卑弥呼が埋めた「大量の銅剣と銅鐸」
此処に出雲と同様、“大量の銅剣”が埋めてある! 全国歴史ファンの方々、三上山に集合せよ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
竜の食台・<忘却のかなた天空平>
        竜の食台・<忘却のかなた天空平>
 <天空平> 昔、雨乞い! 今、ライブ ♪
天空平・てんくうだいら、というのは、富山県・氷見市(ひみし)の八代地区にある山の、山頂近くが平らになった地名です。 「平」とか、「台」とかがつく地名は、その昔、そこで竜神を呼び寄せ“生け贄”をささげ、慈雨との交換を願った “竜の食台” だと、すでに別紙(報告書)で謎解きしています。  拙・電子出版 極秘報告書「巨大隕石と大津波」 ←クリックで転送(^^!)
 その<天空平>を知ったのは、私が美しい写真とご記事に惹かれ、度におうかがいしているブログ
≪Gackt コスで今宵もお散歩~♪≫で掲載されて、その地が今の私達はおろか、今の史学からもまったく忘れ去られていることに強い興味をいだき、ご快諾を得て拙ブログで取り上げることにしました。
        (只今の追記は5/30です。コメント欄(~5/26)が面白いかも♪)
      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                【 新来の お客さまへ お知 ら せ 】
 ご訪問に心より感謝いたします。 駄文長文を連ねてはありますが、拙記事は、世紀をくつがえす始まりでもあります。そして各記事は単発ものの要領で書いてはありますが、一本の剛線でつながっております。 お時間の許される方は、どうぞカテゴリー別でもお楽しみください。 それを云う『祖先からの伝言』を神話だ!迷信だ!地名だ!と受け取らず、それ等は表現の違いであり、それ等には史実が潜んでいると<気付けば>簡単なこと♪
どうぞ、あなた様との出会いが千載一隅のチャンスと変わりますよう心より願って止みません。
                             2009 5 16 (^-^)史実探偵: 平 素人
      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以下 、 ブログ Gackt コスで今宵もお散歩~♪   隊長Mさん>のご記事から、

     ≪ 春の恵み…≫   2009-03-29 Sun 12:17
 p-m.jpg ( 隊長Mさん>の写真です; ええ、とっても美人ですよ♪)

やれやれ先週は、ご近所の桜が狂い咲きで、満開になったと思ったら
その翌日には、またしても雪が降って、冬に逆戻りしてしまうし
雪の降る中、桜が咲いてるってのは、何だか妙な気分でした…(苦笑)
春は来ている筈なのに、冬が居座ってるのか、はたまた冬が去るのを
待ちきれない、そそっかしい春が割り込んでしまったのか…(爆)

週末は、少しだけ太陽が顔を覗かせたので、友人二人を誘って
例の白鳥の湖にドライブ…♪ 目的は、白鳥のご機嫌伺いは別として
そろそろ山菜の季節なので、タラの芽の成長具合も気になるし
どちらかと言うと、暇つぶし&食い気に誘われてが、今回の目的(苦笑)

それで何時もの如く、山道を車で走ってると、気になる看板発見
誘われて横道に行くと、道はどんどん上り坂になって、妙な空き地に…
ちなみに空き地の入り口には、最初に見つけた看板と同じ地名
これなんですが、「天空平」って…ラピュタの親戚か?

 tenkuu-1.jpg (写真)

でも空き地一帯を見回しても、何にも無いじゃん
 tenkuu-2.jpg (写真)

かすかに雲の下に、立山連邦らしきものも見えるが…
 tenkuu-3.jpg (写真)

湿地帯の脇には、雪まで残ってるし… ←寒いぞ~(泣)
 tenkuu-4.jpg (写真)

前進か引き返すか、迷ってる私達の前に、うわっ!第一村人登場
この第一村人の方に、空き地の先は、どうなっているのか伺うと…

私… 「この広場の先って、何が在るんですか?」
第一村人… 「う~ん何も無いよ、あそこで行き止まりだわ」
私… 「えっ?じゃあ、ただの空き地だけで、終わりですか?」
第一村人… 「まぁ氷見の街と、海は見下ろせるけど、それだけだわ…」

それを早く言ってよ!と思いつつも、丁重にお礼を言って、友人と空き地に
侵入したとこで振り返り、私… 「ここに入っても、いいのかしら?」
第一村人… 「あぁ、好きなだけ入っていいよ」 ←ちゃんと許可貰った、私(笑)
 で…雪解けの湿地と化した、広場の先端まで行ってみますと…
うはぁ~!見えた、氷見の海と街並みが、綺麗に見下ろせます♪

 tenkuu-5.jpg (写真)

欲を言えば、もう少し天気がよければ、隣町や立山連峰も見えたのに…
まぁ次の機会って事で…それより足元が、フキノトウだらけじゃん♪
元の道に戻る途中、路上に咲き乱れる、蕾だらけの菜の花を発見
車を降り、友人と菜の花を摘みながら、「今夜は菜の花ご飯を作るぅ~♪」

大収穫に喜んだ後は、最初の目的地、白鳥の湖に到着しましたが
湖はシーンと静まり返って、人が来ると餌を求め寄って来る、デブ白鳥の
姿が全く見えません それどころか鴨の数まで、少なくなってるし…

 tenkuu-6.jpg (写真)

・太り過ぎで死んだのか? はたまたダイエットに成功して、飛び去ったのか?
うるさい白鳥達でしたが居ないと、それはそれで寂しい気もしますね
ちょっと複雑な想いを抱いたまま、この湖を去って別の帰路に道を変えたら
名前は知らないけど 可愛いピンクの花が山の斜面に咲いてました

 tenkuu-7.jpg (写真)

山道を下って行くと、タラの芽を発見! でも芽は1Cm強で収穫は不可
諦めて帰宅しましたが、今夜のおかずは菜の花ご飯と、カラシ和え
フキノトウの天ぷらでキメます♪ ←お山の神様、ごちそう様でした~!
 今回は追加の写真を…♪ ↓ 本日作った、菜の花ご飯で~す

 tenkuu-8.jpg (写真) いろどり良くてとても美味しそう(^^)

軽く茹でて、塩漬けした菜の花と、紅生姜を刻み、熱々ご飯に混ぜました
    <以上です>
写真がなくてもおおよそは伝わってきますが・・・(^^!) この中に重要な「キーワード」が潜んでいます。 ( 紅生姜の赤色?)それは後のお楽しみに!
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<天空平>
天空平の地名が遠い昔からの地名か、今風に付け変えられた地名か、筆者は知らない。天空平は、富山湾を囲んだ西側で富山県の北端に位置する。近くには“大境洞窟住居跡”がある。 そこへ行くには、氷見市街から160号線?を北上し、<国見>と<小滝>の分岐点を左にとる。道は細いようだ。○○km程上ると表題のところへたどりつく。東西に約300m、南北に約150mほどの長円形の広場は草が生えていて立木はないのかな? 国土地理院電子版の地図でみる、この台形状の地形に注視したい。頂部はほぼ平らであるのに、その淵部は急峻していて人を寄せ付けがたい形状をしている。この形は、前述の岡山県・総社市の“鬼の城・きのじょう”と酷似している。もっとも、この<鬼の城>は、朝鮮式山城ではないかとされ、30ha?ほどの広さをもつ頂部で、その復元が図られている。

鬼の城には、西・南・東・北に門跡があり、それぞれの門外は急峻していて、人の出入りが難しいことから、筆者は、朝鮮式山城をとりいれた形式な門をしつらえた “雨乞い場” だと謎解きした。 天空平では、地図で見るかぎり「北」と「東」からが上り下りが楽なのかな? そして、これも推測が正しければ、門跡の大小は問わないが、形式的な「石の門跡」は必ずあるか、あったはずだ。 さらに、この広場に降った雨水がどちら側に流れるかは大きな問題だ。鬼の城では、版築土塁(土を突き固めて塀状にしたもの)で、全ての水が南側の人里がある方向に集められ流れ出るように設計されていた。(註; 念のために申し添えますがこの論は今の史学にない素人の独自論です。笑)

呼び寄せた“水神の化身”である竜は、東(北東)からやって来る。鬼の城では、東の竜門(*これも独自論です^^!)だけは円柱で設えてあったから、天空平でもその東端にはなにかの差違(石組みの)が認められるかも知れない。生け贄をささげ、その赤き血は、集められた雨水が流れ出(いずる)方向に垂らされる。鬼の城でのその川は<血吸川>と名付けられていた。 残る遺骸は火葬とし、「この煙どうか、雨雲に変わりませ!」と祈祷する。土葬が一般的な当時での火葬は、「死んでからまでも熱い思いはさせたくないよう!」の異例葬だ。

慈雨の願いがかなえば、竜神は西より雨雲を引っぱって来る。この考えは「四千年前の大事変がなした西行きの大津波・前記事」に起因する。その “慈雨の受け皿” が、天空平・西端から約125mほど下方にある直径約50mのちいさな池だ。 ( 初頭のご記事の白鳥が帰来?する池は、天空平とは別のものですと、隊長Mさん>よりありました。^^!) この池は稲作の取水とは別の位置にある。 この池の淵に何かの「祠・ほこらのありやなしやとそのいわれ」を調べて欲しい。祖先は驚くほど大切にそれ等を受け継ぎ残してきた。それ等の畏怖(いふ)や、畏敬を≪すっかり忘れだした≫のは戦後からかな?と認識しています。 

<特異な裾野をもつ天空平>
この天空平に接する(標高450m)山の北方に、西北に連なる分水嶺があり、原山(477m)、無名?(472m)、荒山峠(385m)が見える。その分水嶺からくだる雨水はわずか20kmほどで 灘浦湾にいたる。 そのなかにあって天空平の南東の裾野・約2kmは、まるで天空平から溶岩でも流れ出したような地形で、周囲より盛り上がり特異な扇状地形をしている。通常の風雨がつくる浸食では谷状になると思うのだが? はたまた近年にスキー場として造成したか?とも思ったが、それにしては勾配が約150m/2000mであり、斜度が緩すぎる。 
 
    <天空平周辺図> 国土地理院・電子版地形図より

 原山(477m)                      荒山峠(385m)
       後方の山△450m
    池○     <天空平>標高約400m、東西長約300m、南北長約150mの平地
               〔  \ ←人工の崖か?
          (露岩)(露岩
     人工の崖か?→{     \
                { 400m下方(撞木状地形)
                  標高(350m)        小滝(宮)
                 {         \        ↓
                            国 見
                  {←  700m   →\
                  {   標高(250m)    \
            (宮)胡桃          (宮) (宮)
 懸札  一刎       ↓
   余川川         ↓
     ↓         阿尾川、へ至る 

 <天空平の裾野の不思議>
①天空平・△裾野は、周囲より高く、その等高線は、なだらかな等間隔で下っている。
②天空平・△裾野の北辺の上部は、等高線が乱れ盛り土でもしたかと思われる?
③天空平・△裾野の南辺の上部も、自然地形に手を加えて崖部にしたか?
④天空平から約400m下方に、撞木(しゅもく)状の地形がある。
  *通常の風雨だけの浸食作用で出来た地形とは思えない!
   (もし、筆者がいうように、その自然地形に手を加え台状にしたのなら、その意味は?)

 <天空平に降った雨水は>
国見・胡桃 → 磯辺・針木 → 黒谷 → 吉滝 → 森寺(標高20m) → 指崎 → と、阿尾川を下り → 灘浦湾(富山湾の一部)に至る。

<国見>標高○○m
国見とは、高いところから下方の人里を眺めて付けられる地名。
社会学でいう“国”の定義はむつかしいので、それは避けて(^^!)、 “国”の考えは中国からの移入であり、この言葉が入ったのは前述の秦の始皇帝代に不老不死の仙薬を求めて列島に渡来した「除福」以降だと認識しています。筆者は、弥生期以前の社会集団をいう時、「国」ではなくて「郷」ということばを好んで使っています。
<胡桃>標高○○m
わかりません。ウェッブで調べました^^!。「胡」というのは異民族?「桃」は大陸からか?
<磯辺、針木>標高○○m
磯とは、海や湖の水際で岩や、石の多い所。標高○○mで<磯の地名??>
針木とは、松のことか? 古来、雨乞いにおいての御神木は 『山桜』 が本来であり、それが時代が下り御神木にする桜木の減少から圧倒的多数の「松」に代わっていったかと素人探偵は、推んでいます。
桜の付く地名は、竜の地名にからんで各所にあります。山にポツポツと咲く<山桜の“朱の色“は、山が血を噴いた赤い色と祖先は思った>とする素人の考えがあながち間違っているとは思っていません。桜の花が咲く時の樹液は赤い色をしているという植物学者がいましたからね。 桜木の古くは、農事呪縛 (のうじじゅばく) の木とか。 それが今では、物見胡散(ものみうさん)♪。 すっかり、その歴史さえも忘れています(^-^!)。
と、考えるのは素人の偏見で^^!)、知らず知らずのうちに桜の名所と雨乞いが重なっています。
<黒谷>標高○○m
黒谷・・・、「黒・・」、祖先が地名に「黒」とつける場合は要注意です。何故なら祖先は<今から四千年前の大事変による隕石の冬を歴史的に記憶>していて、雨乞いのための形式的な<暗天>地名としてつけることがあるからです。(これは素人の独自論です) 筆者は、黒とついた地名を総社市<黒尾地区>にしか立ったことがありませんが、そこが日当たりが悪い隠地(おんじ)とは思えず、何故に「黒」とつけたのか、そのイメージが湧かない! 多少、人家が少ないような気はしますが・・・^^!)、
(*カテゴリー「吉備地方」→総社市:鬼の城(きのじょう)を参照)

<氷見市“天空平”と、総社市“鬼の城”の地名配置は酷似している?>
                         〈北〉
            荒山峠                  登龍山  岩屋

  池○    <天空平>                (池)    <鬼の城>
     岩場あり     小滝(宮)       山頂付近に露岩あり    (急流)
                                     
     針山                           新山
              (宮) (宮)               西谷 経山       血吸川
   <黒谷>                       <黒尾>
  阿尾川                               砂川           阿曾
     ↓    →・・八代(○代神社)      や田・八代・・← ↓
 舟塚  ↓ 稲積              〈南〉           高塚↓ 菰口
     人里(氷見市)                           人里(総社市)
   <富山湾>                              <瀬戸内海>  

前に掲げた<隊長Mさま>のご記事に“重要なキーワード”が潜んでいると申しあげました。
私… 「この広場の先って、何が在るんですか?」
第一村人… 「う~ん何も無いよ、あそこで行き止まりだわ」
私… 「えっ?じゃあ、ただの空き地だけで、終わりですか?」
第一村人… 「まぁ氷見の街と、海は見下ろせるけど、それだけだわ…」


『氷見の街と、海が見下ろせる!』
<天空平>に立って、「 氷見の街と、海が見下ろせる」 このことが重要なのだ。
今の史学では、瀬戸内海が眺望できる鬼の城・きのじょうが、自然の巨岩を利用して石崖を築いていることから、これを(謎の)朝鮮式山城としているが、筆者はそうは思わない。おそらく、それ等は弥生期以前からの永続した施設であろうが、<竜神・雨乞い>という、ゆるやかな連帯感をもつ(八百万の神が出雲に集まる)社会において、戦争のための城は必要としない。戦闘の痕跡がある遺物が出土しているのは弥生期以降である。大陸と違い狭い範囲で海や、山、川の幸が得られる列島においては、争いが発生する要因が少なく、それが発生するのは、稲作の発達と共に土地の私有化がすすみ、水利権の奪い合いがあってから後だと考えている。

氷見の人里へ降る雨水は、高さ約400mをわずか20kmほどで海へ下る。(砂防ダムの写真がありました) また溜池が多いことからも、その昔この地に干害があったことが容易に推察できる。(これも隊長さんからです^^!) その高台で、竜神を呼び寄せ、生け贄をささげ慈雨を願う。高台から125mの?西にある小さな池が慈雨の受け皿だ。雨水の循環が<天空の雲→山間に降雨→川・人里→海→蒸発・昇天>する。この自然の理を縄文の人達が知り得ているのは当然だ。『海の見える高台で、その人里に慈雨を願う!』 その慈雨・厄災を司るのは「四千年前の荒神」であり、荒神は慈雨のかわりに生け贄を強要する。この地の生け贄が「何から始まり、どのようにエスカレートし、どのように終結」していったかの歴史を筆者は知らない。

<総社市・鬼の城と、氷見市・天空平に共通点が有りや無しや?>
『海の見える高台で、赤き血を源流にそそぎ、その遺骸を煙りに変え、「どうぞ、貴方様のお力で、この煙を雨雲に変えて下さい」と、その人里に慈雨を願う!』 その底流には、四千年前の大事変がもたらした慈雨(大雨)と、生け贄(厄災)との交換思想が根幹にあり、その生け贄はエスカレートして、「私達には、これ以上大切なものはありません!」と、3才~7才の稚児に変わっていった。 そして、その因習を止めさせようとしたのが卑弥呼であるとも謎解きした。
    (詳しくは、前述の 「卑弥呼が埋めさせた大量の銅剣と銅鐸」 へ、どうぞ♪(^-^)♪

1,  第一には、そこが人里と海が見える高台であり、頂部が比較的なだらかで、周囲が急峻している<八の字形の台地>であること。(この「八」という字と、その字形に含まれている色々な意味に注視する必要がある。たとえば「八方」→当地の<八代>○代神社、八幡信仰等もこれに根があるのかな?)

2, 鬼の城(総社市)にあったような、東西南北に形式的な門(筆者の説)がありやなしや?!
この門跡の規模の大きさこそ解らないが、自然崩壊や、人工の補修改築がなければ必ずあったはずだ! もし、それが小さいものであれば、方向石(筆者命名:楽譜台様の石)か、階段状の石組みが目安だ。この階段は竜が上り下りする階段かな(笑) もし、あなたが史跡に詳しくて興味がおありなら、きっと発見つかるかも知れませんよ♪ 但し、素人さんは、よっぽど気を付けないと見つかりませんよ。 私素人は、総社市・鬼の城の<北門跡>で、「ここにそれがあった」と、掲示されても分からないほどに荒れ果てていましたから。^^!

3. 岩場があること。鬼の城の南門跡か東門跡かが思い出せないが、「門」なのに人の出入りをはばむような大きな基岩があった。これが何を意味するのかは解らないが何かの意味があってのことに違いない。<天空平>にも南の崖下に二つの連なる岩場、露岩地帯がみえる。 これ等の岩場でいったい何が?
想像も含めて推理してみよう。生け贄の鮮血を受けるには器がいる。受けた鮮血は源流へそそぐ。使用後の器は?使えませんねえ。その器は<割り砕く>。この割り砕く行為は、所々にある。瀬戸内のタブレットと呼ばれる、破壊用?の土器片。香川県屋島の頂上から、厄よけ祈願?として素焼きのお皿をなげる。滋賀県・近江八幡の瓶割山。あるいは死者の食碗を割る風習。そのほか故意に割り砕かれたような土器が出土することがある。これ等は生け贄の鮮血を受けた土器を割り砕くことに始まったのではないだろうか?

もし、この推理が正しくて、あなたに冒険心があり、強運な方であれば、<天空平>から「割り砕いて投げた」その土器片が発見かるかもしれませんよ。但し、その確率は50%。これは「根も葉もない」ことを言っているのではありません。出雲の358本の銅剣の発掘は「一片の土器片の発見」から始まったのですから。念のためお二人以上で行ってくださいよ。危険防止のためと、その確証のためにねっ(笑)

4.山頂の広さの問題 
鬼の城>の台地頂部の広さは、約3○haであった。その頂部・縁部に沿うように遊歩道がつけられているが、現地では、地図からうける平地の感覚とはほど遠く、かなりの山坂はある。台地周囲の急峻さに対して、ほぼ平たくなっていると表現したほうがよさそうで゛ある。それに対して、
天空平>では、東西約300m、南北150m。<隊長M>さんのお写真やら「空き地」との言葉から推察するかぎりでは、かなりな平地のようだ。なんとかフェスティバルも開かれるようだし、野球場のグランドを思い浮かべてもいいのかな? 野球場にするとかなり広い。ふつう本塁からセンター間が120mだから、2面は充分とれる。この広さの平地が自然的要素だけで成しえたとは思えない。近時に重機が入って整地したのか? ならば<この話>は、アウトぉ~!!

 それを、ウエブで調べました。^^!
『(2007)9月8日に開かれた「天空ヒミオトフェスティバル in 国見」に行ってきました。 会場は氷見市八代地区、国見。 地すべり防止対策の一環として、平成元年から山の上部が削り取られた場所です。 今回このイベントで、「天空平」と名づけられました。』  万事休す! ゲームセット!?

<天空平>の話は、これで「ゲームセット!」・・・。 すべてが素人の思い過ごしか!?
 ならば、つぎなる疑問が生まれてくる。
何故、○○平米」の広さが空き地のままなのか? 何故、耕作地でないのか? このことは、そこが民有地でなくて、官地(公が所有する土地)であると推察できる。 祖先はこのように<いわく>ありげな場所は、そこが社寺の所有であったり、公共の持ち物として<冒すべかららず聖地>として遺すことがある。

史実探偵:素人が、是非に知りたいことがあります。
天空平の裾野・(標高250m)付近に<お宮のマーク>が、二つあります。お宮は一つの地区に一つあるのが普通と思うが「何故、二つあるのか?> その一つに【御前さま・おんざきさま】の名がついてはいないか?> 「前・まえ」とは、何かのまえであり、新名<天空平>の前に位置するお宮となるからである。雨乞いの考えからすれば、『どうぞ、その(・・灘の)海水を雨水に変えて下さい』と、お願いする海の前になるから、いにしえの昔にさかのぼることが出来る。


次に、<天空平>周辺地名(祖先からの伝言)の不思議?
<国見>
「郡・こおり」ではなく、「国」の地名がついているのは何故か? “四千年前”からの雨乞いという長い歴史のなかで、この「国見」の地名が定着したのは、何時か? 又、<氷見市・ひみし>の由来は? 何故「氷・こおり」と読まないで<ひ>と読むのか? 隊長Mさんのお写真にあった“火祭り”の火とも関係するのか・・・?
*火を扱う祭りは各地にあります。それは四千年前に空を飛んだ巨大隕石を模したものだと謎解きしています。
<胡桃>なんと読むのでしょうか^^!
「胡」は、胡瓜・きゅうりの「胡」か? と、すると「桃」の意味するものは、男と女・・・?
<小滝>
このような雨乞い・竜神文化があるとき、「小滝」の「小」は、“ちいさい”という意味ではなくて、大人・おとなになる前の段階。<吉滝>の前身。 そして滝という字を分解すると、竜がもたらした慈雨の落ちる場所。 この<小滝>で行者が“荒神さま”と対峙(たいじ)するための「行・ぎょう」を積んでいた場所だと謎解きしています。
<一刎・○ハネ>
この問題は、中学生も対象としているので、あまり深入りしたくないのですが、「刎ねる」とは、首を刎ねることか? 手を、足を、ハネるとは言わない。以前、九州の方だったかな。<耳納・みのう>。大阪に<箕面・みのう>という地名があったことから、人身供犠用の子を一般の子と区別するために、その耳を削いで『耳削・みそぎ→耳納・みのう』と謎解きしました。(“みのう”という言葉を変換すると色々でてきます) 又、その痕を隠すための“おかっぱ頭”だとも・・・。 だが「刎ねる」という地名は、あまりにも生々しい。こういった時には、(先の変換のように)当て字をあててその生々しさを避ける心理がはたらきます。しかるに「刎ねる」の地名がついているのはその生け贄が人ではなくて他の生き物の可能性が大と考えます。それは、亀か?鳥か?熊か? 熊だと北海道の影響を受けているかも知れないし、亀だと中国の影響を強く受けていると解釈できます。素人は、富山にある「四方突出型古墳」は亀の首を斬首した形か?と疑っています。 (以上は、素人の思いこみや偏見?からの推理であると強く申し述べておきます。)

<懸札・かけふだ> 童謡に隠された謎
     通りゃんせ~、通りゃんせ~、 ここは、どこの細道じゃ~
     天神さまの細道じゃ~、 ちょっと通してくだしゃんせ~
     ご用のないもの通しゃせぬ~、 この子の七つのお祝いに~
     お札を納めにまいります~、 行きはよいよい、帰りはこわい
     怖いながらも、通りゃんせ~~、 通りゃんせ~~~

生け贄については、今までに色々と記述してきましたので、ふり返ってくだされば助かります。
懸札>の意は名札をかけることである。 その名前とは、一歳で<宮参り・登録し>、七歳で<お役解除の厄明け>とする社会制度があり、登録した子の中から“白羽の矢”を立てた子を人身供犠用として召し上げ、人里離れた境内に隔離して育てていた。
この歌の「細道」は、人里離れた「天神様」へいく細道のことで、その入り口に門神が御座り、それとのやり取りがこの童謡となったものである。 門神とは、いかに衆生雨乞いのためとはいえ愛児恋しさのため取り返しにくる親をはばむためのものである。 最初は夫婦二人で始まったこの制度もだんだんと社会が充実化するにつれより強固な制度となり、人々の出生を管理する<政(まつりごと)・役場>の意味ももつようになっていった。そのなごりが<懸札>の地名だ。『やく』で変換すると、役、厄、焼く、等がでてくるのが興味ぶかい。

先に比定した、岡山県総社市鬼の城山(きのじょう)のほぼ中心部の建家の跡から[すずり]が出土している。 いかに防災のためとはいえ<天空平>にもあったであろうそれ等の遺跡は破壊されてしまった。 筆者は、それを責めているわけではない。それ等を<忘却のかなた>にしてしまった今の史学や、この私達に問題があると考えている。 この話はなにも<天空平>に限ったことではなく、今私達がお参りしている全国津々浦々の神社にも「その根源」があることに気付いてほしいと強く願っています。    2009 May 28 史実探偵: 平 素人

仮想メモリがなくなりました。^^!
つぎの記事は、富山県桜町遺跡に<銅鏡の入魂施設?>が残っていた。
どうぞ、お楽しみに(^^!)♪
    
それが気になるお方は、ブログ≪Gackt コスで今宵もお散歩~♪≫コメ欄のほうへどうぞ♪
 つづきます♪



どなた様>拍手をありがとうございます。私の記憶では、2~3日前までは6拍かなと?^^!)
できれば<声援の一言を>おいてくださいね。でないとお礼の言いようがない(^^) -5/30-

只今('10 5/21)付け迄で、12拍になりました。(^-^)♪
スポンサーサイト

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
いよいよ始まりますね!
釣りじいさん | URL | 2009-04-27-Mon 12:55 [EDIT]
「天空平」、名前を聞いただけでもわくわくします。
いよいよ始まりますね!
楽しみですが、あまり無理をなさらないように、楽しみながら調査・執筆をしてくらはいね~。

史実探偵: 平 素人 | URL | 2009-04-28-Tue 08:13 [EDIT]
じいさま> お優しいお言葉と、コメントありがとう御座います♪ 
はい! いよいよ始まります。 この<天空平>という響きには、私達の持つ<こども心>を駆り立てるものがありますね^^!。 この先{ご教示}によってどのように展開するかは未定ですので、今後ともよろしくお願いいたします。

一太郎 | URL | 2009-04-29-Wed 17:41 [EDIT]
しばらくぶりです
謎解きが難しくて手が出ないです
わたしには・・
でも、今回もおもしろそうですね
天空平なんて、でも、Gackt コスで今宵もお散歩~♪を
探してみたら、何もないひろおーい空間なんですね
ここでどんなストーリーが始まるのか楽しみです

史実探偵: 平 素人 | URL | 2009-04-30-Thu 07:06 [EDIT]
一太郎さん> コメントありがとう御座います♪。
「謎解きが難しくて手が出ない」、実はわたしも、時をおいて後で読み返してみると「何書いてんだか」判らないことが多々あります(汗~^^!) 文章は、いくら書き込んでもうまくなりません。今後ともよろしくお願いいたします。(^-^)♪
平さん
shigechanizumo | URL | 2009-04-30-Thu 09:08 [EDIT]
十分納得のいくすばらしい文章ですよ。
中学生~博士まで?
史実探偵: 平 素人 | URL | 2009-04-30-Thu 17:39 [EDIT]
Dr.~> コメントありがとう御座います♪
Dr.にほめていただくと、こそばゆい感じがいたします(^^!)。当ブログは< 中学生~博士まで?>ジャンルを問わず、より多くの人に見て頂けたらと願っています。 GWも近づいてまいりました。今後のご教示をよろしくお願いいたします。
お邪魔します(苦笑)
隊長M | URL | 2009-05-02-Sat 01:07 [EDIT]
天空平の記事を、拝見させて頂きました

平 素人様の関心は、どうやら池と祠にあるようですが…

白鳥の住む湖は、この天空平から山伝いに県境を越えて
石川県側の峠の下に在る、溜池の事ですので
やはり天空平の在る山とは、無関係のような気が致します

ちなみに白鳥の住む湖は、山伝いに石動山と繋がってます

それより先週末、この天空平の近くに、薔薇園がオープンし
賑わっているそうなので、そちらの方に行ってみて
近くに池が在るか、調べてみようかと、思っておりますが…

この薔薇園の付近には、小さな川が流れておりまして
もしかしたら、祠や池も在るかも知れません

平 素人様の研究の、お役に立てるかどうかは分りませんが
この氷見地区は、昔から大きな川が無いので、現在も
干ばつの被害が出易い地域ですので、何かヒントに繋がるかも…

薔薇園には、連休中の3~6日の間に、行く予定ですが
他にも知れべて欲しい事がありましたら、ご連絡下さいませね

ご賛同に感謝します♪
史実探偵: 平 素人 | URL | 2009-05-02-Sat 02:48 [EDIT]
隊長Mさん> 深夜にもかかわらずのコメントありがとう御座います(^^)。
只今、編集中でした^^!。白鳥のおりる池は今回の記事とは別かも知れません。今回UPした直径50m程の池は、天空平の西端に立ち125mほど西にあるようです。でもね、いかに冒険好き、(もとい乙女心を残してる^^!)隊長さまでも、お一人ではけっして行かれないように! 祖先は<険しい>所を選んでいますから。(遭難しかけた経験者語る!) その池はおそらく抜けるような碧色かもね♪ 「その干ばつ」の言葉にも大きく引かれた理由のひとつです。以前、この山波を背景にして湾を写したお写真がありましたね。そのお写真に色々な思いをのせて30分でも1時間でも眺めていました。富山は奥深い歴史を秘めた所と推察します。今後の展開が楽しみです。(謝々)
今後の展開を楽しみにしてます
隊長M | URL | 2009-05-02-Sat 19:11 [EDIT]

冒険のご心配を頂き、ありがとうございます

実は数年前に、武刃街とOTOGIの、コス写真の撮影の為
近くとはいえ、殆ど人の通わない小さな滝に、ロケをした時の事…

無事に野外ロケを終え、撮った写真の選別をしてると
TVで地元のニュースが流れ、何と私達が撮影してた現場付近で
木に首を吊ったらしい白骨死体が、発見されました…(滝汗)

多分、私達は自分達の作業に追われて、気付かなかっただけで
同行してたメンバー達と、すごく焦り捲くった経験があります

でも、その時に改めて思ったのですが、神や仏の領域は、
自分の心の問題だけど、世の中を見回すと、生きてる人間の
狂気こそ、何やら計り知れない、恐いものを感じました

富山県には、色々な伝説や史跡も残ってますので
あちこち散策したり、歴史と縁の場所を探すのは楽しいですが
薔薇園の付近は、友人と行く予定なので、ご安心を♪

はい(^^)。 安心しました。
史実探偵: 平 素人 | URL | 2009-05-03-Sun 06:10 [EDIT]
隊長さん&青年Yさん> コメント&ご訪問ありがとう御座います。
薔薇は匂いもいいですね(^^)。 どうぞの休日を、楽しんできてください♪ お写真楽しみにしてます。 富山のことは、知りたいことがいっぱい! 拙・記事中で色々な<推定やら問いかけ>があろうかと思いますが、どうぞ愉しむ範囲でなさってくださいね。 そして、誤りがあったら、ご遠慮なく正してくださいね♪
昨日、行って参りました
隊長M | URL | 2009-05-05-Tue 00:50 [EDIT]

昨日は改めて、天空平の周辺を散策して参りました

私共のブログに、記事や写真をアップするよりも
平 素人様に、私の撮った写真を、使って頂いた方が早いので
別アドレスで、新たに写真を整理して、載せました

此方に、天空平の写真のアドレスを記載しておきますので
どうぞご自由に、写真を使って下さいませね! アドレスは… ↓

http://fatale.gozaru.jp/tenkuu/menu.htm

新しい発見もあったで、どうぞ宜しく~♪
ご厚意に感謝します♪
史実探偵: 平 素人 | URL | 2009-05-06-Wed 05:27 [EDIT]
隊長Mさま>  コメントありがとう御座います♪ おはよう御座います♪
といっても、昨夜は遅かったから今頃は(寝の街)をお散歩されてるのかも知れませんね。   昨日の5月5日は各地ともまずまずの行楽日和♪ 名うての観光スポットは大渋滞! 薔薇()奇麗だったでしょうね。 ご掲示のアドレスでコピー検索しましたがヒットしませんでした。何かの差し障りがあるのでしょう? <天空平のお写真を当ブログへの件>折角のご厚意をお受け出来ないのが残念です。 ①当ブログは息子のPCの間借り?で、メモリの容量が少なく写真が掲載出来ない。 ②PC音痴で写真の掲載方法を知らない(滝汗~!)この方は何とかなるかも知れませんがぁ?(笑) 今後ともよろしくお願いいたします。
う~ん…
隊長M | URL | 2009-05-06-Wed 17:46 [EDIT]
私の方では、携帯からでも見えるのですが…何故だろう?

私の書き込んだアドレスを、カーソルでコピーして
PC画面の上にある、アドレス(D)の横に表示されている
此方のアドレスを消して、コピーしたものを貼り付け
Enterを押すと、簡単に表示されるのですが…

それがダメなら携帯でも、画像は小さいけど見れますよ
只今、思考錯乱中!?
史実探偵: 平 素人 | URL | 2009-05-07-Thu 05:42 [EDIT]
隊長Mさま> コメントありがとう御座います♪
只今、ご訪問してきました。 「天空平」お写真の特別なご配慮ありがとう御座いました。 「よくぞこれまで!」実際に自分が現地調査をしてゆくようなワクワク感を覚えました。欲しいことの殆どがアップされています。池は自分の思う場所のものではないようですが、それはそれでかまいません。数々のお写真でかなりご当地の雰囲気はつかめました。時空を縄文の古代にタイムスリップして、再度思いを巡らせ記事を進めてゆきますので、どうぞお楽しみに♪ 但し、只今思考錯乱中で記事へのアップが遅れています(^^!)

隊長M | URL | 2009-05-07-Thu 15:40 [EDIT]

いえいえ…私自身も少し興味を覚えたので、山の散策は楽しかったです
ただ村での散策は徒歩なので、膝の故障を抱える私としては、あれが限界かな
池は雑木林の下方、僅かに姿を覗かせてましたが、降りれませんでした

今後は私の知人が、あの地域で地滑りなどの調査に、加わっているかも
知れないので、地形を含めそちら方面からも、色々と調べてみようかと思ってます
何しろ地質だけでなく遺跡にも、深く関ってるので面白い情報が入るかも

あの地域の地質ドクターは、私の古い友人でしたが、かなり前に他界して
今は他の方が担当してると思いますが、ドクターのご子息も同じ仕事を継いでるし
機会があれば、ご子息からお話を伺おうかと… ←あちら次第ですが(笑)

地滑り?とも人築?ともつかずの地形!
史実探偵: 平 素人 | URL | 2009-05-08-Fri 01:46 [EDIT]
隊長さん> (←ゴメン!コスとMであらぬことを^^!)コメントありがとう御座います♪ 
(遺跡&地質ドクターの知人)それはすごい♪ 願ってもないこと!
 実は、記事のアップが遅れているのは、天空平の裾野が 「地滑りとも人築ともつかず」 の地形をしており?、その両方ではないかと思い錯綜して、素人のつたない文章力ではなかなか筆が進まないのです・・・、
お邪魔します
隊長M | URL | 2009-05-11-Mon 00:13 [EDIT]

週末に天空平の地形について、知人に話を伺おうと連絡を入れたら、
現在、隣県に出張中との事で、もう暫くお時間を下さいませね

あと、上に記事に載ってる地名、「胡桃」の村の写真は、
私のブログの、一番新しい記事の、隣村の葉桜並木の写真です
それと薔薇園の在る場所は、森寺寄りの稲積地区です
帰路に通った道は、稲積(森寺)から余川に抜け、更に一刎へ抜ける山道

「祖先からの地名伝言」
史実探偵: 平 素人 | URL | 2009-05-11-Mon 06:45 [EDIT]
隊長さ~ん> おはよう御座います。コメントありがとう御座います♪
今、阿尾川流域の地名に潜む「祖先からの伝言」をさぐっています^^!。再度お写真にかえり思いを致すことにします。 ご友人にお問い合わせの件、この記事が進んでからの方が都合がいいかも知れませんね♪
お元気ですか~。
釣りじいさん | URL | 2009-05-16-Sat 14:50 [EDIT]
わし自身もネットで「天空平」にアクセスして、写真や記事を読み始めましたよ。なかなかええ所ですね。巨大な石もあるし!
一度行ってみたい気持ちになっています。

さっ、そろそろ記事がUPされるのでしょうかね~、にゃは!
いえいえ、決して催促したり追い立てたりしているわけではありませんよ。じっくり資料の研究をなさってくらはいね♪
はい、頭んなか元気ないですう(.><)
史実探偵: 平 素人 | URL | 2009-05-16-Sat 21:12 [EDIT]
じいさま> コメントありがとう御座います♪
ええっ~、そんなんあるんですか? ネットでアクセスしたら大岩がねえ。 わたしもアクセスしてみよっ~とぉ♪(^^!)♪ 今は、国土地理院の電子版とヤフーの地図でさぐりを入れてますが、なかなか進まなくて^^!、すぐ眠たくなってしまいます。
追伸> 「岩場が見たくて!」調べました。分かりません。Zzz゛~(笑) PCアレルギー(訳も分からずクリクリと壊してパソコン3台目)の素人に、どうぞ、その画面<検索>を教えてください(^^!) 5/17
こんばんは
隊長M | URL | 2009-05-25-Mon 21:33 [EDIT]

天空平についてですが、私の友人に聞きましたところ、古い伝説などは
地元の神社などで話を伺うのが、一番手っ取り早いそうで、天空平の工事には
友人は関与してないので、地形に関して詳しい事は、知らないそうです

ただ、氷見市には北陸最大の前方後方墳があり、遺跡に関しましては
地元の教育委員会などに問い合わせたり、HPで調べる事が出来るそうですよ
また桜町遺跡の話ですが、私共の記事で宜しかったら、使って下さいな

桜町遺跡に関しましては地元、小矢部市の教育委員会などに、色々な資料が
あるそうですし、富山県埋蔵文化財センターには、各市町村の遺跡の
資料が揃ってるそうですから、そちらのHPにも行かれる事を、お勧めいたします

また私の友人に、埋蔵文化財センター関連の仕事を、してる者がおり
この友人の話だと、調べたい事を具体的に説明して頂ければ、資料の提供も
ある程度は可能だそうですし、HP宛にメールを送られるのも一考かと…

それと余談ですが、富山県と島根県の遺跡は似ていて、何か関連があるかも
知れないという説があるそうです…(海や川を船で行き来してたかも?)
欲しい資料がございましたら、今回は私宛に、ご連絡下さっても大丈夫ですよ
ご親切と、ご厚意に感謝します♪
史実探偵: 平 素人 | URL | 2009-05-26-Tue 00:08 [EDIT]
隊長Mさま> コメントありがとう御座います♪
色々に話し合われたのですね(^^)。 私 素人が言っていることは、専門家ならなおさらに信じがたいことだと思いますよ。 なにしろ専門家(大学・博物館)・行政・教育委員会・新聞社等に資料を送り続けて20年、全く相手にされませんでした^^!。 その数、千通は越えるかもね。 私の本意は(別紙・電子版報告書)にありますが、現存の人文・自然史学をもちいて、今までにない<惑星衝突学>を説明せねばならず、間違いも含めて色々に書いてはありますが、それ等は知識としてではなく、その都度調べて書いたもので、そのほとんどは身に付いていません。^^! わたしは<この広報>を(世界史を相手の)50年戦争と位置づけていますから、あと30年の頭脳寿命はとうてい無理(笑)。どうしたらこれが世に伝わるのか?その謎が未だに解けない!専門家がだめなら<一般の人>に♪、と思いブログを始めました。この先どのように展開するかは分かりません。どうぞ今後ともよろしくお願いいたします。(深礼)

釣りじいさん | URL | 2009-05-29-Fri 16:53 [EDIT]
奈良県櫻井市で卑弥呼の時代の土器が発見されたようですよ~、ネットで見てくださいね!!
情報に感謝します♪
史実探偵: 平 素人 | URL | 2009-05-29-Fri 22:11 [EDIT]
じいさま> 情報ありがとう御座います。
奈良県櫻井市の箸墓古墳は、卑弥呼のお墓として最有力ですよね。
興味があります。いずれ卑弥呼のお墓を自分なりにつきとめたいなと思っています。
まだまだ時間の余裕がないのと不勉強ですのでしらべてみます。ありがとう御座います(^-^)♪

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 2005 卑弥呼が埋めた「大量の銅剣と銅鐸」. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。