卑弥呼が埋めた「大量の銅剣と銅鐸」
此処に出雲と同様、“大量の銅剣”が埋めてある! 全国歴史ファンの方々、三上山に集合せよ。
Huge meteorite at befor down on 24th=25th of Dec.2001BC told by ancestors
                Letters to You in world
             from;  messenger  Mr. Sherrock Homeress
                        May  05, 2006

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                                                                              
                  I can not read English.
              史実探偵: 平 素人   2009-11-11-Wen
To  Ms.*** You > 
Thank you for yoyr interest in my brog. Regretfully, I can not read English, A translator translated this article. (^^!)
You must change it into Japanese to let it contribute to my blog. Unfortunately I do not have ability and time to interpret your contribution.
If your mail is "an unwanted-mail", and I do not delete it, it will be it in the thing that you leave dishonor for the history. (^^!) 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  The time was 4006 years ago, 2001BC, the mid-Stone Age.
A planet which passed just next to the sun was attracted by the earth’s
gravity. The Meteorite entered earth’s atmosphere at Easter Island in the
full light of day, passed over Nazka in Peru,passed over the Straits of
Dover in the evening, passed over Siberia in the middle of the night, and descended like a sledgehammer (big hammer) in the North-East district in Japan (land of the rising sun) on 25th of December, Japan time, at araund 6:00 a.m. where it was still darke. (fig.1)
This serious incident was told by our ancestors as a legend and the name of the district represented the incident. The names in parentheses
are the metaphases of the geographic names called by the ancestors.
   

 Now, I would like to answer the question,   why I was able to derive
  the exact year, date, and time of the collision of the huge meteorite
     and the route that the meteorite passed to reach the ground.
    The collision happened on Decmber 24th=25th 4006 years ago 
              (2001BC) at 6:00 in the morning.


  <fig.1>

  In order to start one era by sectioning the years which are not particularly sectioned to make the beginning year, there must be a serious incident or a socienty with a large populartion so that the majority
of peple are convinced. Even if there was a serious incident, there was
not enough energy for a small group people to start the large almanac. The hunter-gatherers’ and slash-and-burn agricultural society which existed
in the Stone Age and united only by conjugality did not have strong binding power, and the society could be a small group but it would not develop into a group with a large population. To form a group with a large population, there needs to be some cores. On top of that, there must be a person emerging as God’s vicegerent and the people in the group must believe in a common God.

Believing in God is originated from the natural threats. It is exactly the huge meteorite which went half way around the word 4006 years ago. The huge meteorite broke into people’s mind as an object of worship, or
a God. There are Moai stature in Easter Island, Carnac-aligneman in France, Stonhenge in England, and Stone circles in Norway and Sweden. All of there are located on the orbit of the huge meteorite. Further more interesting things are that Nazca Lines and giant stone remains in South-East Asia are also located on the orbit.

Other than clothing, food and housing, the reasons why such time and manpower consuming structures were constructed are still not clear yet.
If menfolk in a small group got involved in the sonstruction of such remains, there families would lose there livelihood. The construction of the giant stone structures was only possible after forming a job sharing society of a group with large population. By no means, coulld the job sharing society have been formed after completing the construction of such giant stone structures. At the same, this cannot be explained simply by the cultural diffusion and one academician commented that the
contemporaneousness and co-identity resulting from some phenomenon can be recognized. The phenomenon is exactly the huge meteorite of 4006 years ago. 

It is a natural outcome that our ancestors tried to leave behind the dismay in the land. The construction of these remains started after 2000BC.  Therefore, the happening must have occurred in December, 2001BC, jast befor the beginning of the era.

   Then, why the dates of happening are 24th=25th of December,
                     in the earth ?


  It is very easy to answer. Persistent desires for the huge meteorite and messiah of Eurropean people.  Belief in SaintClaus. Legent of witch on the comet. The timing can be presumed from these three legends. In that year Europe, many people died as the dry weather contnued from the summer time. In the night of 24th of December, the
comet growing mammoth size day by day become a bright red star and
flew in the night. The red colour become the red outfit of SaintClaus and the flight become the sled pulled by reindeer. It is interesing that the sled was pulled by reindeer not by hoses although the promenade was widely used in Eurrope. The horses do not have horns which signify
the break up. In addition, the reindeer was better to draw sled in the heavy snow brought by the winter of the meteorite. The sithouette of a witch flying on a broomstick in a dark dress expresses the winter of the
meteorite.

The year after that event, the heavy snow melted to swell the mighty rivers and to bring vegetation back to life. The star spread boulders into
England, France, Sweden, and Norway.  The boulders and fire are seen even now in the smokestacks of fireplaces and with fires blazing in
the houses of Westerners who live in air-conditioned houses and should
seek for reasonableness.

People kept talking about this and handed in down as a legend of SaintClaus. This is the reson that the basic tone of Christmas is red : (Red colour is meteorite, White is heavy snowfall, and Green is foliage revived by fruitful showers).  Furthermore, this is developed to the altitude Culture of which people look up at the sky.  Now, the sound of
ringing bells in the sphere are the sound of spreading huge meteorite. Therefore, this explain the dates, 24th=25th of December.  However, by a so showy appearance, children will wake. And it is hard to distribute a present aione, and I hate entering in a house from a chimny.  If it is me, I knock at a door quietly and put a present in socks of from of a meteorite. Nothing would remain until modern times as it would have been shaken out a long time ago. The message of this serious incident in the geographic names surely exist in Europe, as
well, and I would like to ask you to spearch and seek them as you are
much more familiar with Europe than I.

  Then, why the time of happening was 6:00 in the morning ?
     You may think it is not reasonabie to specify the time.

  However, the time was told by Japanese ancestors.  <fig.2>

  <fig,2>

We do have Stone circles of the Stone Age in Oshoro Otaru-city HOKKAIDO and Kazuno-city AKITA-KEN. As for the geographic name, we have Tappi-Zaki(meaning a flying dragon) in AOMORI-KEN. The doragon, mentioned here, meant a huge meteorite. The places where the huge meteorite crashed are named Kamaishi(meaning a mineral ore) and Otsuchi(meaning a big hammer).  Jast like the area surrounding the
crash site, there remains Shirakami-Misaki(meaning white God and the white is the synonymous with white light), Shirakami-Dake(meaning white
God), Mahiru-Dake(meaning blaze of noon), Omoshiro-Yama (meaning brightened face and outside house), and Shirahige-Yama(meaning white bear and hair).  From there messages of geographic names, I presume
that the fear of the shock was so big that people got grey hairs in one
night. Further more, our ancestors even said that they stopped the light
boom using Hinoto-Dake mountain(meaning a barrier door for the lights),
Hinotodake-Sanchi and Ou-Sanmyaku(meaning to cover with feathers), shaping a letter T. The light boom made a dark winter morning just befor the sunrise bright as midday.

The Tsunami IWATE-KEN(meaning rocky geosphere band) using the surface clay from the crash site and a shell mound at Asanehana(meaning an early morning before waking up) in OKAYAMA-KEN in western Japan. I am unble to count the number of all geographic names
which came from doragons or TSU of TSU-nami. The he giant tsunami
created by the shock of the crash reached the Nazca where Lines were
drawn in a day. The European ancestors who got to know this unparalleled and serlous incident on the Silk Road boldly went down to Japan, a mysterious land.


 This report grows up into “the highest possible idea“ in this cetury.

I hope you do not call this doctrine last a legend, but realize that the geographic places were named inevitably by our ancestors.
If you do not think that this report is valuable, it is not because there were no such historical evidences but simply my report is not matured enough.


The ancestors are angry. They would say, if this incident is called the “Huge meteorite”, it is science and if it is called “Santa Claus” or “Dragon”, are they legends ?

 In the Stone Age, people just cared for clothing, food, and houseing.
And when people had serious natural threats, huge meteorites, it was ensouled intopeople’s mind as God. It becoms a breathtaking and explosive strenght and creates the spiritual vocabulary which transmits the
story from one generation to the other, resistance to overcome difficulties, new culture, and a large collectivity.  口


           Thank you very much. See you next time.  
       



  TO BE CONTINUE ♪
Sanks.(4)      2010 May 23.      
スポンサーサイト
祖先が云う 「BC2001年12月24日・25日の未明6時の巨大隕石」
                  Letters to you

 祖先が云う「BC.2001年の巨大隕石」 (英訳用の原文です)
                    (from) messenger ; 平 素人  Mrch 21 2006
時は、今から4006年前の、紀元前2001年、石器時代真っ盛りの頃。 太陽の直近を通過した一つの惑星が地球の引力に捕まった。 白昼のイースター島から侵入したその巨大隕石は、ペルーのナスカ上空を通過し、12月24日のドーバー海峡の夜空、シベリアの真夜中を経由して、日本時間で12月25日の未だ暗い朝の6時頃、日本(=火の源の国)の東北地方に大槌(ビッグハンマー)となって光臨した。 (fig.1) その大事変をご先祖さまは、伝説として語り、地名として記録している。  ( )内は、ご先祖さまが名付けたその地名の直訳です。

 <fig.1> 巨大隕石の軌跡図 アーカイブ2011/8/01の記事に載せました。

なぜ、その巨大隕石の通過と衝突を、 きっちりと4006年前の、 しかも12月の24日・25日の朝6時だと、 その日にちや時間までもを解き出したの? この問いに答えたい。

区切りのない年に区切りをつけ、ここからを紀元という始まりの年にしようとするには、多勢が納得するだけの大事変か大集団社会が要る。 たとえ、それがあったとしても小集団では、バラバラで紀元という大きな暦にはいたらない。 石器時代で、狩猟採集・焼畑等の生活で婚姻だけをつながりとする社会では、結合力が弱く小集団にはなりえても大集団へとは発展しない。 それが大集団社会となるには、なにかの「核」が必要で人々の心に共通した神の形成と、おれは、その神の代行者だ。 という者が出ないかぎり国という大集団社会へとは発展しない。神の発生は、自然の驚異から発生する。  それが4006年前の地球を半周した巨大隕石だ。



  次、英訳文にはありません。  「地球は隕石の合体形である」  平 素人
私達は?、隕石の落下及び、小惑星の衝突は地球に直角か、もしくは見える範囲の角度で地球に衝突してくると思いがちだが、この広大な宇宙でケシ粒にも満たない地球を的とする岩石塊のほうが、むしろ稀だといっていい。 地球の近くを通りすぎようとして、その引力圏内で捕らえられ、ループ状に侵入するもののほうが圧倒的に多い。 簡単に言えば人工衛星の逆軌道で突入してくる。 では、その 「衝突痕は(月等の?、火口説もあるが)、円形にはならないで長円形になるのでは?」 この論争は長く続いていたが、ある学者が 「銃では、どの角度であたっても、その弾痕は円形になる」 との説をうちだした。 私達素人は、地球体を固い巌のかたまりと見ているが、円周4万kmの地表殻の厚みを100kmとしても、その殻は卵より薄い? その相対的衝撃力が強ければ、斜めに侵入してもその衝突痕は円形になるのである。




 その巨大隕石は、神となって人々の心に入り込んだ。 その通り道にイースター島のモアイ像、フランスのカルナック列石、イギリスにストンヘンジ、そして、ノルウェー・スウェーデンにストンサークルが遺されている。 さらに、これ等にナスカの地上絵や、東南アジアの巨石遺構物が加わるから面白い。 衣食住以外に多くの日にちと工数を要するこれ等がなぜ造られたのか目的がはっきりと判っていない。 この構築に小集団の男達がかかれば家族の口は干上がってしまう。 これ等の巨石遺構物は、大集団分業化社会が出来上がった後でのみ可能であり、決して先ではない。 又、これ等は文化の伝播だけでは説明しきれず、そこには何かの事象による同時性と同一性が認められると称える学者がいた。 その何かが4006年前の巨大隕石だ。 ご先祖さまがその驚愕をその地に残しておこうとするのは当然の成り行きだ。 これ等の遺構物の構築は、紀元前2000年より後から始まる。 だから、それが紀元が始まる前の年の紀元前2001年の12月だ。

では、なぜそれが地球の12月24日・25日なの?
   (註: 欧州は12月24日、日本では12月25日、これは日付変更線での違いによる)


この問いは簡単。 ヨーロッパの根強い巨大隕石と救世主願望。 サンタクロース信仰。 それに帚星に乗った魔女伝説。 この3つの言い伝えから推定できる。
その年のヨーロッパは、夏からの大かんばつで大勢の人が息絶えた。 その12月24日の夜、日に々に、巨大化した彗星が真っ赤な星となり夜空を飛んだ。 その赤はサンタの赤い服になり、その飛翔はトナカイの引くそりになった。 これが騎馬の発達した欧州なのに、馬ではなくてトナカイなのが面白い。 馬では、その分裂を表す角がない。 そして、隕石の冬がもたらした大雪をそりで引くには、トナカイのほうがいいのである。 黒衣をまとい、帚に乗って空を飛ぶ魔女の姿は、隕石の冬を云っている。 その次の年は、この大雪が溶けて大河を潤し再びその緑が甦った。 その星は、英、仏、スウェーデン、ノルウェーに巨石をまき散らした。 その巨石と大火の姿は、今でも暖炉の煙突として積み上げ、冷暖房がととのい合理を追求するはずの欧米人の家で赤々ともえている。 人々は、これを語りつぎサンタクロース伝説として残している。

 クリスマスの色が赤い隕石と大雪の白と慈雨で蘇生した緑を基調としているのはこの由だ。そして、これは、空を仰ぎ見る高所文化へと発展している。 今、その天空でガンガンと鳴り響く鐘の音は、その分裂した巨大隕石が発した音だ。 だから、それが12月24日・25日。
しかし、こんなに派手な登場では子供達は起きてしまう。そして煙突から入るのも嫌だ。 私なら、その巨石に似せた靴下に慈雨の代わりとなるプレゼントを密やかに入れてやる。 何でもないものならとうの昔に淘汰され今の世まで残ってはいない。 この大事変を云う地名伝言は、必ず欧州にも残されている。 その捜索と追求は、欧州のことをよく知る貴方にお願いしたい。



   暖炉の煙突と、日本の床柱の、共通性
 <余談> これも、英訳文にはありません。
合理を追求するはずの欧米人が、冷暖房の整った近代的な家に、暖炉を設えるのはなぜでしょう? 子供心には、これが不思議でなりませんでした。
とある旅の機会に、全焼した欧建築を見ました。 2by4の建築なのでしょうか。 その2階家はほとんど形をとどめてはいません。 ニョッキリと“石積み”の煙突だけが残っています。 大きな煙突は屋根との取りあいも悪く、いかにしっくいをしても年月がたてば雨水がしみこむように思いますが?、いっそのこと無くしてしまえばいいのに。 そして何軒かのお家を訪問しても、暖炉のそばに何やらの小物や写真は飾ってありますが仏壇らしきものはありません。 もっと多くを勉強しなければなりませんが、外国人にとって「暖炉」は、暖をとるだけのものではなく、何かの<特別な思い入れ>があるようです。

 一方、日本の床柱のほうです。 今では、昔ながらの木造建築は少なくなりました。 子供のころ、建前の“餅投げ”は楽しみでした。 笹竹を立てた地鎮祭はすませている。 柱を起こし、カケヤで打ち込む。 「柱は外から内へ起こせ~よ!」 大黒柱を立て、2階を組たて、皆でロープを引っ張り、一段と太い棟木を上げる。 「怪我するなよ~」、 軒(のき)になる “こうりょう” は、赤松の一本丸太でピカピカと光っている。 「向きと上げる順番間違えるなよ~」。上棟式をすませ御幣(?)を棟木の下に括りつける。 ここまでが、潮が満ちるまでの午前中作業かな?その後がいよいよの “紅白の餅投げ”だ。 四隅と芯(なか)の餅は特に大きい。 これを拾うと「次は自分が建てられる」と男集が虎視眈々! 女子供はそばにもよれない。 屋根板を打ち、その夜の酒宴がはじまる。 ここ迄がふつう民家の一日の作業。

 ところが、この家でいちばん大事と思われる床柱は、床板や、ほとんどの造作が終わっても紙にくるまれ寝かされたままなのです。 最後の々の(傷付けないように?)内造作の時に設えています。( 註: 今風のお家は違うと思いますよ。) だから家の中心にあり加重の全てがかかる “大黒柱” と異なり、加重のかかっていない<飾り柱が床柱>なのです。 あなたのご実家ででも?確かめて下さい。(笑)


今だの、現代家屋に <なにかの象徴> として取り入れられているこの二つの事象には、
今、私達がお参りした墓石の形。  <加重のかかっていない>五重塔の芯柱。  そして、古代日本において<大木を土中へ打ち立てた>  さらにさかのぼり、秋田県・大湯のストンサークルのように<大地に巨石を打ち立てる>  ひいては<大地に巨石を突き立てた> フランスのカルナック列石。 これ等の内には、<四千余年前、天から降ってきた赤い巨石の歴史>が潜んでいると。 筆者には思えてなりません。          ( 2008 8 19 記 )



では、なぜその衝突時が朝の6時なの?  時間までは無理でしょう。 
               ※厳密には、東北の未明時で、AM5:40 頃かな^^?
            これは、日本のご先祖さまが教えてくれた。  (fig.2)


  <fig.2> それを言う地名 アーカイブ2011/9/01の記事に載せました。

 日本にも北海道・小樽市の忍路や、秋田県・鹿角市に石器時代の環状列石がある。 地名では青森県に龍飛岬(竜が飛ぶの意)がある。 竜は巨大隕石なのだ。 そしてその衝撃地(辺りにを入れておきます。・笑・)に、 釜石(鉱石の意)と、大槌(ビッグハンマーの意)の地名が付けられている。 そして、この衝撃地を囲むように、白神岬(白い神の意で、白は白光と同義)、白神岳(これも白い神の意)、真昼岳(正午の意で真昼のように明るいの意)、面白山(顔とか家の外が明らんだの意)、そして、白髪山(白い髭、髪の意)と、遺されている。 私は、これ等の地名伝言から、その衝撃は、一夜にして髪も白むほどの恐ろしさだったと受け取っている。

さらに、ご先祖さまは、丁岳・ヒノトダケ(光の戸の意)で戸を立てて、丁岳山地と奥羽山脈(羽で覆うの意)とのT字形で、その衝撃光を止めたとまで云っている。 その衝撃光は、日の出前の<暗い冬の空を>真昼の明るさにした。




  次、英訳文にはありません。
  では、この<衝撃光>について、もう少し言い足しておきましょう。
「地球謎学BOOK(平川陽一氏著・ベストセラーズ)より、こんな話を引用します。
「普通に我々が波打ち際に立って水平線を眺めると、50kmか100km先の遠くが見えていると思っている。 ところが、実際は、身長が170cmの人だと東京近辺の海岸では、視力とか天候に関係なく4kmを少し超えた所を見ている。 6km先の山の頂は見えても、その海岸線は見えない。」 んだって。 陸で空を見る場合は、これとは少し異なると思いますが、山などに視野をさえぎられるから、さらに近い所をみているのかも知れませんね。

要は、その光の高さが問題ですが、衝撃地を釜石・気仙沼、辺りとおいて、奥羽山脈上を捜してみたら、それらの<白光化・山名>が見つかったというのが、この謎解きの裏話です。

 では、その光の強さは?、 東北地方で、遮光面とか、遮光眼鏡の土偶( 宇宙人説?・愉し・)とかの遺物が出土しています。 電気溶接の遮光面ですよね。 その光を直視すると目をやられます。 このことは、後に、その <荒神を直視してはならない文化> → 闇夜の祭りごと、土下座で顔伏せ、神体の封印、帝の前のスダレ、あんま屋さん、等、種々に変化していると、筆者はみています。 イースター島のモアイ像の眉骨部が突き出ているのは、ここで大気圏に突入した巨大隕石の放った光が、よほど眩しかったのでしょうね。 ひさしにしている(笑) 

 他方、そのスピードですが、巨大隕石で「恐竜の大絶滅」を言いだした、バークレイ校のアルバレス博士は、惑星の運行速度等?から、10km~20km/秒、とはじき出していますから、 算数、大の苦手な素人計算で、 イースター島の上空突入から、日本の東北地方・着まで <20分~15分>かな??と思っています。  専門家の計算を待ちたいところです。

 それよりなによりの驚きは、その文化が受け継がれているということは、そこに、この大事変を語り継いだ <生存者> がいたということです。 この大事変は、私達が知り得ている核爆弾、核爆発の比ではありませんよ。 それが何故、生き残ったかは謎ですが、広島の爆心地においても、火山流の熱風においても、又は、ガスレンジ爆発においても、その爆発スピードが速ければ、その直近にいても物陰に隠れた場所であれば、「今ある空気の包み込み」 によって助かった事例が報告されています。
      ちょっと話が長くなりました。 ( 2008 8 22 記 )



 そして、その津波は、衝撃地表土を岩手県(岩表地帯の意)にし、日本西方の岡山県の朝寝鼻(朝、寝ていた早朝の意)の地に貝の塚を造らせたりしている。 日本では、竜神に関係する地名や、津波の津と付いた地名があまりに多すぎて、私はそれを数えることが出来ない。

この衝撃で発生した巨大津波は、一日をかけて、あの地上絵のあったナスカにまで達している。 この比類なき大事変をシルクロードで知り得た欧州のご先祖さまは、果敢にも神秘の国ジパングにへと繰り出している。 この報告書は、今世紀 “最大の大論“ に育つ。 私は、貴方がそれを伝説だと云わずご先祖さまが、その地名を付けた必然性に気付くべきだと願っている。 この報告書が貴方に伝わらないのは、その史実がなかったからではなく、私の論が至らないからだ。 ご先祖さまが怒っている。 それを巨大隕石と云ったら科学で “サンタクロース“や、“竜”と呼んだら伝説か?と。

人類が衣食だけの石器生活から、巨大隕石という自然の脅威を受け、それが神となって人々の心に入り込んだ時、それは、驚異的・爆発的な力となって、それを語り継ぐ精神的な語彙(ごい)が、そして新しい文化と大集団性が生まれてくる。                   口  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(後書き) 以上は、英文化して頂いた原文です。 どちらででもお楽しみください。
ノストラダムスが、 『 2007年に、二十一世紀をくつがえす人物が東洋に現れる 』 と、予言したとか?  それが 『この報告書』 であり、 この素人であるとは、お笑いのコンコンチキですよね~(^-^)
このブログを御覧にあった<あなた>は、幸運です。 なぜなら 「その21世紀の大変革」 に、参画できるわけですから♪、 但し、貴方がこの大事に“お気付き”になり、 コメントを残して下さればの話ですよ。その時の世界的喧騒に巻き込まれたくないお方様>は絶対にコメントを置かないでください^^!(笑)

               since 2007 07~   史実探偵 ; 平 素人( ヒイラ モト )


ひきつづき、当ブログをお楽しみ下さい。♪(^-^)♪
その、世紀に遺る(?)コメントを残して下さるかたは、下の CO - (x) を クリックして下さい。
と、言っても訳あって只今閉鎖中?でした^^!) 





 つづきます♪
('10, 5/23) 拍手をありがとう御座います^^。 只今までで5拍になりました。
('15, 1/13) どなた様、23拍目の拍手をありがとう御座います^^♪。
  最近この記事への拍手が急に増えましたのは、岩淵先生の御本『彗星衝突による縄文超々巨大津波』 からのお客さまでしょうか^^? 出来れば、足跡履歴かコメントを残して下さると嬉しいのですが^^? 時間が許されるお方は、関連記事へもどうぞ、さらに許されるお方は《お客様コーナー》へ^^!

Copyright © 2005 卑弥呼が埋めた「大量の銅剣と銅鐸」. all rights reserved.