about 8:30 p.m. of December 24 in European time. Furthermore, this huge meteorite flew in Norway and Sweden and the Siberia and descended in the Tohoku district of Japan at about 6:00 on the morning of December 25 of the Japan time. The ancestor built the surprise as the moai which looked up at the sky in Easter Island. People of Nazca wrote down the division to the picture above the ground as a huge bird. Because the main nucleus was red as for the European ancestor, they hand down the winter of Santa Claus of a red hat and the meteorite which took place after wards as the witch legend that got on a comet in a prompter. As a huge stone, they remain behind in Stonehenge, Carnac line stone, a circle of stone. The people of Japan talk down about the huge meteorite as a dragon and leave a generated huge tsunami with the place name of Tsu then. Furthermore, as for the Chinese who heard it, montage did the huge meteorite as a painting of the dragons. It is the same time when the culture of these which began with BC.2000 age assumed this huge meteorite a trigger, the thing by the same phenomenon. " The huge meteorite transformed itself into a dragon and became God." I am press-agenting the above-mentioned details in my electronic edition "huge meteorite and massive tsunami" and my blog .
          From: messenger (Mr.Sherrock Homeless)
史実探偵: 平 素人   
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
           ↓ To be continued to the ground picture of U.K.

          
  ('14, 2/22挿入)   拙;電子出版「巨大隕石と大津波」p24より、↓  
              ほぼ、同縮尺にしましたのでサイズの比較を!!
              その、彗星が現れた早朝の南東の向きにも注目!
              ナスカの地上絵の3

     

<There is ground picture same as Nazca in the U.K.>
            英国にもナスカの地上絵があった!!   June 30, 2013(記)
What is this ? 
         (註)もっとたくさん線等が描かれていますが、幾分かを省略しています。
      The ground picture of Fox Tor (※なぞり絵Overwrite)
英国の地上絵
    In Google earth, 50°29′ N, 3° 55′ W   衛星の画像取得日(2010/1/01)

この発見のきっかけは、英国の科学誌に6500万年前の「南極大陸大隕石」の二次的な隕石痕について投稿の準備をしていた時だった。これ等の巨大隕石の広報を始めて二十六年。
その二十六年の間、 I.氏>ひとりを除いて誰もとりあってもらえない。6500万年前の地球の90%を覆った巨大津波は、英国ブリテン島の全域を覆っていたから、英国の人達の身近なものでセンセーショナルなものはないかと “Google earth” をスクロールしていた。その時に発見(みつ)かったのが表題の地上絵です。 この写真の解析度は悪いが “Google earth” では、もっとはっきり確認出来ます。
It was time when the opportunity of this discovery was related to the secondary astrobleme of "the Antarctic Continent size meteorite" 65 million years ago to a British science magazine and prepared for the sending. 26 years passed after starting the public information of the huge meteorite of these. During 26 years, I have anything to do with nobody except one of Mr. I. The huge tsunami which covered up 90% of earth 65 million years ago wrapped up the whole area of the Britain Island. I scrolled "Google earth" to look for a sensational thing with the imminent thing of British people. At that time, it is the picture of the title above the ground to have been found. The analysis degree of this photograph is bad, but can confirm it with the Google earth more clearly.

時は、BC.2001/12/24,12/25(日付変更線で違い)イースター島の上空から侵入したその巨大彗星は、ナスカ、欧州、シベリアを経由し、日本の東北地方に降臨した。 祖先は、その驚愕をモアイや、地上絵、フランスのカルナック列石、そして各地の環状列石等に遺していると、私は謎解きしてきた。その中の、英国のストーンヘンジは、冬至の午後八時半頃に、ドーバーの空を飛んだ赤い巨大隕石に起因するとマイブログの(アーカイブ2010/10)で述べている。
At time, it is BC.2001/12/24,12/25, The huge comet invaded it from the sky of Easter Island and, via Nazca, Europe, the Siberia, dropped in the Tohoku district, Japan. The ancestor was astonished. The ancestor builds the surprise as a moai, a ground picture, French Carnac line stone, and a stone circle of each place of, I made a demystification. This one, Stonehenge of the U.K. is caused by the red huge meteorite which flew in the sky of Dover at about half past 8 p.m. of the winter solstice, I spoke it with my blog(in archive 2010/10).

ナスカ地上絵の謎解きは、電子出版「巨大隕石と大津波」や当ブログの“A Big comet fell down in 2001BC, (2008/07/01)”で、その詳細を掲載してきた。『 この度のブリテン島の地上絵は、そのナスカの絵に共通している 』 その巨鳥の広がりは未明の彗星の尾と隕石の分散を表現している。 2013年の2月15日にロシアを飛んだ隕石は記憶に新しいが、この時の衝撃は、それの比ではない。祖先は、その驚愕を地上絵として記し、そして、その衝撃音を、今、天空でガンガンと鳴り響く鐘の音に重ね合わせることに何のためらいがあろうか。
The demystification of the Nazca ground picture placed the details with blog “A Big comet fell down in 2001BC, (2008/07/01)” of electronic edition "huge meteorite and massive tsunami" and me. The picture of the this Britain Island above the ground is common to the picture of Nazca. The expanse of the huge bird expresses the tail of a comet early in the morning and the dispersion of the meteorite. The meteorite which flew in Russia on February 15, 2013 is new in memory, but the shock of this time is not this ratio. The ancestor wrote down the surprise to the ground picture. And, as for the sonic boom that an ancestor heard, as for you, is there a hesitation in being a bell to resound hard on the sky now?

<周辺の関連施設>
“ Neighboring associated facilities ” (※なぞり絵Overwrite)
地上絵と池

  In “Google earth”, 50°32′21″ N, 3° 53′28″ W
巨鳥の地上絵から北東に3kmほど離れた所に、Ryder’s Hill,Standing stones の遺跡がある。この遺跡を中心として、東西南北の方角と、その中間の線が描かれている。この線が、現在のNEWS線より数度西に傾いているのは、地球の「歳差運動」によるものだ。それを天文学者に計算して欲しいと私は願っている。
又、此処には綺麗な四角に削られた石と荒い表面の石がある。荒い表面の石は斜めに埋められている。斜めに埋められている石は、ストーンヘンジにもあった。私は、この石がその飛び去った隕石の方向と高さを示していると推理している。・・ん??、この遺跡はストーンヘンジに似ている。??, まてよ。似ているのではなくて、ストーンヘンジの方が、Ryder’s"をモデルにして造っているのだ。このような遺跡は小さいものから段々と大きなものに発展していくのが常道だ。何故それがヘンジに移ったのか? その答えは、此処が岩表地帯であり雨の日には足元がすべり、危険を伴うからだ。それに加えて人口も多くなり、より多くの信者が集うには安全な場所のほうがいいからね。そうだとすると、ストーンヘンジを分裂隕石の落下地ではないかと、考えた私の前論は誤りとなる。この地に無数に集められているダックス・ストーン(?)がその時の彗星がばら撒いた欠片か、そうでないかを私は知りたい。
There are remains of Ryder's Hill,Standing stonnes in the approximately 3km away place from the picture of a huge bird above the ground northeast. Around these remains, a direction of the north, south, east and west and the middle line are drawn. It is a thing by "the precession" of the earth that this line inclines to the several degrees west from current NEWS line. I wish that I want an astronomer to calculate it.
In addition, there are a stone and a rough surface stone sharpened into the square that is clean here. The rough surface stone is buried diagonally. There was the stone buried diagonally in Stonehenge. I infer that this stone shows a direction and the height of the meteorite which flew away. ???, These remains resemble Stonehenge. Wait. It is not similar and Stonehenge models it on"Ryder's". It is the usual way that such remains develop into a gradually big thing from a small thing. Why did it move to henge? Here is a rock dress material zone, and a foot slips on a rainy day, and the answer is because it is dangerous. In addition the population increases, and the place that is safe so that more believers gather is better. As for the above mentioned argument of me who thought, it becomes a mistake when it may be a fall place of the division meteorite in Stonehenge if so. Daks(?) Stone gathered on this ground innumerably is the fragment that a comet at that time sprinkled a rose or thinks that I want to know it whether it is not so.


  In “Google earth”, 50°29′52 ″N, 3° 55′19″ W 
巨大な塊は火の粉を撒き散らしながら北東へ去っていった。その分弾は森を焼きはらった。 此処に片側だけの樹幹を描いた絵がある。それは、この時の火災の焼け残りを表すためだ。その“赤く飛んだ”巨大隕石のことを欧州の祖先は、赤鼻のトナカイが引っ張るソリのサンタクロース伝説としても遺している。
  この立ち木の方向性から、この絵を描いた人達の居住区の方向性が分かる。
  (根っこの方向)→ ふつう逆立ちの絵は描かないからね^^。

The huge lump left for the northeast while scattering sparks. The share bullet burnt down a forest. There is the picture which drew a tree only for one side on here. It is to express the remains after a fire of the fire of this time. The European ancestor leaves the huge meteorite which flew red as Santa Claus legend of the sleds which the reindeer of the red nose pulls.
 
  In “Google earth”, 50°29′ 38″N, 3° 55′ 24″W
   【ここが巨鳥の定礎だ!】
この巨鳥の頭部の脇に何かが崩れたような土盛りのあとが見える。これはその巨鳥に話しかけ何かを願うための基壇だ。「この先に貴方さまの喰を用意しています」 と。 巨鳥のくちばしの先が少し曲がっているのはその食物をついばむためだ。そして、この基壇を起点として南東の方向に直線が引かれている。「どうぞ、こちらの方向へお進み下さい」
I see a trace in the heap up of the soil that something collapsed beside the head of the huge bird. This is a foundation stone to talk to the huge bird, and to pray for something. And he say, "I prepare your food to ahead". The reason why some points bend of the bill of a huge bird is to peck the food. And a straight line is drawn starting from this foundation stone in the southeastern direction. "This way, Please"

(2/27)
  In “Google earth”, 50°29′ 09″N, 3° 54′ 40″ W
その直線の約1、5km先に、ハート形の池と、男性シンボル形の池がある。それを男性とするのは、この池が二つに分けられているからだ。さもなければ、この池を二つに分ける必要性はうまれない。ハート形の池のほうは、“Red Lake”と名付けられている。この赤い色は、空飛ぶ赤い巨石の色と、被弾による火災の赤と、生贄の赤い血の色を連想する。二つの池の片側の湖岸だけが赤く見えるのは、積年の生贄儀式による血の色かも知れない。是非、ルミノールテストをお願いしたい。
There are a heart-shaped pond and a pond of the male symbol form in approximately one, 5km ahead of the straight line. The reason why I assume it a man is that this pond is distributed between two. Otherwise the need to divide this pond into two is not born. The heart-shaped pond is named "Red Lake". This red color associates the color of a flying red huge stone and the red of the fire by the hit and a color of the red blood of the sacrifice. It may be a color of the blood by the sacrifice ceremony of the long time that only the unilateral lakefront of two ponds looks red. I would like the luminol test by all means.

  In “Google earth”, 50°29′ 13″N, 3° 54′ 33″ W
此処にMan Made ‘Mountain’と名付けられている円錐形の盛り土がある。その直径は100m。
高さは 約(x )mか?。これを盛り土だと断言出来るのは、その名前からではない。6500万年前のイングランドの全域を削り取った南極からの巨大な津波は、このように整った土盛りを残してはいない。 何故、ご先祖さまが、削り取った土を集めてこの盛り土をしたか? そして、この周辺に残る遺跡痕の調査については貴方さまの楽しみのために残しておきましょう。
Here is conic laying earth on the ground named `Man Made Mountain'. The diameter is approximately 100m. Is the height approximately (x )m? It is not from the name that I can assert that it is 'put in earth' in this. The huge tsunami from the South Pole that scraped off the whole area 65 million years ago of England does not leave height of soil put in order in this way.
Ancestors collected the soil which people scraped off, and why did people do this laying earth on the ground? And I will postpone for pleasure of you about the investigation into remains trace left in these outskirts.


最後に申し述べます。
主目的を大きく外れましたが、この岩表地帯の南西に隣接する石灰の露天掘りと、地上絵が記されている広大な泥炭の丘陵地は、「6500万年前の、南極に衝突した大惑星から発した巨大津波が運んだものだ」 と申し沿えておきます。さて、貴方さまは、この二つの史実を信じることができますか?(^-^?)  私は、これ等の詳細を史家に尋ねる前に、ご先祖さまからの言い伝えを聞きたいと思っています。
“Finally I state it.”
It greatly deviated from the main purpose, but when the huge tsunami which I gave off from the South Pole collision major planet 65 million years ago carried the hill country of the very large peat which open-air mining of the lime which is adjacency to the southwest of this rock dress material zone and ground picture are written down, I say it and can go. By the way, can you believe these two historical facts^^? . I want to hear a legend from ancestors before I ask a historiographer the details of these.

I thanks ancestors and Google earth. ご先祖さまと, Google earth に感謝します。 □

本日'14,2/28をもってこの記事を完了します。^^
 次の記事の予定は今のところありません。ながいお付き合いありがとう御座いました。(深礼)







どなた様?> 釣りじいさんのⅠ>卑弥呼への足取りⅣ>ドラゴンのマーキング>への
(2/02)の3拍手をありがとう御座います^^。どのようなお方様>がと気になります。
 出来ればコメントを! と言っても、それ等のコメント欄は<嵐が入るため閉ざしています。ゴメ
ンナサイ(^^!)
世界でたった一人の、2/26の訪問者さま> 
 貴方さま>に感謝します。貴方さまのことを記念に残しておきましょう^^。
I.氏>一人を除いて世界のだれもが、相手にしない、相手に出来ないほどの大論なのだ。 
私の論の97.5%は、他人様、先人様のパクリであり、その再構築にすぎない。この一文字が、この一言が、この私(わたくし)が考えだしたものではない。貴方がたった一言 「Yes!」 といえばいいことなのに・・・、その一言が頂けない。事が成ったら寄りまくる。わたし<も>そんな人にはなりたくない。世界でたった一人のあなた様>ご訪問ありがとう!!
('15/1/14) どなた様> 2拍目の拍手をありがとう御座います^-^♪
Copyright © 2005 卑弥呼が埋めた「大量の銅剣と銅鐸」. all rights reserved.