卑弥呼が埋めた「大量の銅剣と銅鐸」
此処に出雲と同様、“大量の銅剣”が埋めてある! 全国歴史ファンの方々、三上山に集合せよ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
<倉敷市船穂に銅鏡の入魂遺構ありと予見する!>
 このブログ記事をご覧の歴男歴女の皆様へ、
本年('15)の冬至の朝<船穂町神戸>に 「 集いませんか^^?」
   地を這()う、その旭光を身に浴びれば、何かが変わるかも・・・^^♪
  但し、その日の朝、都合よく旭光を拝めればの話ですよ^^! 
  
ん?、冬至十夜のてもあるぞ(笑い)


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
岡山県<倉敷市船穂に銅鏡の入魂遺構ありと予見する!>misstionⅡ

「光陰矢のごとし」と、言うが月日のたつのは早いもので、
銅鏡の入魂施設とした環状木柱列遺跡は、「新たに入手した銅鏡に冬至の旭光を照射し入魂する(包パオ)施設であり、納戸とか納屋(納谷も出てきました)と呼ばれていたのではないか」としたブログ記事を書いて6年が過ぎました。その間、I.>先生を除いて、未だに何方さまからも相手にされていない。(笑い)
   (注:冬至の旭光 =四千年前東北に光臨した巨大隕石が放った閃光 →myブログ&別紙報告書に)
< 御先祖さまの思い>
ほんとは、冬至の前夜からはじめて、次の朝一番に昇る陽射しを取り入れたいところだが、お天道様は、かならずしもその日の東の空を天気にはしてくれない。「折角だが、来年にしましょうや」 ともいかない・んで^-^! 冬至当夜は“冬至十夜”として、12月21日~12月30日のあいだで晴れの旭光が迎えられれば、「それで、ヨシ^^」と考えるのがワイルドな展開^^!  もちろん(太夫)御坊は、冬至当夜からはじめて、その日の朝がくるまで“不眠不休”でお祈りをする。鳴り物の鐘(カネ)や太鼓をうち衆人もそれに唱和する。今日では、それが除夜の鐘をつきお正月を迎えるようになっている。その歴史は連なっている。今、私達が為している行為にその謎解きのカギは潜んでいる。  (以上がこれまでの展開です。) (^-^!)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<光陰矢のごとし>
さて、この記事の本題に入ります。
('15/05/24)何方さまから拍手をいただいた。何分、拍手もいただけないような長駄文を連ねている素人であるから、拍手を頂けるとうれしい。各々の記事は、知識として書いているのではなくて、こども心と遊び心に絡めて、その時々の不思議の探求としての調査やヒラメキとして書いているものだから、その全ては覚えていない。 何んで^^?拍手が頂けたのかと、その記事を反省も含めて読み返すようにしている。それで^-^!「光陰矢のごとし」の言葉に行き当たった。

<なぜ「光陰矢のごとし」というのか?>
ウエブで調べると、中国の詩人がつかったのが始まり等・・とある。中、和の論争はさておいて、
この私(素人)が考えるのに、時の速さを光に例えるなら、「光日矢のごとし」と言えばよく、陰の字はいらないと思うが? 光と陰は、明と暗をあらわす反対語であり、瞬く間をいう言葉としては、陰はブレーキとなり、その意に反する。漢詩に「花落つることしる多少」の記憶があるが浅学の当方としては、これ以上の深入りはしたくない。と、このような愚からこの記事を始めます。

前記事に銅鏡の入魂施設(!?、とした)3施設がある。 
  岡山県倉敷市の 船穂町神戸コオド遺跡 ← 仮称であり、その存在確認さえありません。
  富山県小矢部市の 桜町遺跡
  石川県金沢市の チカモリ・遺跡 
このなかの、岡山県倉敷市船穂町の高徳寺で、その昔は新島・高量山(にいじまたかくさん)と、呼ばれていた。というのが気になっていた。“新島”は、近代まで浅口と呼ばれていた地域であり、大川である高梁川の河口付近に位置することから、その昔は浅海か、河口のなかにあっての島であろうと容易に想像できた。だが、「高量山・たかくさん」が読めない。<量>の字が推めない。・・・何故「量」の字をつかうのか? 冬至の旭光を、倉敷市○○の向山から迎え、そこに「供物」を供えるのが主目的なら、なにも「量」の字を当てなくてもよい。前の拙記事で「供物を供える為の台」と、したのは間違いではないのか。台としての使用なら○○台とか○○平と付名すればよい。さらに、朝陽を銅鏡に入れ「封印する」考えもズレていたと思う。封印ではなくて “入魂”なのだ。

その<伸びゆく影>が、と前記事に書いてあった。
自分でも、それと書いていながら気付いていない^^!。・ そうだ!!。(光)陰なのだ。影なのだ。現、高徳寺がある谷の入り口に土を盛り、その<延びゆく影の先端>が谷奥の環状木柱列に届くように設えたのだ。その為には、環状木柱列と<定めた場所>へその影()が届くには、土量を高く積まねばならない。だから量なのだ。・・なぁんだぁ~、高くしたから 「高量山・たかくさん^^♪」 ご祖先さまからの伝言は、そのままに受け取ればよかったのだ。今に仏飯を高く盛るのはこのことからきていると、私は断言できる。そして四国香川県の飯野山(讃岐富士)飯山町の地名は同様な文化を引き継いでいることを意味する。でないと、この山を飯になぞらえる発想が思いつかない。仏様でも山盛りご飯は食べにくいぞよと思うのが子ども心。(笑い)

<その入魂儀式を再現する>
その環状木柱列の普段に、屋根や壁があったかどうかは筆者は知らないが、日の出の旭光は、時間がたつにつれて高くなる。この儀式をする時は、他の光をさえぎるために入り口だけを残し、周りを囲う。この建屋の奥に安置した銅鏡に高量山の影が伸びて入り込む時間は長くない。もたもたしていると(^-^!)、せっかく入った太陽神(光神or、荒神)は、その影とともに逃げてゆく。その影が入り込むやイナヤ素早く戸口を閉める。あるいは「幕を下ろす」。このような儀式がキット行われていたはずだ。備中神楽において四方を囲んだ注連縄を二武神が斬るしぐさや、力士のサガリや幕内力士の土俵入りで化粧まわしの上げ下げのしぐさは、そのことに関係していると推察できる。さらに、横綱、土俵入り(←矢を射る)、太刀(たち←断つ)、その他、筆者の知らない相撲の言葉や“シキタリ→仕切り”の解明は貴方さまにお願いしたい^^!。

  <岡山県倉敷市船穂町神戸に環状木柱列遺構あり(あった)と予見する!> 
          (ふなおちょう ・こうど)                (史実探偵: 平 素人 )
船穂町は、縄文の昔は海辺であった。その後の海退やら埋め立てやらで今では陸中にあり、新田の地名もある。ここに西之谷地区がある。そこに灌漑用の池があり、その上に神戸の地名がある。この谷の西に里木貝塚があり人骨も出たそうだ。四千年ほど前の三陸地方に巨大隕石が落下し、大津波がこの地に押し寄せたことは、myブログ等で報告している。この地の祖先は、その津波の波打ち際に<神戸・こおど>の地名を付けた。時は流れて “卑弥呼が関係し” 銅鐸文化から銅鏡文化へと移っていった。 ( この詳しくは、別紙電子出版 「巨大隕石と大津波」や myブログ で述べています。)

<ご先祖さま、嘘つかない^^!>
 銅鏡の入魂施設、環状木柱列(ウッドサークル)設営場所の条件^^!。
銅鏡は製作・入手したそのままで、御神体として使うわけにはいかない。そこで、冬至の旭光(なぜ冬至の旭光なのかは、前々の記事をご参照ください。)を呼び込んで太陽神を入魂する。その施設は、大事な祈祷・儀式であるから 「どこでもいいや」と、いうわけにもいかない。“その昔四千年前の冬至、東北に降臨した巨大隕石が発した東方からの巨大地震や、大津波が入り込み、その旭光が入り込む谷あい、あるいは、平地ではそのように植樹した。この二つの条件が要る。祖先は、その入り口に山を盛り(高量山たかくさん)あるいは、その条件に位置する山影が「光陰矢のごとし」と届く場所に、その入魂施設を設営している。
<船穂町・西之谷>の谷を少し入った所にある池の上(カミ=神)に、表題の環状木柱列は建てられていた。工事等で荒らされていなければ、今でもその柱根や柱穴は残っているはずだ。
この祖先からの伝言 『神戸・こうど』には、1%の欠損もない!。コウド=光道・こうどなのだ!!
そうでなければ、その史学からも忘れ去られ、どこにでもあるようなこの小さな谷あいに、
ご先祖さまが 『神戸や、高量山・たかくさん』という二つの特異な地名を付ける必然性が思い浮かばない。^^!


<モデル地区船穂町>
こういった施設は、住民、人口が増え社会基盤が大きくなるにしたがって、だんだんと大きくなっていったり、増えていくのが世の常だ。小域の岡山県船穂、中域(?)の富山県桜町、広域の石川県チカモリ遺跡へは、同じ文化が広がっている。桜町には<子矢部>の地名も遺されていた。子は大人になる前段階のことで、矢の字は「光陰矢のごとし」^^。今の矢ブサメ等の神事は、このことに始まっていると推測できる。 このような入魂施設は、銅鏡にはじまり、その他を御神体として使用するモノへの入魂も考えられることから、貴方さまがお住みの近くにも、あったかも知れないし、あるかも知れない。しかしながら、逮捕権を持ち合わせていない素人探偵ができるのはここまでで、その探索や発掘は貴方さまや専門家にバトンタッチしましょう。

( おわりに )
これ等の論があなた様に伝わらないのは、その史実が無かったからではなく、わたしの論法が拙いからだ。‘地名’は、その昔 「そこで何があったかを語りかけている祖先からの言葉であり、
記録である」 そして、祖先が私達に残してくれている遺産である!! 

                                    (↑myブログよもやま話Ⅱより)
もし、あなたが、現史学が、その地名の全てを「歴史としては不確定で変わりやすいもの」と受け取っておられるうちは、決して祖先からの声は貴方には伝わらない」 (ゴメン、ちょっと言葉が過ぎました^^!)

<・・と!? このように結んで> この記事の“幕を下ろす”つもりでしたが???
  その確認のために地図を見る。 ヤフー、グーグルアース、国土地理院、等々・・・
  ところが、国土地理院の<電子地図Web>で私の意に反する??ものが見つかりました。
  その高量山は、私の思っていた円形ではなくて南南西から北北東に長い長円形であった。
   次がその電子版を参考にして緯度経度、等を書き込んだものです。
           (地理院の了解とっていないのでよろしく^^!)下手でゴメンナサイ^^!)。

 <新島 高量山 : 高徳寺 周辺地図>
    にいじま たかくさん (人家を略しています)
    北緯34°35′32″, 東経133°42′40″,  標高7m 
広徳寺高量山の2
 
< 高量山は長円形であった!!>
前回の調査では(電子出版・報告書「巨大隕石と大津波」p57 祖先からの伝言パート2,モデル地区船穂町
それが長円地形であったとは意にも留めていなかった。なぜ、長円形にしたのか?円形なら、ともかく長円形では、その方向性が重要な意味をもってくる。ご先祖はその方向性を重視して、わざわざ長円形に築いている。その方向を見ると旧庄屋宅となり、私が環状木柱列の所在と思っていた溜め池の上・の神戸ではなくなってくる。

<いざ、現地調査へ>
高徳寺と呼ばれる、その古刹は真言宗で御本尊は毘沙門天。石垣で○mほど高く築かれた立派な構えである。グーグルアース ・ストリートビューでは、良くぞと思われるぐらい。周囲の細い道まで入っていける映像が楽しめるので是非おすすめしたい^^。さらに、広徳寺をクリックすると、その由来やら歴史の詳細ものっています。

<高徳寺・高量山>は、
現地に立つとかなりの土量である。素人が論じているのは、今から1700年をさかのぼる卑弥呼以降の話である。もとの地形を利用して、その形に盛ったとも考えられるが、円形の方が土量も労力も少なくてすむ。近年かその昔かは知らないが<防ケ砂ぼうがさこ>の地名も残っている。なのに、なぜ長円形にしたのか? 天井川でもある高梁川の堤防上にたち、高徳寺を正面に拝んだその先は、筆者の思っていた溜め池の上ではなくて、旧庄屋宅を向いている。未だ見ぬ環状木柱列の所在は、溜め池の上か?、 それとも図面で12・3°角ずれての旧庄屋宅となるのか??

<この12・3°角のズレは大きい!>
もし、旧庄屋宅がその入魂施設の跡地ならば、対岸の冬至の朝日が昇る山とした倉敷市の向山(公園)からは外れてしまう。それは出来ない。なぜなら、(縄文の?)祖先は、今は陸中にあるが当時は海中にあったであろうと想像できる近くの山に連島とか片島の島名をつけている。ならば、“向山” にも当然、それと同じように、沖島・向島・遠島、等の付名でよいところだが、島名でなくて山の名をつけている。このことは、祖先は、特に変わっているとは思えない山姿のこの山を見て、“冬至の太陽の昇る位置を観測していた” さらに、その背後にみえる金甲山付近の山に貝殻を運んで‘貝殻山’にしている(別紙報告書)。なぜ、この近くで一番高い金甲山(403m)ではなくて、なんの特異性も見当たらない貝殻山(289m)なのか? ちなみに貝殻山は、高量山からの東西線より大見当で(5°角?)南へ振っている。さらに、貝殻山遺跡は、愛知県や千葉県のほうにも、あるそうだから、これ等も類推してみる必要がありそうだ。その入魂施設の跡地は、溜め池の上(34°35'35″N, 133°42'24″E)か? 旧庄屋宅(34°35'36″N, 133°42'29″E)か? 困ったコマった^^!。

「地球の歳差運動」
これは、前々の報告書やブログ記事でも申し上げましたが地軸がコマのように軸をふって回転していて、今の北は、北極星方向にあるが○○年後には○○座方向にズレてくるというもの。
英国のストーンサークルの当初は、巨石を立てて冬至・夏至?の朝陽が中央の生け贄台に差し込むように設計されたが、その構築には時がかかりすぎて、始まりからいえば700年もかかり 「途中止めにしたのではないか」と聞くから、筆者は、時とともにこの歳差運動により陽光がズレて役に立たなくなったら途中止めにしたと謎解きした。(myブログ:英国のストーンヘンジより)
他方、「石川県のチカモリ遺跡の発掘;総数350本」と、聞くからその立柱10本として、その老朽化による建替えは、伊勢の遷宮20年を勘案すると、苦しくもその歴史は700年になる。さらに、その方向性はズレていたとも聞くから陽光にあわせて修正していった^^。(こっから先は天文家に^^!)

<入魂施設の跡地は、池の上か? 旧庄屋宅か?>
堤防川幅600mの高梁川の堤防上( 注: この標高16、6mは場所によっては日の出光をさえぎる.)にたち高徳寺を正面に拝んだその先は、池と思しきところではなくて、旧庄屋宅だった。 その○○氏宅は、庄屋宅の名にふさわしく長屋門や蔵を備えた立派な構えであり、近代建築が進むなか、その保存にかける思いが伝わってくる。邸宅内をお伺いすることは出来ないので、国土地理院のwebや、グーグルアースで、確認すると建物に囲まれた広い中庭があり、植え込みがなされている。 ここか!!?? もう一方の“池の上”は、川底1mほどを渡ったところにあり、橋は無い。竹が立錐の余地もないほどに生えている。前回訪れたときは、おそろしくて近寄ることも出来なかった。それとも、 ここになるのか!!??  (※ グーグルアースの、ストリートビュー映像で可視できます^^ ) 

<神戸入魂施設と、高量山と、向山との位置関係>
  神戸・池の上←  約0、36km  →高量山・高徳寺←  約6、5km   →倉敷市・向山
  標高、約14m                標高7m          向山公園の標高96m
                     →  約24km~25km先  → 金甲山(403m), 貝殻山(289m)

向山は、北西~南東の細長い山で最高が99m、冬至の日の出の位置が分からないので、
仮に、その位置を向山公園の96mとし(算数苦手な筆者ではあるが、)向山から日の出の光が
差込み高量山の影が、神戸・池の上,に届くようにするには、高量山の高さを標高18、3m
にしなければならない。標高7mの高量山では、高さが11、3m足りない。・・・・・、(> <?)

先の報告書等で、『地球謎学ブック』平川氏の話をしたことがあった。私達は水平線のかなたを見るとき60km~100m先を見ていると思っているが、実は、170cmの人が東京湾にたつと5・6km(この数字は不確かな覚えであり、あとで調べます^^!。)先の水平線しか見えていないと言うものであった。このように、地球は丸いのだとも。さらに、帆船が行くとき船体から見えなくなって、帰るときは帆の先から見えてくる話もあった。 これを考えても、 土を盛るのがキツクなってきた!! ・・・、さて、どうしたものか・・・???

そうだ、高徳寺の御本尊は毘沙門天だ。相撲に関係している。国技館では長いノボリが立つ。
足りない分<塔か、ノボリか、錫杖か、剣・槍を>立ててやれ?と、ご先祖さまが言ったかどうかは、その昔のことなので責任が持てない!^-^! これは無理ヤリの語源かも(笑い)
  さらに、高徳寺の下からではあるが両手を合わせた大きな石刻が見える。新造ではあるが、これもキットなにかのイワレがあってのことに違いない。私はかつて尾道の千光寺を訪れたことがあったが、その山上に二つの石を据えて、そのスリットから冬至の朝の光が差し込むとの説明書があったと記憶している。そして、朝な夕なに、朝日を拝み、夕日を拝む古老の話をしたこともある。わたしが両の手を合わすと隙間ができる。さて、貴方さまは、そのスキマから何が見えますか・・・(^^?) えっ!スキマが出来ない? それは残念(><)!

<結び>
入魂の施設が、溜め池の上か? 旧庄屋宅か?は、解明できなかったが、高量山と、土俵を高く盛る(仏飯をたかく盛る)という、これ等の事実は、全くの無関係ではない。素人探偵の拙い報告書に間違いや、貴方さまからの反論はあると思う。その反論が大事なのだ。その反論に正答がでないは、この私くしが至らないからで、その史実がなかったからではない。この謎解きにジャンルはない。その反論を究明し 『より正しい学問となす』 のは、貴方さまや、それぞれの道に長けた専門家の役目だ^^。それには、船穂町神戸に 「 ある。あった。」 と思われる銅鏡(その他も?)の入魂施設の柱痕跡の発掘から始めなければならない。この私くしが、ツルハシ担いでスコップ片手に(^-^!) という分けにはいかない。地方創生をいう昨今、倉敷市船穂、富山県桜町、石川県チカモリが、コラボしてあたればより強い観光資産になりうる^^。ことが成ってからの寄りまくりなら誰もができる^^!

貴方さまや、貴方さまが関係する機関の“参加、発信”を 強く希望します。   □
                   2015 / 6 / 28     Messenger : 平 素人

   さて、貴方さまは、どちらになさいますか^^?
<出土する前を楽しむ? それとも出土してから騒ぐ^^!>
ⅰ そんなことは、初めて聞くし興味もない。卑弥呼がどうだとか、今のわしには関係ねぇ。
                                                (他趣味な人)
ⅱ 何かの遺物が出ているならともかく、地名だけでは(税の使用)動けない。動かない。
                                             (行政&現史学)
ⅲ 著名な史家なら、ともかく、実績のない素人の言うことなど、とても信じられない。(歴男)
ⅳ 目からうろこ」 発掘に関係して、観光資産^^・事業にしたい。(起業・社長)
ⅴ 現地を訪れ、冬至(十夜)のその旭光を身に受けて、ご利益を授かりたい^^。(歴女)
ⅵ 面白い。先が楽しみ、声援(コメント応援^^♪)します。(観客&報道)
     '15/6/28 で、この記事を完了しました。これを関係機関へ送ってみます。^^!

さて々、何人のお方さまが “本年の冬至の朝” に倉敷市船穂に集って下さるでしょうか^^!
   ・・・以上、<出土する前を楽しむ♪>お方さまは、↓をポチッと押してみて・(笑い)



     銅鏡の入魂遺跡                                     
<出雲のウッドサークルを捜せ!> misstion - Ⅲ      ’15/10/10
(はじめに)
このキッカケは、国土地理院の地図で四千年前の津波の地名探索を (myブログ・カテゴリー出雲地方)している時であった。この地に<神戸川>の地名をみた時、つよい興味を覚えた。なぜなら、当時の筆者は、兵庫県の「神戸・こうべ」 以外には、おおきな関心はなかった。すでに<戸>の付く地名は、四千年前に発した“巨大津波の津波際の記念碑”だと謎解きしていたが、兵庫県但馬地方と、遠く離れた出雲の地に同様な地名があることが意外であったからである。「神戸」の読みには、その土地、々によって、「こうべ、かんべ、こうど」等があるようだが、未だに出雲の<神戸川>の読みを筆者は知らない。それは、それでさておいて(^^!)

<同様な地名に同様な文化あり>
移住した人達がふるさとを想い、そこに同様な地名をつけることがあるが、それはそれで全く関係ないとはいえないのである。「神戸」は、通常の発想から生まれる一般名ではない。ましてや地名に「神」という特別な名を付名するには、その地に相当な祖先の思い入れがあったからだと思えてならない。

<銅鏡の入魂遺構(ウッドサークル)としたその共通点>
今一度、前述ブログの三地域と、出雲の④を掲げてみよう。
  岡山県倉敷市の 船穂町神戸(コオド)遺跡 ← 仮称であり、その存在確認さえありません。
  富山県小矢部市の 桜町遺跡
  石川県金沢市の チカモリ・遺跡 
   環状木柱列の、所在      冬至の日の出、指標    谷間から眺めた日の出の場所
① 神戸・こうど(西之谷)     → 高量山・高徳寺 →    向山公園(岡山県・倉敷市)
    岡山県・倉敷市・船穂町                (東西線からの南角度: 約    )
② 桜町・遺跡      → (~約700m)神社名・未調査 →  高岡・カントリークラブ
   富山県・小矢部市                    (東西線からの南角度: 約    )
③ チカモリ・遺跡  → (~約1, 2km)西金沢公民館 → 涌波・日吉神社(石川県・金沢市)
   石川県・金沢市      隣接する神社名は未調査^^!     太陽が丘・北陸大学
                                   (東西線からの南角度: 約    )
④ 出雲市・神戸川流域を捜せ!? 
   “同様な地名に同様な文化あり” 
   ならば、出雲の神戸川流域にも、その施設はあるはずだ!
    ・・・・、 あったぁー!!
     <間谷・アンヤ>    →     <神谷>    →      <朝山町> 
出雲市○○に<神谷>、そして○km離れた東に<朝山町>、この「朝」がつく山名は、これより西に住む人達がつけた山名であり、それより、北や、東や、南に住んでいる人達がつけた地名ではないと、別紙報告書(巨大隕石と大津波)で述解してきた。なぜなら朝日は東から昇るとの単純な理由から(笑い)。そして、これ等の西に、小さく隠れて知井宮町に<間谷・アンヤ>があった。「間谷」とは、暗夜、闇夜の意を含んだ変形ではないのか? そして、「間」の字が表す字姿は、谷あいに射し込む朝光を表しているともとれる。前記事で述解したモデル地域、倉敷市船穂町 の地名3点セット(神戸・高量山・向山 )との言葉や表現の違いは、かなりあるが、その意味するところは同じである。・・・と、・・喜んだのはつかの間 ・・・、

<間谷・あんやは、谷あいにはない!>
ご存知のように、出雲・山陰地方の河川の多くは、南の中国山地から北の日本海側へ流れ込む地形をとっている。冬至の旭光が射し込む東から西へ向かっている谷あいはほとんどない。それとも、出雲IC.の近くに立つ鉄塔・標高26mに立ち、山波をとおして東の朝山(標高188m)方面をながめれば、その山稜から、その日の出を拝むことが出来るのか?? 木立が一本あっても、その陽射しを遮ることはある。現地に立ってはいないのでその様子が見えない。 ・・・万事休す!!!

“Google earth” のプレビューで、‘間谷’付近から、東方の‘朝山’を見るべく走破・探索して見るが朝山の山稜は全く見えない。<間谷 >→<神谷>→<朝山> このラインは間違いなのか? しかし<神戸川>や、前記事で “神戸=光道”とした<神門町・こおどちょう>の地名は現実として存在している。この<間谷>の地名は、衣食住だけの生活から発生する地名ではない。それと推み解けないのは、この私の考えが至らないからであり、祖先の伝言に偽りはないはずだ。

<朝山神社・朝山八幡宮>
ウエブで調べると、その昔には、「全国の神々は出雲大社の神在祭の前、旧暦10月1日から10月10日まで(新暦では、およそ11月の下旬?)この神社に立ち寄ってから出雲大社へ向かわれると伝えられる」 とあり、このことは、銅鏡に冬至の朝日を迎えて大社の方へ向ったことが、のちに常態化したのではないだろうか。<神門>の字をあてているのは、その通り道なのだ。間谷の丘部を外れて、もう少し北から眺めれば朝山の稜線から昇る日の出が拝めるのではないか・・・?

<真幸ヶ丘(まさかがおか)公園>
この 真幸ヶ丘公園の標高は○mで、JR山陰線を挟んで間谷の北側に位置する。
・・、 まてよ??
「間谷」とは、このJR線の谷あいを云うのではないのか! この丘は、南側を除き周りはほぼ平地であり、行政区は知井宮町ではなくて神門町に入るが、この丘からだと “朝山の稜線”が見えるのではないか? <真幸>は、「真っ向」とも読み替えることが出来る?(^^!)。 プレビューで見る東方の山波は、朝山ではないのか? この公園に六角形○階立ての少し大きめのビルがある。何故、六角形にしているのか?普通に考えれば、四角形ビルが通常であり、何故、 六角形にしてあるのか不思議でならない。 これは、全くの推論であるが、その昔、ここに何かの“伝承”があって、六角堂ならぬ東屋風の構築物があったからではないのか?? この考えが当たっていれば、ここに 「環状木柱列・ウッドサークル」 があったことになる。是非にそのイワレ等を聞きたいと思うが残念なことに、今は、広場や、テニスコートを備えた大きな公園に変容?整地されている。

   旭光 地名ライン( 神西湖~高瀬山,の周辺地図 )

















<高瀬山>
朝山のさらに東方○kmに、この<高瀬山304m>の名が見える。山々に囲まれたなかの高瀬山である。普通「高瀬」とは、水に関係する言葉であり、山々のなかに「高瀬」と地名にする必然性が思い浮かばない^^! 筆者が何故、この 高瀬山に注視するかというと、先のブログ記事<船穂>であった<神戸→高量山→向山→貝殻山>ラインの4点目の配置に酷似しているからだ。
つまり、<間谷→神谷→朝山→高瀬山>が意味することは、貝殻山=高瀬山 と同様であり、この推みが正しければ高瀬山には、その山上に“海産物を運んだ遺跡”がなければならない。

<出雲市・「高瀬川と」、倉敷市船穂「高瀬通し」、の共通名の不思議>
前の記事<船穂・ふなお>の地図に、『高瀬通し』という水路を潜ませていた^^。この 高瀬通しは、その昔、商港だった玉島港と高梁川上流の高梁市をつなぐ物流ラインで昭和の初期まで底の平らな高瀬舟に綱をつけ、それを両岸で引っ張り、上流に物資を運んでいたそうだ。ちなみに、高瀬舟の発祥はこの岡山の地からだと知った。この例を取り上げるまでもなく、総社市の吉備津神社の神殿は、出雲大社のほうを向いているとも聞くし、さらには、船穂町里木神社の祭神を父にもつ娘が出雲のスサノウの尊(みこと)へ嫁いだと、その表示板にあったとも記憶している。これ等のことから出雲文化と吉備文化は、相互に交流がありおおきく関わり合ったことがうかがえる。
 出雲平野の高瀬川は、国土地理院5万分の1の地図で見ると東西がつながって一本の川に見える(^^?)。そして、真幸ヶ丘周囲の標高は、先の船穂地区にあった<新島・高量山>あたりの標高5~6mに一致する。それが同じ時期だとは断定できないが考えの内には入れておきたい。
 次は、全くの想像ですが、当時(弥生期のその昔)、現在の標高5~6mまでは海であり、高瀬川の西は日本海へ流れ込み。東へは渡橋町の“境町、辺りを分水嶺”にし、大津町をへて斐伊川に注ぎ、さらには宍道湖へと流れ込む。これは、波高の荒い日本海を避けて、西の日本海と宍道湖をつなぐ(徐福団の)航路としていたのではないか??
  ・・と言うのは、前々のブログ記事、(カテゴリー出雲地方、吉備地方)で申し上げましたが、船穂の「高瀬通し」の上流に、水面高さの高い高梁川へ物資を載せた船を運ぶ時、スエズ運河と同様な方法で樋門の開け閉めが為されていたとあり、それはパナマ運河より、二百数十年も前のことだとその説明板で見たことがある。このように東西へ分かれる二つの川を航路としてつなぐ時、運河の施工が要る。もし、出雲の高瀬川が東西をつなぐ航路として使用されていたのであれば、出雲の高瀬川にも、そのような水門がなければならない。そして○○○あたりにある溜まり池は、その船待ちのなごりかも知れない(^^?)。

<西神湖・さいじんこ>
西神湖<間谷→神谷→朝山→高瀬山>このラインは、ほぼ東西の一直線上に並んでいる。
この地の祖先は、冬至の荒ぶる神=光神(こうじん)様が、東の高瀬山に出でて、→鐘築→朝山→神谷→間谷・真幸ヶ丘→西神湖の地名を意味づけの為に一直線上に置き、それを信仰の対称としていたと推論出来る。その根底には、四千年前、東北地方に巨大隕石が光臨し、列島を揺るがした巨大地震と巨大津波への畏怖が潜んでいる。その時の大閃光をこの地の人達が直接見たわけではないが、その伝承を補助し“列島流布への媒体”となったのが魏の始皇帝から不老長寿の薬石を見つけるべく、3千人の童男童女を受けて列島に分団し、それ等の集荷網をつくった“徐福達”だとした。 出雲神戸川河口に<唐島>。そして、先の船穂地区には少しはずれるが<唐船>の地名が残っている。このように出雲の“間谷”と、船穂の“神戸”は酷似している。出雲の方の名づけは無理矢理感があるので船穂に習ったかも知れない^^。(詳しくは、前々の記事へどうぞ^^!)

( 結 び )
一連(関連4ヶ所)の謎解きをこれで一旦終えますが、筆者の目的は、皆様がこの報告書をキッカケにして、これに気付いて下さることであり、これ等の歴史をよく識る貴方さまが、この報告書に含まれる誤りを正し、より確かな学問へと成して欲しい。知井宮町の智伊神社の神紋には『弓』の字が使われている。“本年(2015)の冬至十夜の朝” 出雲市神門町 “真幸ヶ丘公園の六方郭”に上り、東方の朝山方向から昇る旭光が、その昔と同じように、その光 「矢を射るが如し」と射し込むのかを? 皆さまに是非確かめて欲しいと願っています^^!。
            Oct.10,’15    史実探偵: 平 素人  □
英国にもナスカと同様な地上絵があった!
         英国にもナスカと同様な巨鳥の地上絵があった!!   
                【 お知らせとお礼です。】
        本日'14,2/28の追記をもってこの記事を完了します。^^!
   <新しい訪問者さまへ> ご訪問ありがとう御座います。
      当ブログは、卑弥呼を掲げていますが全ての記事は関連モノです。
       カテゴリー別で、順次ご覧になると読みやすいかも知れません。
拙著の電子出版  極秘報告書「巨大隕石と大津波」 (タイプ:PDF サイズ:11,425Kb)の 方へ、      ↑を、クリックして下さると、そちらへ飛びます(無料の立ち読みあります)
  【クリック順】 トップページへ → 自然・科学・工業・学術 → 自然科学 → 2件の表示あり


感謝の極み、どうぞのご参加を! (^-^)
 平 素人(ヒイラ モト) | URL | 2014-02-02-Sun 18:36 [EDIT]
中村唯史様> コメント有難う御座います♪。
そのようなお方様から、このようなコメントが頂けるとは感謝の極みです(深礼)。いまだかつてその筋のお方からのコメントは一切頂いたことがありませんでしたから^^!。先ずは“論説の提案”ではなくて推理(既存論の再構築)の報告書です。次に< 既存の説の根拠となっている事象についての検証と、新たな説の根拠となる客観的証拠の提示を!>と、頂きましたが、←カテゴリー「巨大隕石」をご参照の程^^!、 ドがつく素人にとってはどちらも難しい課題です^^。
 特に「祖先からのメッセージ」については、“淘汰されずに残っている伝説伝承の不思議” の追求としか申し上げることが出来ないのがツライ(^^!)。どのように言ったら先様や世間様が、そのメッセージ=史実に 『気付いて』 下さるのかその謎がいまだに解けません。私は、逮捕権のない素人探偵であり警官や検察ではありません。これから先の究明は専門家にお願いしたいのです。この世紀を変えうる大論への御参加と御指導が頂けたらこの上のない幸いです。

 さらに、当方の掲げるものは、拙にして誤りも含まれているとは承知しています。 さらに々、
     “自然界には例外という事象が必ず用意 Camouflage されている”
     その不条理の大因は、(破壊性粒子)d = 0.π D(生産性粒子)にあり^^ (拙電子出版より)
貴方さま>が、その反論の解明や、その明らかな誤りを正して下されば、どんなにこの史実が強固になることでしょうか・・・、今は、その反論さえ頂けない状態です。トホホのほ (敬白)
      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    面白い文面↓(うらみ節^~?)を見つけました^^。
私)が言う二つの巨大隕石!! (「卑弥呼」への足取り ・そのⅣより、) 
『南極大陸は6500万年前の巨大隕石だ! と、BC2001年の12月に地球を半周して東北地方に落下した巨大隕石!』 は、素人の確信とか妄信とかの言葉で表されるものではなく、
< 祖先が科学として、地名として遺しているものから導き出した史実だ。> それを言うのに、この私がいかに大口をたたこうが控えめに言おうが、そのことには関係なく、すでに歴史の流れに組み入れられている。 そのことに現科学が、貴方が何時 『気付く』 かが残されているだけだ。それが私の存命中であって欲しいと願っています(笑)。






         A Big comet fell down in 2001BC,                                                                                                   To  Ms.*** You  
I do not have most of English for this report. There may be of this reason. I'm sorry. ( This English translation is Yahoo translation.)


   「 竜は隕石、竜は神 」   True form of God! 
時は、BC.2001年の12月24日。イースター島の上空より侵入したその彗星は、分裂を重ねながらナスカの上空を経て欧州時間で12月24日のpm8:30頃、ドーバーの夜空を飛んだ。さらに、この巨大隕石は、ノルウェーや、スウェーデン、シベリアを経て、日本時間の12月25日の朝6時頃、日本の東北地方に降臨した。祖先は、その驚愕をイースター島では、空を見上げるモアイ像として遺し、ナスカではその分裂を巨鳥として地上絵に記した。欧州では、その主核が赤かったことから赤い帽子のサンタクロースや、その後に起こった隕石の冬を黒衣をまとい箒星に乗った魔女伝説として語り継いでいる。巨石としては、ストーンヘンジ、カルナック列石、ストーンサークルを遺している。 日本ではその巨大隕石を竜として語り継ぎ、その時発生した巨大津波を津の地名で残している。さらに、それと聞き及んだ中国人(始皇帝の徐福団隊)は、その巨大隕石を龍画としてモンタージュした。 BC.2000年頃より始まったこれ等の文化は、この巨大隕石を引き金とした同一時、同一事象によるものだ。『 巨大隕石は竜に変身し、神になった。』 以上の詳細は、拙、電子出版; 極秘報告書「巨大隕石と大津波」 ←(クイック可)と、myブログ<fujorinokuukan>で広報しています。

Time is December 24 of the BC.2001 year. The comet than the sky of Easter Island entered. The comet flew in the sky of Nazca while being divided and flew in the night sky of Dover at about 8:30 p.m. of December 24 in European time. Furthermore, this huge meteorite flew in Norway and Sweden and the Siberia and descended in the Tohoku district of Japan at about 6:00 on the morning of December 25 of the Japan time. The ancestor built the surprise as the moai which looked up at the sky in Easter Island. People of Nazca wrote down the division to the picture above the ground as a huge bird. Because the main nucleus was red as for the European ancestor, they hand down the winter of Santa Claus of a red hat and the meteorite which took place after wards as the witch legend that got on a comet in a prompter. As a huge stone, they remain behind in Stonehenge, Carnac line stone, a circle of stone. The people of Japan talk down about the huge meteorite as a dragon and leave a generated huge tsunami with the place name of Tsu then. Furthermore, as for the Chinese who heard it, montage did the huge meteorite as a painting of the dragons. It is the same time when the culture of these which began with BC.2000 age assumed this huge meteorite a trigger, the thing by the same phenomenon. " The huge meteorite transformed itself into a dragon and became God." I am press-agenting the above-mentioned details in my electronic edition "huge meteorite and massive tsunami" and my blog .
          From: messenger (Mr.Sherrock Homeless)
史実探偵: 平 素人   
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
           ↓ To be continued to the ground picture of U.K.

          
  ('14, 2/22挿入)   拙;電子出版「巨大隕石と大津波」p24より、↓  
              ほぼ、同縮尺にしましたのでサイズの比較を!!
              その、彗星が現れた早朝の南東の向きにも注目!
              ナスカの地上絵の3

     

<There is ground picture same as Nazca in the U.K.>
            英国にもナスカの地上絵があった!!   June 30, 2013(記)
What is this ? 
         (註)もっとたくさん線等が描かれていますが、幾分かを省略しています。
      The ground picture of Fox Tor (※なぞり絵Overwrite)
英国の地上絵
    In Google earth, 50°29′ N, 3° 55′ W   衛星の画像取得日(2010/1/01)

この発見のきっかけは、英国の科学誌に6500万年前の「南極大陸大隕石」の二次的な隕石痕について投稿の準備をしていた時だった。これ等の巨大隕石の広報を始めて二十六年。
その二十六年の間、 I.氏>ひとりを除いて誰もとりあってもらえない。6500万年前の地球の90%を覆った巨大津波は、英国ブリテン島の全域を覆っていたから、英国の人達の身近なものでセンセーショナルなものはないかと “Google earth” をスクロールしていた。その時に発見(みつ)かったのが表題の地上絵です。 この写真の解析度は悪いが “Google earth” では、もっとはっきり確認出来ます。
It was time when the opportunity of this discovery was related to the secondary astrobleme of "the Antarctic Continent size meteorite" 65 million years ago to a British science magazine and prepared for the sending. 26 years passed after starting the public information of the huge meteorite of these. During 26 years, I have anything to do with nobody except one of Mr. I. The huge tsunami which covered up 90% of earth 65 million years ago wrapped up the whole area of the Britain Island. I scrolled "Google earth" to look for a sensational thing with the imminent thing of British people. At that time, it is the picture of the title above the ground to have been found. The analysis degree of this photograph is bad, but can confirm it with the Google earth more clearly.

時は、BC.2001/12/24,12/25(日付変更線で違い)イースター島の上空から侵入したその巨大彗星は、ナスカ、欧州、シベリアを経由し、日本の東北地方に降臨した。 祖先は、その驚愕をモアイや、地上絵、フランスのカルナック列石、そして各地の環状列石等に遺していると、私は謎解きしてきた。その中の、英国のストーンヘンジは、冬至の午後八時半頃に、ドーバーの空を飛んだ赤い巨大隕石に起因するとマイブログの(アーカイブ2010/10)で述べている。
At time, it is BC.2001/12/24,12/25, The huge comet invaded it from the sky of Easter Island and, via Nazca, Europe, the Siberia, dropped in the Tohoku district, Japan. The ancestor was astonished. The ancestor builds the surprise as a moai, a ground picture, French Carnac line stone, and a stone circle of each place of, I made a demystification. This one, Stonehenge of the U.K. is caused by the red huge meteorite which flew in the sky of Dover at about half past 8 p.m. of the winter solstice, I spoke it with my blog(in archive 2010/10).

ナスカ地上絵の謎解きは、電子出版「巨大隕石と大津波」や当ブログの“A Big comet fell down in 2001BC, (2008/07/01)”で、その詳細を掲載してきた。『 この度のブリテン島の地上絵は、そのナスカの絵に共通している 』 その巨鳥の広がりは未明の彗星の尾と隕石の分散を表現している。 2013年の2月15日にロシアを飛んだ隕石は記憶に新しいが、この時の衝撃は、それの比ではない。祖先は、その驚愕を地上絵として記し、そして、その衝撃音を、今、天空でガンガンと鳴り響く鐘の音に重ね合わせることに何のためらいがあろうか。
The demystification of the Nazca ground picture placed the details with blog “A Big comet fell down in 2001BC, (2008/07/01)” of electronic edition "huge meteorite and massive tsunami" and me. The picture of the this Britain Island above the ground is common to the picture of Nazca. The expanse of the huge bird expresses the tail of a comet early in the morning and the dispersion of the meteorite. The meteorite which flew in Russia on February 15, 2013 is new in memory, but the shock of this time is not this ratio. The ancestor wrote down the surprise to the ground picture. And, as for the sonic boom that an ancestor heard, as for you, is there a hesitation in being a bell to resound hard on the sky now?

<周辺の関連施設>
“ Neighboring associated facilities ” (※なぞり絵Overwrite)
地上絵と池

  In “Google earth”, 50°32′21″ N, 3° 53′28″ W
巨鳥の地上絵から北東に3kmほど離れた所に、Ryder’s Hill,Standing stones の遺跡がある。この遺跡を中心として、東西南北の方角と、その中間の線が描かれている。この線が、現在のNEWS線より数度西に傾いているのは、地球の「歳差運動」によるものだ。それを天文学者に計算して欲しいと私は願っている。
又、此処には綺麗な四角に削られた石と荒い表面の石がある。荒い表面の石は斜めに埋められている。斜めに埋められている石は、ストーンヘンジにもあった。私は、この石がその飛び去った隕石の方向と高さを示していると推理している。・・ん??、この遺跡はストーンヘンジに似ている。??, まてよ。似ているのではなくて、ストーンヘンジの方が、Ryder’s"をモデルにして造っているのだ。このような遺跡は小さいものから段々と大きなものに発展していくのが常道だ。何故それがヘンジに移ったのか? その答えは、此処が岩表地帯であり雨の日には足元がすべり、危険を伴うからだ。それに加えて人口も多くなり、より多くの信者が集うには安全な場所のほうがいいからね。そうだとすると、ストーンヘンジを分裂隕石の落下地ではないかと、考えた私の前論は誤りとなる。この地に無数に集められているダックス・ストーン(?)がその時の彗星がばら撒いた欠片か、そうでないかを私は知りたい。
There are remains of Ryder's Hill,Standing stonnes in the approximately 3km away place from the picture of a huge bird above the ground northeast. Around these remains, a direction of the north, south, east and west and the middle line are drawn. It is a thing by "the precession" of the earth that this line inclines to the several degrees west from current NEWS line. I wish that I want an astronomer to calculate it.
In addition, there are a stone and a rough surface stone sharpened into the square that is clean here. The rough surface stone is buried diagonally. There was the stone buried diagonally in Stonehenge. I infer that this stone shows a direction and the height of the meteorite which flew away. ???, These remains resemble Stonehenge. Wait. It is not similar and Stonehenge models it on"Ryder's". It is the usual way that such remains develop into a gradually big thing from a small thing. Why did it move to henge? Here is a rock dress material zone, and a foot slips on a rainy day, and the answer is because it is dangerous. In addition the population increases, and the place that is safe so that more believers gather is better. As for the above mentioned argument of me who thought, it becomes a mistake when it may be a fall place of the division meteorite in Stonehenge if so. Daks(?) Stone gathered on this ground innumerably is the fragment that a comet at that time sprinkled a rose or thinks that I want to know it whether it is not so.


  In “Google earth”, 50°29′52 ″N, 3° 55′19″ W 
巨大な塊は火の粉を撒き散らしながら北東へ去っていった。その分弾は森を焼きはらった。 此処に片側だけの樹幹を描いた絵がある。それは、この時の火災の焼け残りを表すためだ。その“赤く飛んだ”巨大隕石のことを欧州の祖先は、赤鼻のトナカイが引っ張るソリのサンタクロース伝説としても遺している。
  この立ち木の方向性から、この絵を描いた人達の居住区の方向性が分かる。
  (根っこの方向)→ ふつう逆立ちの絵は描かないからね^^。

The huge lump left for the northeast while scattering sparks. The share bullet burnt down a forest. There is the picture which drew a tree only for one side on here. It is to express the remains after a fire of the fire of this time. The European ancestor leaves the huge meteorite which flew red as Santa Claus legend of the sleds which the reindeer of the red nose pulls.
 
  In “Google earth”, 50°29′ 38″N, 3° 55′ 24″W
   【ここが巨鳥の定礎だ!】
この巨鳥の頭部の脇に何かが崩れたような土盛りのあとが見える。これはその巨鳥に話しかけ何かを願うための基壇だ。「この先に貴方さまの喰を用意しています」 と。 巨鳥のくちばしの先が少し曲がっているのはその食物をついばむためだ。そして、この基壇を起点として南東の方向に直線が引かれている。「どうぞ、こちらの方向へお進み下さい」
I see a trace in the heap up of the soil that something collapsed beside the head of the huge bird. This is a foundation stone to talk to the huge bird, and to pray for something. And he say, "I prepare your food to ahead". The reason why some points bend of the bill of a huge bird is to peck the food. And a straight line is drawn starting from this foundation stone in the southeastern direction. "This way, Please"

(2/27)
  In “Google earth”, 50°29′ 09″N, 3° 54′ 40″ W
その直線の約1、5km先に、ハート形の池と、男性シンボル形の池がある。それを男性とするのは、この池が二つに分けられているからだ。さもなければ、この池を二つに分ける必要性はうまれない。ハート形の池のほうは、“Red Lake”と名付けられている。この赤い色は、空飛ぶ赤い巨石の色と、被弾による火災の赤と、生贄の赤い血の色を連想する。二つの池の片側の湖岸だけが赤く見えるのは、積年の生贄儀式による血の色かも知れない。是非、ルミノールテストをお願いしたい。
There are a heart-shaped pond and a pond of the male symbol form in approximately one, 5km ahead of the straight line. The reason why I assume it a man is that this pond is distributed between two. Otherwise the need to divide this pond into two is not born. The heart-shaped pond is named "Red Lake". This red color associates the color of a flying red huge stone and the red of the fire by the hit and a color of the red blood of the sacrifice. It may be a color of the blood by the sacrifice ceremony of the long time that only the unilateral lakefront of two ponds looks red. I would like the luminol test by all means.

  In “Google earth”, 50°29′ 13″N, 3° 54′ 33″ W
此処にMan Made ‘Mountain’と名付けられている円錐形の盛り土がある。その直径は100m。
高さは 約(x )mか?。これを盛り土だと断言出来るのは、その名前からではない。6500万年前のイングランドの全域を削り取った南極からの巨大な津波は、このように整った土盛りを残してはいない。 何故、ご先祖さまが、削り取った土を集めてこの盛り土をしたか? そして、この周辺に残る遺跡痕の調査については貴方さまの楽しみのために残しておきましょう。
Here is conic laying earth on the ground named `Man Made Mountain'. The diameter is approximately 100m. Is the height approximately (x )m? It is not from the name that I can assert that it is 'put in earth' in this. The huge tsunami from the South Pole that scraped off the whole area 65 million years ago of England does not leave height of soil put in order in this way.
Ancestors collected the soil which people scraped off, and why did people do this laying earth on the ground? And I will postpone for pleasure of you about the investigation into remains trace left in these outskirts.


最後に申し述べます。
主目的を大きく外れましたが、この岩表地帯の南西に隣接する石灰の露天掘りと、地上絵が記されている広大な泥炭の丘陵地は、「6500万年前の、南極に衝突した大惑星から発した巨大津波が運んだものだ」 と申し添えておきます。さて、貴方さまは、この二つの史実を信じることができますか?(^-^?)  私は、これ等の詳細を史家に尋ねる前に、ご先祖さまからの言い伝えを聞きたいと思っています。
“Finally I state it.”
It greatly deviated from the main purpose, but when the huge tsunami which I gave off from the South Pole collision major planet 65 million years ago carried the hill country of the very large peat which open-air mining of the lime which is adjacency to the southwest of this rock dress material zone and ground picture are written down, I say it and can go. By the way, can you believe these two historical facts^^? . I want to hear a legend from ancestors before I ask a historiographer the details of these.

I thanks ancestors and Google earth. ご先祖さまと, Google earth に感謝します。 □

本日'14,2/28をもってこの記事を完了します。^^
 次の記事の予定は今のところありません。ながいお付き合いありがとう御座いました。(深礼)







どなた様?> 釣りじいさんのⅠ>卑弥呼への足取りⅣ>ドラゴンのマーキング>への
(2/02)の3拍手をありがとう御座います^^。どのようなお方様>がと気になります。
 出来ればコメントを! と言っても、それ等のコメント欄は<嵐が入るため閉ざしています。ゴメ
ンナサイ(^^!)
世界でたった一人の、2/26の訪問者さま> 
 貴方さま>に感謝します。貴方さまのことを記念に残しておきましょう^^。
I.氏>一人を除いて世界のだれもが、相手にしない、相手に出来ないほどの大論なのだ。 
私の論の97.5%は、他人様、先人様のパクリであり、その再構築にすぎない。この一文字が、この一言が、この私(わたくし)が考えだしたものではない。貴方がたった一言 「Yes!」 といえばいいことなのに・・・、その一言が頂けない。事が成ったら寄りまくる。わたし<も>そんな人にはなりたくない。世界でたった一人のあなた様>ご訪問ありがとう!!
('15/1/14) どなた様> 2拍目の拍手をありがとう御座います^-^♪
文信活動 (評価の歩み) -ⅲ
  <評価の歩み -ⅲ>           Step of the evaluation^-^!
                                 文信活動再開(May 01, 2012~)
  
  ご訪問ありがとう御座います。本年('14)も 引き続きよろしくお願い致します^^。
     出来うれば、<コメント>へのご参加を頂ければ嬉しいのですが(^-^?)。
但し、そのコメントは<評価の歩み>として歴史に残るやも知れませんので、当方が無償で使用掲載できることをご承知下さい^^! 貴方さまの反論を>大歓迎します^^♪ 何故なら、それによって当方の誤りが正され、より確かな史実が解明するからです。過去26年、只一人を除いて、その反論すら頂いていない。・・とほほのホ!(否、当ブログの卑弥呼関係でもうお一方がいました)(^-^!)

 例のごとく追記でこの記事を進めていましたが、今回の(1/30)で、この記事を終了します。
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


              文信活動再開! -ⅲ

Google earth をパソコンに得て、それを散策していると、とんでもないものが発見かりました。それが先に上げた記事<6500万年前のゴビ砂漠に残る二次的な溶岩隕石の痕跡発見>です。「これなら誰もが分かって貰える^^♪」 少なからず自分ではそう思いましたので、次のような文面をつけて 英科学誌<Nature>へ送りました^^!。


Dear Dr. Watson (Sir Nature)                       July 08, 2013
  I'm sorry. I do not have most of English. For this reason, I write the Japanese together with English. (This English translation is Yahoo translation.)

拝啓, 親愛なるワトソン様
  その後、いかがお過ごしですか?
この度、Google Earthの中で6500万年前の二次的な隕石痕を発見をしました。それを同封しますので、どうぞご査収下さい。御社への挑戦も、この便で四回目になるでしょうか。残念なことに、その度に不採用を重ねています。私の報告書の表現は、拙くて御社の品格には合わないかも知れません。しかしながら、この報告書は史実を言っています。6500万年前の恐竜大絶滅は、ユカタンの巨大隕石だとする世界の趨勢があります。その論には、ユカタンから発生したはずの巨大津波の痕跡が私には見えません。これ等の巨大隕石の広報を始めて25年を過ぎました。  ・・・個人情報なので・中略^^!・・・  。
 ネイチャー180年の歴史を預かる貴方さまにお願いします。私の論文の不備や拙さが不採用の 理由にならないことを望みます。この報告書を一蹴されるならば、その否定の前に、Google Earthでゴビ砂漠西部あたりに克明に残っている津波痕を観て欲しい。この津波の痕跡は決して風の力で出来はしない。 ‘6500万年前に巨大な惑星が南極へ衝突して南極大陸となった。’ 私は、この事変について、朝まで語り合うことが出来る Dr. Watson を捜しています^^!。
                                                敬具
Dear Sir. Watson (Nature)
How are you getting along after wards?
This time I discovered the secondary astrobleme of 65 million years ago in Google Earth. Because I enclose it, please receive it. Will the challenge to your company become the fourth by this mail, too? Unfortunately I repeat non-adoption each time. The expression of my report is poor and may not match the dignity of your company. However, this report says a historical fact. The dinosaur extinction of 65 million years ago has a world trend to be a huge meteorite of Yucatan. In the idea, I cannot see the trace of the huge Tsunami which should have been generated from Yucatan. It was past 25 years after starting the public information of the huge meteorite of these.    ...........,
You take charge of the history of the Nature180 year. I wish to the you. I hope deficiency and the clumsiness of my article do not become the reason of the non-adoption. If it was denied this report, I want you to watch a Tsunami trace left clearly earlier than the negation around the western part of Gobi in Google Earth. There is never the trace of this Tsunami by a wind-force.
'A huge planet collided to the South Pole 65 million years ago and became the Antarctic Continent.' I looking for the Dr. Watson who can talk about this incident until morning. ^^!
                                           Sincerely,
                               ( Pen name :   Moto Tiira
平 素人 )

私が<Game -3>の広報第一報に、ネイチャーの<Letters to Nature>欄を選んだのは、
Letters to Nature は 『専門外の読者の興味を引く、傑出した発見に的を絞った、未発表のオリジナルな研究の短い報告』 のコーナーです。いわば、わたしのような素人さんの記事でも傑出した発見で'オリジナル未発表'の短い報告書と認められれば、論文に少々の不備や拙さがあっても、修正のアドバイスをくれ掲載へのHow to(投稿案内)を、クリヤーすれば、取り上げてもらえる可能性があるからです。しかしながら、ネイチャーで一番大切なことは、その論や発見が世論を喚起しそれが科学の進歩につながることです。さらに言い添えれば“Nature” は、私の少年心(こども心)をくすぐる(刺激する)憧れの存在であることは申すまでもありません。

<さて、そのお返事は??>  To be continued ^^!
   “Nature” へ,送った日, 2013 / 07 / 08  返送された到着日, 07 / 20 
    ↓ その送付資料
    ① 6500万年前のゴビ砂漠に残る二次的な溶岩隕石の痕跡発見!!
      In Google earth, ( 38° 22′ 05.60″ N,  90° 35′ 09.13″ E )
    ② イングランドにもナスカと同様な( ?、が)あった!!(この記事は未公開です^^)
      In Google earth  ( 50° 29′ N,  3° 55′W )

 ↓ その、返 信 文^^
Dear Dr. X X X X
Thank you for submitting your manuscript, which we are regrerfully unable to offer to publish.
あなたの原稿(我々は提案することが残念そうにできません)を提出してくれてありがとう
'公表'してください。
It is Nature's policy to return a substantial proportion of manuscripts without sending them to referees, so that they may be sent elsewhere without delay. Decisions of this kind are made by the editorial staff when it appears that papers are unlikely to succeed in the competition for limited space.
それは、彼らへ送ることなくかなりの原稿を返すネイチャーの方針です。
レフェリーにとって、そのため、彼らは滞りなくどこかほかに送られるかもしれません。 書類が
限られたスペースを得るための競争に成功しそうになく見えるとき、この種類の決定は編集
スタッフによってなされます。
In the present case, while your findings may well prove stimulating to others thinking about such questions, I regret that we are unable to conclude that the work provides the sort of firm advance in general understanding that would warrant publication in Nature. We therefore feel that the paper would find a more suitable outlet in a specialist journal.
この場合は、あなたの調査結果がそのような質問について考えている他の人に刺激することを証明するだろう間、私は我々は仕事がネイチャーで出版を正当化する一般的な理解の種類の安定した進歩を提供すると結論することができないことを残念に思います。 したがって、我々は、新聞がより適当なアウトレットを専門ジャーナルで発見するのを感じます。
I am sorry that we cannot respond more positively on this occasion, but I hope that you will rapidly receive a more favourable response elsewhere.
我々がこのときにより明らかに応えることができないのは残念です、しかし、私はあなたがより
好ましい反応をどこかほかで速く受けることを望みます。
Nature Administration
自然 管理        □ 以上、

<↑この返信への所感>
さすが、Nature>です。知らんプリするどこやらと違って“必ず返信してくれる”ところが嬉しい。しかも、投稿者の待ち時間のロスを少なくする為の素早い対応であり、自分達のところでは、「採用することが出来なかったけれど、どこかほかで“好ましい反応” をみせてくれるところを望む」 とあります。この言葉は単なる社交辞令ではなく、それが全ての投稿者に対する Natureの方針なのです。このことが多くの投稿者が集まるゆえんの一つでもあるのでしょう。読者数数十万(?)ともいわれる週刊誌 Natureへ送る投稿者の数はハンパな数字ではありません。Natureへの紙面のスペースを得れば、科学に興味をもつ人を含めて一流の科学者達の目に触れるわけですから、その広報効果は絶大なものがあります。

そのハンパない数の投稿を、滞りなくこなす編集スタッフの審査があり。ここでその多くが振り落とされます。それを無事通過すれば、その分野のレフリーと呼ばれる専門家三人(だったかな?)の意見をきくために原稿はそちらへ回ります。それ等を参考にして掲載の可否へと進みますが、さらに、さらに、・・・^^!) と続きます。 その限られた紙面のスペースは、句読点一つの無駄も許されません。もし、貴方さま>が投稿しようと思われたならば、ジャパン・ネイチャーへ「投稿案内」の冊子(¥300?)を請求してみてください^^。英文のPC投稿シートのダウンロードもあるようです。

<不採用の理由(を拙訳すると)^^?>
     ①Natureの出版を正当化する“一般の理解が”得られないと判断された。
     ②その論によって“安定的な進歩が”得られないだろうと判断された。
       要するに、一般の人達から相手にされるのが難しいってこと^~?
そして、We therefore feel that the paper would find a more suitable outlet in
       a specialist journal.
       我々は、あなたの記事が、新聞か、より適当なアウトレットを専門ジャーナルで
       取り上げられるのを感じます。

これは新聞か、よりアウトレットな専門紙への投稿をお勧めするということかな^^? ちなみに、
私がネイチャーへの愛着心をもったのは、○十年前の『火星には、タコのような火星人が・・』 の記事でした(笑い)。すごい着想とその推理力に感嘆^^♪してのことです。

<それを一言でいえば、26年経った今でも自論は、'アウトレット(規格外)'^^!>
ですよねえ、自論は、『 6500万年前、月よりわずかに小さい惑星が南極に衝突し、南極大陸となった!』 という現科学の常軌を逸したもの。まるで、マンガの “ドラゴンホール”の世界♪。
ええ・私は、そのマンガのファンであり、氏のいう<気とか重力>は、先の記事で掲げた「恐竜はなぜ巨大化したか?」 の謎解きの大きなヒントになりました。(注: 恐竜の骨の内部構造論 → ピラミッド形の数学的強力は、たとえ重力が違う星においても変わらず、恐竜がその巨体を支えることが出来たのは、地球の重力が現在より小さかったからではないか。→ 即ち、今より地球のサイズが小さかった!!)
もし、地球が木星のような巨大重力をもつ星だったら物々の構築は高くはなり難く、恐竜サイズにはならない。その事変から6500万年も生物は進化を重ねているのに未だ海の中のクジラを除いて生物は巨大化していない。(^~)

<作戦をあやまったか,^-^?>
「南極大陸が大隕石」と、「地球の90%を覆った巨大津波」は、未だ時期早尚。そちらのほうは伏せておいて、「ツインズ溶岩隕石」 だけを記事にしておけばよかったのかも知れない^^!。
 と、いうのは、過去三度のネイチャーへの投稿で、このような長文シートの返事を下さったのは初めてです。反応ありか?、しかも Mr.が Dr.になっている(笑)。多忙を極めるネイチャーでは、先の当ブログで上げた葉書大の 「残念ですが掲載に至らない」との短い返事でしたから。でもね、過去26年。自論を送付した数、数百通(?)のなかで返信して下さった先さまは、十通か十五通(?)その返事を下さることがどれだけ私にとって有り難くて嬉しことか・・・。
(満たされたときの酒池よりも、渇いたときの一杯の水^^) ←拙電子出版より^^!
 
      To you ;  このブログをご覧になって下さる貴方さま>にお伝えします。
 When you discuss this big incident, you do not use the human sense that
    does not reach only 2m.

 ( この大事変を論じるとき、僅か2mにも満たない人間的な感覚をもちいてはならない^^。)

(1/30)
  <Nature では>
一度、不採用になると、それに関連した記事の掲載は、さらに々に、高いハードルを越えるものでなければなりません。この 『報告書』に、別記事の「英国にもナスカと同様な・・・が?」を内封して忍ばせておきましたが、それは開封されずに返送されました。 ( ネイチャーでは、内封やホッチキス止めを解く時間さえ惜しまれるのです。) さて、その “極秘印”をおした記事の内容は? カテゴリーを変えて次の機会の発表としましょう。
                                            Shanks^^ □


さてさて、次の送付先をどこに致しましょうか? (汗~~~^-^!)
私の『報告書』は、科学の最先端を掲げる英誌でさえ“アウトレット"の扱い(笑い)。次に、米誌サイエンスへも送りました。第一便は「宛名不完全」で返送され、再度の送便は「転居先不明」で、これまた返送されました.ちなみに米誌サイエンスは、英誌ネイチャー傘下の姉妹誌になったもよう。さてさて、何時になったら<貴方さまが、世間さまが>この二つの大事変を史実と認めて下さるのでしょうか???『わたしの言っていることはそんなに難しいことですかぁ^^?』 あなたが、たった一言『ああ、そうだったのか』といえばいいこと。その時になって様変わりする貴方さま>を私は見たくない(^-^!)。
                 知の放浪者、Sharock Homeless より、
つづく、 To be continued ^^!)




(06.Janu.2014) どなた様>
拍手コメントありがとう御座います^^。お気持ちを思うと嬉しくて気持ちが振れ動きます。
(09.Janu.2014) mo様?>
拍手ありがとう御座います。本年もどうぞよろしくお願い致します^^。
誰でも「隕石痕」の発見が出来る!,の続き
(11/02), 記事の更新がないにも関わらず訪問して下さる6~8名のお方様へ>^^♪
ずいぶん前の法事での世話でのことです。趣味を聞かれ「卑弥呼の埋めた大量の銅剣・銅鐸」やら、「南極大陸は大隕石」等を語ったことがあります。熱く^^!  私としては、縁ある方々に先の行方を喜んでもらおうとの思いもあり、 「もし」の言葉はありえないのですが、「もし、これが史実だったら世間はどうなりますか?」の問いを投げかけました。 曰く、「あんたにぁ悪いが、卑弥呼がどうなろうと、今のわしにゃ関係が無え^^!」  義兄は「突飛すぎらぁ~、今の科学の方をとる!」と云い。姉には、「いい趣味持っていいねえ」と、云われました。今までに論を交え真からの反対論(^^♪)をくれたのは、この兄が唯一人です。・・・・以来、海外を除き実名・所在は、かたく閉ざしています^^!。 さて、あなた様は 「 ・・・、」 何と云う? それとも・・ 関わりたくない。^^?? 私は、わたしの唱える「二つの巨大隕石について」朝まで語り合える Dr.ワトソンを捜しています。
         当ブログを訪問して下さる中学生の方へお願い!
           科学をゲームする心を持ち続けて欲しい^^。
その権威ある機関や有名な大家の認証がないかぎり “Yes”ということが出来ない貴方になって欲しくないものです。ちょっと、キツかったかな(^^?)
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

What is this trace? I ask you.  
  前の記事、誰でも Google earth で「隕石痕」の発見が出来る!,の続きです。
  この記事も追記方式で進めますので、どうぞのご参加をお待ちしています^^♪。
   前回は(9月26日)で、今回(9月28日)の追記でこの記事を完了しています。
下記の記事<Game-3>を文信活動中です。只今は (12/29) です。未だ反応なし^^!。   (10/26)に、国内の権威ある8機関と報道1社に、下記の記事<Big Game-3>を送付し終えました。

さて、どのように動いて下さるのでしょうか^^? 過去の26年間は、その反論すらも頂けない状態でした。まるで天動説の世で地動説を唱えているよう(笑)。この度の写真は、素人目にも分るほど簡単なもの^^。 まさか、この衝突痕を火山口だというお人はいないよね(^^!) この前のロシアに落ちた隕石のサイズと、この衝突痕を比べてみて下さい。方や数メートル?。此方百メートル×二箇所!!。 これほど分かり易い衝突痕を見てあなた様は、専門家は>何も感じ無いのでしょうか。 私にはなぜ相手にされないのかその理由が判りません。 拙論をまったく除外しても、「 この隕石痕の存在と、砂流紋そのものは、何人も否定できない!」 より詳しい調査とその解析が日本からになり、そして、その先駆けが貴方さま>であれば、そんなにうれしいことはありません。あなた様>の参加をお待ちします。
                                     史実探偵;  平 素 人

これの参考文献 → 拙;電子出版 ↓ クリックで(一部分の)無料立ち読みができます^^!。
クリック OK極秘報告書「巨大隕石と大津波」 ←リニューアル後の現在は?, 表示画面のBoon-Gateをクリックする⇒ジャンル・自然科学をクリックでOKです。^^!
どうぞ、この『世紀の大論』に貴方さまのコメントを!! 但し、そのコメントは<評価のあゆみ; カテゴリー「卑弥呼への足取り」>として歴史に残るやも知れませんので、当方が無償で使用掲載出来るよう御了承下さい^^!。



<Big Game-3,>の続き
       What is this ?
To you                          Sept. 02, 2013(since of Blog)   
I do not have most of English. For this reason, I write the Japanese
   together with English. This English translation is Yahoo translation.

Title,
< 6500万年前に南極大陸となった衝突大惑星が放った二次的な溶岩隕石 >
What is this? The secondary lava meteorite trace that the collision major planet which became the Antarctic Continent 65 million years ago emitted
<英訳用文>
今般、私はゴビ砂漠西部で6500万年前に衝突した鉄質の二次的な隕石痕を発見しました!
それを「 ツインズ溶岩隕石 」と仮称します。一番目の衝突惑星は、私が25年前より広報している南極大陸は6500万年前の巨大隕石です。その南極大陸大隕石は、Myブログの ビッグゲーム1&2.として発表しています。地球の90%以上をカバーしたその巨大津波の痕跡が6500万年もの永い間、砂漠に残っているのは驚きです。その津波の痕が永く残っているならば、その永い間には必ず他の隕石の落下もあったはずです。それをGoogle earthを使ってゴビ砂漠辺りを探していたら、表題の二次的な溶岩隕石痕が見つかりました。それが次の写真です。
Just now, I discovered secondary astrobleme of the iron pawn which collided in the western part of Gobi 65 million years ago. I call it an “Twin's lava meteorite” tentatively. The Antarctic Continent where I press-agent the first collision planet from 25 years ago is a huge meteorite of 65 million years ago.
I announcing it the Antarctic Continent size meteorite as big game 1&2 of my blog. The trace of the 90% huge Tsunami which covered the surface of the earth of 65 million years while is long, I am amazed to know that stay in the desert. If the Tsunami trace is left for a long time; the; while was long, there should have been the fall of other meteorites by all means. The secondary lava meteorite trace was caught in it when I looked for Gobi area using Google earth. It is the next photograph.

 その<遠景>
その溶岩隕石の遠景2

 <鳥瞰図> 画像取得(2011/4/27)分、
6500万年前の二次的溶岩痕・2

 この溶岩隕石の位置は; 中国青海省ゴビ砂漠西部の辺りにあります。
北緯38度22分30秒、東経90度34分52秒
標高 ;  3,016 m
 その大きさ ; 東西にほぼ100mの円形が二つ重なっています。
 その深さは ;  約10mです。

Position of the lava meteorite, There is it in the area of the Qinghai Gobi western part of China.
          38° 22′ 30″ N, 90° 34′ 52″ E
3,016 meters, above sea level
The size, Two circles of approximately 100m overlap with the east and west.
The depth, It is approximately 10m.


貴方さまへ>^^!
先ず、この写真の位置を Google earth で検索して、そしてこの地形が如何にして成ったかを考えて下さい。私が舌足らずの論をあれこれと言うまえに、貴方さま自身で考えて欲しい^^。

To you;
At first, please search the position of this photograph in Google earth. And, please think about how this topography became. I want you to think by you oneself before I say a lack theory^^!.


この“ツインズ溶岩隕石痕”は、既に誰かが見つけているかも知れません。
しかしながら、この隕石痕は6500万年前に南極大陸になった巨大惑星が衝突し、セカンド的に飛び散った溶岩の痕跡だと断定できることに意義があります。
Somebody may have already found this twin 's lava astrobleme. However, as for this astrobleme, the huge planet which became the Antarctic Continent 65 million years ago collides, and what can conclude that it is a trace of the lava which splashed for second is important.

  その理由を六つ述べます。
  I speak the six reasons.

  その隕石の痕跡は、6500万年前の津波痕跡の表面上に、その痕跡が刻まれている。
1. As for the trace of the meteorite, the trace is carved with on the surface of the Tsunami trace 65 million years ago.

  その形状は、南から北へ向かって衝突した二つの溶岩が重なったものだと推察できる。
2. The shape can guess that two lava which collided towards the north from the south was piled up.

  衝突の痕は、深いところで約10mと浅い。その理由で隕石が溶融岩だと推察できる。
3. The trace of the collision is shallow with approximately 10m in a deep place. A meteorite can guess that it is a molten rock for the reason.

  その衝突痕の色は、黒色が混ざった赤色である。この色から鉄質の溶岩(熱質)が酸化
   (酸化第二鉄化)したと推察できる。
4. A color of the collision trace is the red that black was mixed in. I can guess that lava of the quality of iron became iron oxide from this color.

この衝突痕の南側に津波の逆流跡がある。それが津波の海水によって赤錆色をしていること。 ( そして、この衝突痕に降る雨量では決してその逆流痕のサイズは生まれない。)
5. There is the countercurrent trace of the Tsunami in the south side of this collision trace. Its being red rust by the seawater of the Tsunami.

( And the size of the countercurrent trace is never born by the precipitation
  that this collision trace catches.)


   さらに、この衝突を決定つける理由として、
  Furthermore, as a reason to determine this collision,  
その三番目の飛び散った赤い溶岩の痕跡が写真中の東北方向と西北方向の二箇所にある。
6. There is a trace of the red lava which splashed thirdly in two places of a northeastern direction in a photograph and the northwest direction.

しかし、大きな反対論もあります。
 その一つ。南極大陸になったほどの巨大惑星の衝突であれば、もっと多くのものが飛び散っていることが考えられること。(太平洋に散在する平頂海山のギュヨーが疑われる。)
However, there is the big negation, too.
The one. If it is the collision of the huge planet as it became the Antarctic Continent, it be thought that more things are scattered. ( The Guyot of a table mount lying scattered in the Pacific is doubted. too? )


  二つ目。その飛び散った、隕石の痕は南半球ではなくて、なぜ北半球にあるのでしょうか。
しかしながら、その反対論を理由に、何人もこの隕石痕が津波の逆流痕と共に印されている存在を否定することは出来ない。私は市井一介の素人探偵です。私は警察や検察機関ではありません。皆さんは、私のこの稚拙なレポートを、再調査して学問の形に成すのは専門家である皆様方の役割ではありませんか?    “マル秘情報”その他の隕石情報あり。応談^^?
The second. Why will there be the trace of the meteorite which splashed in the Northern Hemisphere not the Southern Hemisphere? However, by the reason of the negation, nobody can deny the existence that this astrobleme is set with the countercurrent trace of the tsunami.
I am detective people mere amateur. I am not the police and prosecution engine. All of you reexamine my this unpolished report, and is not it a role of all of you who are an expert to form in form of the study? "Secret information" There is other meteorite information. I guide you. ^^?


   追伸;  このレポートを否定する貴方がいたら、私は、その貴方様に尋ねたい。
        「そうであるならば、この写真の痕跡は、いったい何ですか?」と。
Postscript,    If there is you who deny this report, I want to ask you.
         "On the Gobi what is the trace of this photograph if so?"
 
                                       Thanks. □
 (2013,9/28)この記事を完了しました。^^♪

誰でも「隕石痕」が発見できる!
誰でも<Google earth>で隕石痕を発見けることが出来る。
       Anyone can discover huge astrobleme in Google earth.

                   【 お 知 ら せ 】
 只今、卑弥呼の記事は休止していますが、“当ブログの全ては関連した続きもの”です。
   “卑弥呼関係”の お客様は、カテゴリー 『この指、とまれ』 のクリックで、どうぞ~^!
     ※ カテゴリー別でみると読みやすいかも知れません。


                長らくお待たせしました~~!。
              Thank you for coming to my blog.
  この記事も追記方式で進めますので、どうぞのご参加をお待ちしています^^♪。
   前回は(8月31日)で、今回の追記 (9月01日) で次へ移ります。
I'm sorry. I do not have most of English. (This English translation is Yahoo translation.)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

下の写真は、Google earth で発見けたその痕跡です。「それは、何処か^^?」 ヒントは前々の記事にあります。当ブログをご覧になってきたお人は?、Google earth へ、お先にどうぞ!

 Where is the place of this photograph in Google earth ?
IT溶岩ツインズ隕石の1.




< Big Game -3.>
  巨大隕石の痕跡を探せ!
    Look for the trace of the huge meteorite!
    まず、その前に(拙; 電子出版「巨大隕石と大津波」より、その要旨を記載します。)

 <隕石痕への思い>8/01
○年アポロ○号が月の裏側の写真を送ってきた。それは私たちが日々に見るのっぺりとした月面とは似ても似つかない荒々しいクレーターの集まりであった。当時の学説ではそのクレーターは火口説が優勢であった。筆者は、学者が何故それを火山口だというのが解せなかった。それは子供の頃より観ていた数々の衝突痕とまったく同じに見えたからである。ちなみに隕石説が強くなったのは、バークレー校のアルバレス博士が白亜紀末の境界地層に通常の事変では生成し難いと考えられるイリジウムやオスミウウムが多く含まれることに着目し恐竜の大絶滅は巨大隕石であったとする頃からと記憶している。しかしながら、その恐竜の大絶滅(厳密にはその他の種の絶滅を含む)を引き起こした大隕石の捜索についてのその後は諸氏の知るところであり、近年では南米大陸のユカタンだとする説が有力だ。

<恐竜大絶滅の謎>8/09
Mystery of the dinosaur extinction
月の裏側にあれほどの隕石痕があるのに、それより大きい地球に当たらないはずがないと考えるのが筆者の考えで、その考えは長い間眠っていた。ある時、子供が持ち帰った絵本の中に恐竜大絶滅のことがあり、恐竜の大絶滅は諸説紛々のなかではあったが、その眠っていた巨大隕石説が呼び起こされ、『さあ、それを捜そうか 』と、ほんの軽い気持ちで始めたことが、驚くべきか<南極大陸は6500万年前に月よりわずかに小さい惑星が衝突したもの>だった。
Antarctic Continent was the planet which is slightly smaller than Moon, collided 65 million years ago.
以来、その広報を始めて26年が経ちました。^^!。

<地球は“隕石”の集合体である> 8/20
The earth is aggregate of the meteorites.   
 この考えは、文芸社よりの電子出版、極秘報告書『 巨大隕石と大津波 』で言及していますが、その考え方をかい摘んで紹介します。
この地球はいかにして生まれたのか? ある日突然「今の質量を持つ地球が生まれた。」 この場合は何かの巨大な塊から千切れて今の宇宙空間に漂っている。では「その巨大な塊は如何にして成ったのか?」 となり、取り止めもなく前に前にとさかのぼってしまう。 それより、今存在している太陽系や地球惑星体を細分化して、その細分化したものの集合体と見なすほうが現実味がある。その細分化したものが小惑星であろうが、ガス雲であろうが、又、それ等を宇宙塵と呼ぼうが、分子原子と呼ぼうが、はた又素粒子であろうが、“隕石”と呼ぼうが引力という否定し得ない力が存在する限り、それ等の集合(と離散)の過程の内にあると考えるほうが納得できる。
 この考えは、当ブログの(月別アーカイブ'08/11月の<小惑星の衝突と合体について>で、少し触れていますので、そちらへも、どうぞ^^!

<太陽系で、巨大惑星塊の衝突だと考えているもの> (8/25)
Among the solar systems, I think that it is the collision of the huge planet lump.
傾いている地軸、火星のオリンパス山、火星の大条痕、木星の大赤斑、金星表面の伸張痕と
収縮班、地球の陸半球と水半球、○○衛星のメロン肌半球(あとで調べます^^!)
( ↑ 筆者の独自の考えです。何故そのように考えているかは⇒ 拙;報告書へ、どうぞ^^)
The axis of an inclining planet. Martian Mount Olympus. A Martian big line trace. A great red spot of the Jupiter. An extension trace and a shrinkage trace of the Venus surface. A land part hemisphere and a water moiety hemisphere of the earth.

<月に匹敵する惑星が南極に衝突し地球の90%以上を覆う巨大津波が発生した> 8/28
A planet of the size of the month collided to the South Pole. And the huge tsunami which covered up more than 90% of earth was generated.
その津波痕跡は川の上流部から、その下流に至る迄の様相と、しごく似ていた。その眼をもって地球規模で眺めてゆくと、(戻り流という例外を除いて)その予測は見事に的中していった。
つまり、南極を川上の岩表地帯として、岩石→栗石→砂利石, →そして北緯20~30度あたりのサハラ砂漠、中近東砂漠、大インド砂漠、メキシコ湾海底の堆積土, →ヨーロッパの粘土層や中国大陸の黄土地帯, →そして北極部の微細土やアクタへと並んでいる。蛇足ながら津波の上流とするところに陸地・岩石地帯がなければ砂地は形成されないことは言うまでもない。
以上が、 極秘報告書「巨大隕石と大津波」 よりの概説や引用ですが、当ブログのカテゴリー<Big-Game>でも色々に述べていますので、お暇な方は、どうぞそちらへ^^!

<隕石の痕跡を捜せ!> 8/31
Look for the trace of the meteorite!
話は変わり、前出の息子が、私にといって<Google-earth>なるものをPC.にインストールしてくれた。これは地球儀を自在に回し、任意の場所のズームアップダウンが自在に出来るしろもので、市街地においてはその道路の白線までもが写る。ひょっとすれば貴方さまのお家の植え込みや駐車中の車までもが写っているかも知れません。海外においても同様であり、かつて貴方さまが訪れた観光地や建物の中までも入って行くことが出来る場所もある。
(たいした操作や費用ではないようなので是非そのインストールをお勧めしたい。といってもPC.オンチのわたしには無理ですが^^!)

この<Google-earth> で、サハラ砂漠の津波の流れを確認していたら・・・、概ねは、別紙報告書で推察していたとおりの砂流痕を示していた。・・・、が?・・・その克明な画像は、筆者の想像をはるかに超えていた。
それが当ブログの<Big-Game1.PartⅢ>です。ならば、ゴビ砂漠やタクラマカン砂漠にも、その砂流痕が残っているのでは!、と捜したのが゛<Big-Game1.PartⅤ>です。その砂流痕の鮮明さは筆者の予測を幾重にも超えた驚きでもあった。
この衛星写真を観てもらえれば、その津波の痕跡は<素人でもわかる^^♪>と思って内外・各方面の<専門機関等>に送りましたが、未だに返事がな~い!(汗~^-~!)。

        これで駄目なら‘次の手’をと思い立ったのが、
表題の<巨大隕石の痕跡は、どこだ?>です。
9/01
Where is the trace of the huge meteorite of the title?
  6500万年もの長い間、残る筈がないと思っていた砂流痕が残っていた!!
  ならば、その広い砂漠の表面には、6500万年もの間に落下した隕石の痕跡があるはず
  だとし、探し当てたのが表題の“溶岩隕石痕”の写真です。

  その溶岩隕石は; 中国青海省ゴビ砂漠西部の辺りにありました♪。
  北緯38度22分30秒、東経90度34分52秒 In Google earth,

        38° 22′ 30″ N ,   90° 34′ 52″ E

これを何故、6500万年前の大事変へ結びつけ“溶岩隕石痕”としたかについては、次の記事へ(^^!)
  <この他の痕跡>も捜せば出てくるかも知れません。皆さんも是非に挑戦なさって下さい^^。


南極大陸は(6500万年前の)衝突惑星だ!
        Welcome to my blog.^^  ご訪問ありがとう御座います。

以下の<Big Game-2.>の記事をもって再々・々度の? 文信広報に移っていますので、当分のあいだ、記事の更新はありません^^!。長いお付き合いを有難う御座いました。(深謝)
 7/08に、更なる Dr.ワトソン(only-3)を捜して、新ネタの二つを、とある先様に送りました♪。 約一ヶ月余りのお返事待ちです^^!
(2/25) 国内の名だたる七機関へ<Big-Game,1&2>の送信を終えました。  
 その後、送信した先さまのお返事待ちですが、20年前も今もナシの飛礫(ツブテ) (^-^!)?
今から25年ほど前、「専門家は、相手にしないでしょう(今の皆様もですか^^?)」といわれました。
  たがために血反吐はくかや、ホトトギス、おぼろなりとも月さえあらまじ (my粗茶室より)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 <筆者からの提言とお願い> (1/13)
どうしたら、わたしの言うこれ等の史実があなた様>に伝わるのか?その謎が25年、未だに解けない^^! わたしの言ってることは、そんなに難しいことなの? 素人でも、中学生でも分ることなのに? 専門は問わない。たった一言、あなたが 『 あぁ そうだったのか 』 と言えば見えてくることなのに! 専門家の偉い先生やら権威ある機関やら海外からの「Yes」がない限り認定出来ないなんて悲しいよね。そんな日本の学界に、そんな貴方さまに、そんな中学生に、なって欲しくないよね^^!。 まことに勝手ながら、この史実を“SF”と受け取っているあなた様>がいたら、この記事への参加は、お勧め出来ません。「ですよねぇ^^」常識科学で考えれば、下記①~のどれ一つとってもフィクション漫画の世界^^ですから!!

「常識とは多数であり、多数に過ぎない」  「科学とは、 Science Fashion である」
   二百年前の祖先も、三百年前の祖先も「今の科学を最高だ」と云ってきた。
   今から百年後の子供達は<今の科学>をなんと云う。(^^?)  平 素 人 より、

      記事の更新がないのにご訪問して下さるお人のために、
↓ 【拙;電子出版】より引用掲載^^!、第五章 創作話(あやまち)三題の内の、
 第一話 やしの実(侮り) 
昔むかしのこと。海辺で遊んでいた子供たちは、一つの大きな実を発見(み)つけた。それは大人の頭ほどもあり、あんずの形に似ていた。表面は土色をしており、とても重い物じゃった。大人たちに見せたが誰も知らないと言う。物知り爺っちゃんに問うことにした。物知り爺っちゃんは、そのまた爺っちゃんから聞いたことだがといって、次のようなことを話した。これと同じような“もの”が、大荒しの後の海岸に幾つも流れ着いたこと。斧で割るほど固かったこと。中身には「ほれ、こんなに大きなものが入っていたんだと」と言って、両手の指先を合わせて球の形を作った。さらに、それを斧で打ち砕くと、白い果肉が入っていて、「口に入れると、サクサクッとして甘かったんだと」。「爺っちゃん!それ植えたの?」と間を入れず聞いた。 「さあて、そこまでは聞かなんだ」 と、爺っちゃんは答えた。大人たちは、これは種では無いと言った。一番大きなあんずの実だって、こんなもんだと言って、片手でその形を作った。子供は自分が発見(み)つけたものは、大きな大きなあんずに違いないと思った。爺っちゃんの話の中の白いサクサクとした甘さが、口の中で広がるような気がした。大人たちが止めるのも聞かず子供は庭鼻にそれを植えた。 冬が来て春が来た。 しかし、芽は出なんだ。こんなに大きな種だもの、きっと何年もかかるに違いない、と子供は思った。だけど、いくら待っても芽は出なんだんだと。そこは、寒いさむい北の国じゃったから。                             (昔、こっぽり♪)



  < Big Game - 2. 南極大陸は巨大隕石だ!
         Outline of the huge tsunami departure source
  6500万年前の南極から発した超巨大津波の濁流痕を発見けた。(in Google Earth !)
 タクラマカン砂漠とその東部周辺に残る濁流痕← My blog<Big Game 1.の partⅤ>より引用、 
 サハラ砂漠に残る濁流の跡My blog<Big Game 1. part Ⅲ>May 01 2012, I send to you^^. 

          I'm sorry my English. 私は英訳がほとんど出来ません。
           翻訳は、Yahoo!翻訳で行っています。
       尚、この<Big Game -2.>は 文芸社から電子出版している
          拙、極秘 報告書 『巨大隕石と大津波』 をベースにしています。

  The Taklamakan is the cloudiness mud lake which a huge tsunami carried !!
赤い矢印は、その6500万年前の流入痕,
   その痕跡はGoogle earth ズームup downもっと鮮明に見えますよ^^。
タクラマカン砂漠
 タクラマカン砂漠は、6500万年前の巨大な津波が侵入した、‘海水'と濁泥の干湖だ!!
The Taklamakan is a dried lake of seawater and the cloudiness mud which the huge tsunami 65 million years ago invaded !
※ ↓この写真も、(C)Yahoo! Japan (C)OPen Bookの(C)マークがあり、著作権者及び権利者の承諾を得たものではありません!! 他への転載は固く禁じられますし、予告なしに削除する場合があります。  This is a trace of a huge tsunami left in the Sahara.
サハラ砂漠・3
   (注釈)アルゼリアAlgeriaとリビアLibiyaの国境、エジェレEdjeleh付近の衛星写真
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   その 巨大津波の, 発 進 源
 <衝突のシナリオ; Scenario of the collision

① 直径およそ3000(?)kmの惑星が6500万年前の南極に衝突し南極大陸となった !
A planet of approximately 3,000km in diameter collided in the South Pole 65 million years ago and became the Antarctic Continent !
 この3000kmの数字は、マントルに浮く大陸をイメージした、想像の数字であり、月の直径
 3474kmに匹敵する。 Diameter of moon is 3,794km.

② 南極(衝突惑星)の東部は、押しつぶされて片麻岩化しその端は棚の形となった。
西部南極は既存の大陸と(?)衝突し、破砕し津波によって濁流化した。
The eastern part of the South Pole was crushed and became gneiss, and the edge became the form of the shelf.
The western South Pole collided with an existing continent (?) and it crushed it and became a muddy stream by a tsunami

 片麻岩というのは頁岩状の岩石で、今の地質学では衝突惑星が地表に残っているという概念は全くない^^? 「地球は隕石の集積体」なのにねぇ(^^!)

③ 大陸を囲む南緯○○度の海底は、衝撃の原因で盛り上がり海嶺となった。
  惑星が粉砕した細土は、大陸の周りの海域で珪藻を育てている。
The bottom of the sea of the south latitude ○○ degree around a continent became the upsurge ridge for the cause of the shock.
The fine soil which a planet crushed became the diatom in the sea area around the continent.

  地球殻を池に貼った厚氷として、その上に落ちた泥団子をイメージしました。

④ 地軸は傾き無季節が有季節になった。これによって植物は裸子植物より被子植物が優勢
になってゆく。
The earth's axis inclined, and the season when there was not it changed in an existence season.
For this reason, as for the plant, an angiosperm became predominant over Gymnospermae.

  傾きがどの程度プラスしたかは分かりませんが、気候の大変動があったとされる白亜紀末
  以前は温暖であったとされています。

⑤ 地球の磁場は、その衝撃によって変移をする。
   地殻へ刻まれた逆転の記録と、アンモナイトの逆巻きがある。
   地球の大きな磁場の変異は六回あるが、それが氷河期と重なるのが興味深い。
   筆者は、それを惑星衝突による隕石の冬と重ね合わせて考えている。
In the magnetic field of the earth, a position changes by the shock.
The record of a reversal engraved into the earth crust. There is the reverse winding of the ammonite.

  北米西の海底に記録 されている。磁石をハンマーで叩くと磁束は弱くなる。

⑥ 衝突によって溶融し飛散した岩石は、津波の中に没し、オパールとなって流される。
太平洋の海底にオパール塊の溜まり場がある。
溶融した塊の外側は灰分化し、その中心は水晶化したり海水を含むことがある。
 The rock which melted by a collision is scattered and sinks in a tsunami.
It becomes the opal and is drained.
There is the place where the opal collects in the bottom of the sea of the Pacific.
The outside of the molten lump becomes it for ash and the center becomes crystal and may include seawater.

  オパールとは溶融した岩石の中に含まれる金属成分によって発色する宝石様のものをいいます。BC.2001年の東北地方に巨大隕石が降臨したときにも、溶融した岩石が飛び散って津波で流されどこかに埋没しているはずです。東北地方の地名で雫石町とか黒石市とかのそれらしい地名はあるのですが、未だに筆者は、その溶融岩石を発見けられないでいます。

拙電子出版;『巨大隕石と大津波』筆者提唱の同似集合の原理作用より
物質が津波等の流体によって流されるとき、各々の物質は、非常に効率よく似たものは似た者同士で分別される。 冷蔵庫には食物を、お金は金庫に、下駄箱には履物を箪笥には衣類を入れる。ときに変わり者^^!という例外はあるが、これは私たちの意識のなかにもこの原理が潜在しているからだ。


⑦ 衝突した惑星内部の、バームクーヘン状の金属類は、衝突により飛散し、流されて同じようなものは同じような所へ集積する。
  白亜紀の終わりの地層に、多くのイリジウムとオスミウムが含まれることがある。
  マンガンや希土類元素のよく溜まった場所が、太平洋の海の底にある。
  太平洋の若干の海山の側面にコバルトに豊んだ場所がある。
The Baumkuchen-shaped metal in the planet is scattered by a collision, and it is drained, and the similar thing accumulates it to the similar place.
The stratum of the end of the Cretaceous includes that there are much iridium and osmium.
There is the place that accumulated well of manganese and the rare-earth element at the bottom of the sea of the Pacific.
There is the place that was rich in cobalt near some sea mountain of the Pacific.

  この現象は川の流れのなかに砂鉄等の集まりがあることでも証明が出来る。

⑧ オーストラリアの砂漠や、ブラジルの堆積土の中から溶融した自然金の産出がある。
この自然金は惑星の衝突によって惑星内部の金属核が衝突により外へ飛び出したものだ。
There is the production of molten native gold from Australian desert and Brazilian soil.
As for this native gold, the metal nucleus which there was by the collision of the planet in a planet went out by a collision.

ちなみに、星の深層でゆっくりと冷えて固まったとされる花崗岩の類が地殻の表層にあるのは惑星同士の衝突によって露呈したものと考えている。

【極秘情報】
   比重の重いものや(流れにくい形のもの)ほど南極大陸の近くの海底にある。
     金 → コバルト → マンガン → オパール
   津波で流された溶融金は延性が強いから海底にべチャとくっ付いているかも^^?
   コバルトリッチクラフト、マンガン塊団、オパール塊団は、すでに発見されていますが,
   この<Gold>は未だ発見されていませんよ^^♪ (南極大陸を囲む海嶺の南側
   か???)
   最近の話題(‘13,3月)では、南鳥島海域で大量の希土類が発見されました。これもその
   巨大津波が運んだものでしょうね。キット^^♪


⑨ 地球の90%以上を覆う巨大津波が発生している。
 その津波高さは場所によって異なるが数千メートルから二百メートルの高さと推定している。
惑星が衝突する以前の南極海の水深は、全海洋水深の平均の3750mとする。
津波の高さは、惑星が衝突した近くで跳ね上がり、とくに高くなる。
南極から赤道をみれば赤道部は巨大なV字形状をしており津波の川下になるので津波高は低くなり流れも緩やかとなる。
赤道部から北極へ全方位の津波が進めば、北極海は巨大な逆V字となり、その波高は特に高くなる。
実際の津波は、大西洋を北へ進んだ津波と、ベーリング海を通過した津波が合流する、シベリア平原での波高が最も高くなったと考えている。
A 90% huge tsunami covering up the above of the earth is generated.
The tsunami height varies according to a place, but estimates it to be an altitude of 200 meters from several thousand meters.
The depth of the water of the Antarctic Ocean before a planet collides assumes it 3,750m of the average of all marine depth of the water.
A planet jumps up in the neighborhood that collided particularly the high tsunami becomes higher.
Because huge V-shape is in the department of equator, and it is at the lower part of a river of the tsunami if I watch the equator from the South Pole, the amount of tsunami lowers, and the flow becomes gentle.
If the tsunami of all directions advances from the department of equator to the North Pole, in the Arctic Ocean, it is with huge reverse V character, and the wave height becomes particularly higher.
As for the real tsunami, a tsunami via the Bering Sea joins the tsunami which went ahead through the Atlantic to the north. I think that the wave height on the Siberia plain became highest.


⑩ 南半球、南アメリカ大陸、オーストラリア大陸、そしてアフリカ大陸のほぼ全土は、巨大津波によって削られた表土が北へ流されている。
  孤立した山部は削られてモナドノック状で残った。
  南アフリカの、ライオンズヘッド。
  ブラジルリオの、イパネマの海岸の双子兄弟の山。
The surface soil where the whole land was almost reduced by a huge tsunami of the Southern Hemisphere, the North American Continent, the Australian Continent and the African Continent is carried away to the north.
Lone Yamabe was sharpened and stayed with form of monadnock.
 South African's Lions head.
 The munten of twins brothers of the shore of Ipanema of Brazilian Rio.


⑪ 大洋の島々の南側は土石流によって削られ、その泥土の全ては、北方へ流されている。
アイスランド、マダガスカル島、セイロン島、海南島、台湾、タスマニア島、ニュージーランド、
The south side of the islands of the ocean is reduced by a mud flood, and all of reduced worthless things is drained into the north.
 Iceland, Madagascar island, Ceylon island, Hainan island, Taiwan, Tasmania island, new Zealand,

下図の島々は、6500万年前に、南極大陸となった衝突惑星によって発生した巨大津波で、全て南側か大洋側が削られて、その礫土は北方へ流されている。
    中学生地図ででも<どうぞの、お確かめを!!
   「えっ?、その地図は子供心とともに捨ててしまったですって^^!」 それは残念・(>.<)
   ネットのお客様は、この巨大津波によって南アフリカのライオンズヘッドや、ブラジルの
   イパネマ海岸で周りを削られ孤高の山となっている写真も検索してみてくださいね^^

   (1/22) 拙;電子出版 『巨大隕石と大津波』より、下図を挿入
流された島々

⑫ 白亜紀末に恐竜を含む生物の大絶滅がある。
津波で流され集められた魚類や動物は石油となった。そして植物は石炭となった。
 恐竜の化石に完全体が少ないのは、巨大な体が津波で傷ついたためだ。
 石炭のなかに生物起源以外の金属が含まれるのは、津波によって混入したものと考えている。
There is the severe extinction of the creature including the dinosaur at the end of the Cretaceous.
The fish and the animal which it was drained by a tsunami, and were collected became the oil. And the plant became the coal.
The reason why the fossil of the dinosaur has few integers is that a huge body was damaged by a tsunami.
I think that it got mixed by a tsunami that metal except the creature origin is included in coal.


⑬ 貝類や珊瑚類は波打ち際に集められて石灰の集積地となっている。
その代表的なものは、ドーバー海峡の白亜の壁や中国の桂林だ。(山口県の秋吉台も)
シベリア地方にはこの時の津波で出来たビート状の泡の集積までもがある。
内陸の盆地に留まった海水は岩塩となる。
Shellfish and coral are collected in the beach and become the accumulation place of the lime.
The representative thing is the wall of the white wall of Strait of Dover and KEIRIN of Chinese.
There is even the accumulation of the Pete-shaped bubble made of tsunamis of this time in the Siberia district.
The seawater which remained in the inland basin becomes the halite.


<やがて季節は、隕石の冬へと移行する> 大氷河期の到来
    The arrival of the large glacial epoch
 しかし衝突の発生熱と、それによって温まった海水は、保温効果をもたらす。
 このことは地球が冷え切ってしまわないで生命が絶滅するのを防いだ。
腐肉や、腐った植物は、一時的には微生物や昆虫の食料として優位に働く。
そして、季節が寒冷化すれば変温動物より恒温動物のほうが優位だ。
表土は氷雪で覆われ食料の絶対的不足から、小動物や哺乳類の優位性が作用する。
温暖化の長期的な要因に、隕石の衝突によって大気中に舞った浮遊塵の沈降説がある。
 誘発された火山灰の舞い上がりも太陽熱をさえぎる。
As for the season shift to the winter of the meteorite before long.
However, the high temperature that occurred by a collision and the seawater which thereby warmed brought thermal effect. This prevented life from becoming extinct without the earth being chilled.
Putrid flesh and the rotten plant act on predominance as food of a microbe and the insect temporarily.
And a warm-blooded animal is more dominant than a poikilotherm if a season becomes chilliness.
The surface soil is covered with ice and snow, and, from absolute lack of the food, a small animal and mammalian superiority act.
A long-term factor of the warming has the sedimentation of the floating dust which danced in the atmosphere by the collision of the meteorite.
Of caused volcanic ashes being carried away shuts out the solar heat.


<生物への影響例  Influence on creature example
① 大洋で160mから200mより深いところの魚類等の生き残り説がある。
  津波は水面に近いほうが先に運ばれ深い所の動きは小さい傾向がある。
There is survivors theory such as the fish of the place that is deeper than 200m from 160m in an ocean.
The one that is near to the surface of the water is carried earlier, and, as for the tsunami, the movement of a deep place tends to be small.


② 衝突の全体からいえば僅かだと思うが、硝酸雨で恐竜が大絶滅したという説がある。
  巨大隕石と空気との削過熱で空気中の窒素が反応し硝酸ができるという説。
Judging from the whole of the collision, I think that there is a few it, but there is the nitrate opinion that the dinosaurs became extinct very much because of rain.
Atmospheric nitrogen reacts by a huge meteorite and cut overheat with the air, and nitric acid is made.


③ 衝突によって核破壊がおこり、それが遺伝子に作用して突然変異が起こりやすくなる。
Nuclear destruction happens by a collision, and it acts on a gene, and mutation becomes easy to be caused.

<地球形状の変化 Change of the shape of the earth
① 地球はこの惑星の衝突によって肥大し膨張する。
地球はこの惑星衝突により南極側が膨らんだ洋ナシ形となった。
プッシュされた内核はマントルを通じ北極海の海底に作用してアルファ海嶺とユーラシア海盆をつくった。→ 月別アーカイブ(2010/2月)へ、
 この洋梨形は将来的には真球になろうとする力が働き南半球は収縮し北半球は、膨張する。
 このような状況は金星表面の緊張した表面にも見ることが出来る。
The earth is enlarged by the collision of this planet and expands.
The earth became the pear form that South Pole side swelled out by this planet collision.
The pushed inner core acted on the bottom of the sea of the Arctic Ocean through a mantle and made alpha ridge and Eurasia ocean basin.
 The power that is going to become the truth ball acts in the future, and, as for this pear form, the    Southern Hemisphere shrinks, and the Northern Hemisphere expands.
 Tense appearance of the Venus surface can watch such situation.


② 惑星衝突の瞬間は、反発力が働き浮き上がり現象を起すが、後には惑星の重みと引力によって徐々に沈み込んでゆく。その結果地殻のヒビ割れは増大し海溝は徐々に広がっていく。
 この謎解きには難儀をしました。何故、津波で運ばれた濁泥で海溝が埋まらなかったかと。
At the moment of the planet collision, repulsion acts and raises a rise phenomenon, but gradually sinks by heaviness and the gravitation of the planet later. As a result, the earth crust crazing increases, and the trench gradually spreads out.
I had trouble in this demystification.
Why was not a trench filled up with cloudiness mud carried by a tsunami?


③ マントルは、衝突圧と、地球が真球になろうとする収縮圧によって、地殻を破り各地で噴出する。 アイルランド、デカン高原、オーストラリアのエアーズロック等がその噴出岩だ。アイルランドに6500万年より前の地層はない。
  参考; 地球内部の地震波の伝わり方。
     貫入岩帯の玄武岩柱は、トコロテンのように短時にプッシュされて出来る。
The mantle tears the earth crust by the shrinkage pressure that collision pressure and the earth are going to become the truth ball and spouts out in each place. Ireland, Deccan Plateau, Australian Ayers Rock are them. Ireland does not have the stratum than 65 million years in front.
  Reference, The spread of the inside earthquake wave of the earth.
The basalt pillar of the intruded rocks zone is pushed like gelidium jelly at short time and can do it.


④ この南極衝突惑星が押しのけた容積は、海水位を上げて大陸棚を沈めてしまった。
チェックプリーズ; 理科年表を使えば中学生でも概数はでてくるよね。
The capacity that this South Pole collision planet pushed aside raised seawater rank and has sunk a continental shelf.
Check please; If even a junior high student uses the science chronological table, the round numbers come out,


⑤ なぜ恐竜は巨大化したか。
6500万年前の地球は、南極大陸を差し引いた分だけ小さかったからだ。増量した地球は、引力、重力の増加となり生物は巨大化しないで矮小化する。もし、地球が木星のような巨大な重力を持つ星なら、物質の構築は高くはならない。月の重力は地球のほぼ六分の一である。
筆者は、南極へ衝突した惑星の直径は、およそΦ3000kmだと推量している。
Why did the dinosaur become gigantic?
This is because the earth 65 million years ago was small as much as I deducted the Antarctic Continent. The earth which gained weight becomes gravitation, the gravitational increase, and the creature becomes dwarfness without becoming gigantic. The construction of the material does not become higher if the earth is a star with huge gravity such as the Jupiter. The gravity of the moon is approximately a one-sixth of the earth.
I estimate that diameter of planet which collided to the South Pole is approximately 3,000km.


⑥ 南極で発生した巨大津波は約一日をかけて北極へ集まる。
ⅰ. その波の数はおよそ10波<と推定している。その全水量は、今度は南極方向へ逆流を始める。 (逆津波の発生)
ⅱ. その濁流の中に混ざった生物は、石油化し北海油田、インドシナ油田、メキシコ湾油田、東シナ海油田、ブラジルの海岸油田となっている。
ⅲ. 太平洋が持っていた膨大な量の海水は、大西洋側へ流れ込みスコシア海を形造っている。
ⅳ. そして今度は、その逆流に浮かんだ植物は南極大陸へ集まる。そしてその植物達は衝突の残熱によって大陸の露頭にあっても石炭化している。
  南極大陸に大量の植物が育つ温暖期間があったとする考えは間違っている。
The huge tsunami generated at the South Pole takes approximately one day and gathers to the North Pole.
ⅰ. The number of the waves estimates it to be approximately ten. The all quantity of water begins a countercurrent this time to the South Pole direction.
   (A reverse tsunami is generated this time from the North Pole.)
ⅱ. The creature mixed in the muddy stream became oil and became North Sea oilfield, Indochina oil field, Gulf of Mexico oil field, East China Sea oil field, the Brazilian shore oil field.
ⅲ. The seawater of the enormous quantity that the Pacific had flows into the Atlantic side and forms the Scotia Sea.
ⅳ. And the plants which appeared in the countercurrent gather to the Antarctic Continent this time. And it become coal by the heat of the collision even if there are the plants to the outcrop of the continent.
    The thought that had the warm period when a large quantity of plants
    grow in the Antarctic Continent is wrong.

 
<筆者からの提言とお願い>
貴方はこの大事変を語るとき、わずか二メートルにも満たない人間的感覚を用いてはならない。このビッグゲームの97.5%は他人様の既論の再構築であり、私の論は僅かその2.5%にも満たない。私は、この大事変を信じて欲しいとは言わない。私は、貴方さまに>この大事変が史実であることに気付いて欲しいのです。
“ A proposal and request from me ”
When you talk about this big incident, you must not use the human sense that does not reach only 2 meters.
97.5% of these big games are rebuilding of the existing idea of other people, and my idea does not reach the only 2.5%.
I do not say that I want you to believe this big incident. I want you to notice this big incident being a historical fact.

                       
                   史実探偵 :           平 素人
                  A historical fact detective:  Moto Hiira
                                                 Shanks□

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  
(03.Dece.2012)
 奥州市に強力な “Only-2 双友”の、岩淵先生が現れました!!  ↓ 是非ご覧あれ^^♪
  御本の題: 『 縄文超々巨大津波 』 文芸社より(¥1400)  このご出版をきっかけに、
 附田監督立会いの、このドキュメンタリーが、今後の“世界史”にどのように刻まれ、無視され
 認められてゆくかが楽しみです^^。 さて、あなた様は、どうされますかぁ^^?
 (尚、↑ このコメントの続きは、→月別アーカイブ '12年2月の方へ^^!移しています。)
   :http://fujorinokuukan.blog108.fc2.com/blog-entry-62.html

(1/16) の訪問者は20名でした。 そのうち足跡履歴があったのは、1名のみでした。 あとの19名の方の足跡履歴はありません。1日平均で6~7名の訪問者が、何故20名に増えたのでしょうか? 全く判りません(^^!)。拍手もして下さったようですが、出来ればコメントや反論も頂戴できればもっと嬉しいのですが(^^?)


押して下さっても、損にも得にもならんですが筆者の励みにはなります^^。
(11/15)どなた様>貴重な(2)拍手をありがとう御座います♪ お一人は、Moさま>だと思うのですが? もうお一方>が解からない。あまり素人探偵を悩ませないで下さい^^!。 出来ればコメントも^^
(11/24)どなた様>3拍目をありがとう御座います。(Aさまかな^^?)
(1/11)どなた様>4拍目をありがとう御座います。(Wさまかな^^?)
(5/26)どなた様?久方ぶりの拍手5拍目を有難う御座います^^♪ 出来ればコメントを!
文信活動の再開 -ⅱ
 <文信活動,再開の-ⅱ>
タクラマカン砂漠は(6500万年前の)巨大津波が残した濁泥湖だ!

     【 お 知 ら せ 】
① 只今、卑弥呼の記事は休止しています。当ブログの全ては関連した“続きもの”です。
   “卑弥呼関係”の お客様は、カテゴリー 『この指、とまれ』 のクリックで、どうぞ~^!
②文信活動の2,を終了し、 <巨大津波発進源の概略>へ移りました。



前述の<ビッグゲーム-2>を今年の(5/01)から下記の文面をつけて米国へ○通、日本の大学へ○通を送りました。 しかし、未だに音沙汰ありません。私としては、この写真を見れば簡単に気付いて、分かって頂けると思ったのですが、それは大きな間違いでした。期待が大きかった分だけ落ち込みも大きい。この挫折感を過去の二十数年に幾度あじわったでしょうか。


                     わ が 想 い
           これほど簡単な津波跡の写真が、あなたに伝わらない
                「今度こそは」 と思ったのに
                こどもでも分かると 思ったのに
              庭先でみる濁流痕とおなじだと思ったのに
            大口を叩けばたたくほど、あなたさまは離れてゆく
             まるで天動説の世で、地動説を唱えているよう
                その反論の言葉すらいただけない
             これで分かって貰えなければ、打つ手が無い
               「それでも地球は、まわっている」
            それでも、この広報を止めるわけにはいかない。
              こころ折れるとも、このいのち尽きるとも
          あなたさまが“気付いて”くださるまで、現科学が気付くまで



下記の文面は部分的に目隠しをしてありますが、米国へ送った<代表的>なものです。
 「 ええ、大それた所へ送りましたよ^^!」 三種の押印をして^^!
    “USGS”へ送ったのは今回が初めてです。
 



「 アメリカ合衆国地質調査所 」御中 所長○○様
(1/2)頁 ↓
The curtain of the big event to change this century does not open unless (You) say 'yes'
              From; (Address) 〒000 - 0000  □□県 □□市 □□ 0000-0
                 (000 - 0000) , Oxxxxxx Oxxxxxx Oxxxxxx  Japan.
                 実名 (Real name) Ooooo Ooooooo (men. old??.)
              写真映像の2-ⅲ
                With Boston University Dr. X.X , March 03, 1991

United States Geological Survey
       Reston Fairfax VARGINIA, USA

                                         July 04, 2012 →
To: Dear, Dr Watson(in USGS)
     このビッグゲームに是非、参加してほしい。
I want you to participate in this big game by all means.
     私と一緒に ! !
   With me!

( 先 様 )の中に、もし、密やかに、そして大胆に今の世紀を変えたい貴方様がいたら、
   このビッグゲームに参加して頂けませんか?
In ( USGS ), would you participate in this big game if you love mischief, and there is you who want to change the present century secretly and boldly?
     貴方様の “気付き”を、強くお待ちしています。
  I strongly wait for your contact.
                                       Very truly yours
From: ( pen name ) 史実探偵: 平 素人
                 historical fact detective: Moto Hiira ( pen name)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
     尚、私からのお願いがあります。
① 私は、英語がほとんど出来ません。通訳の人が欲しいと思っています。
② そして、私は、大騒ぎされるのは好きではありません。その理由で、
   ペンネームならOKですが、特に、実名と住所の公表はしないで下さい。
③ 同封の、ステージⅣ-ⅱ,ステージⅤは、未だブログへは発表していません。
<In addition, there is a request from me.>
① I cannot talk most of English. I think that I want the person of the interpreter.
② And I do not like being made a fuss. For the reason, A pen name is OK, but please do not announce a real name and the address in particular.
③ And , I do not yet announce enclosed and < stage Part Ⅴ> to my blog.    
  I’m sorry. This is my poor English^^!.             Thanks □




(2/2)頁 ↓
 皆さんは、何時になったらこの極大論に気付いて下さるのでしょうか?
この極大論を(先様)に送るのは、今までの皆さんのご親切な対応(To Step of the evaluation)と、
世の人達は権威ある機関がイエスと言わないかぎり、人々はそれを史実とは認めないからです。特に、米国は世の科学をリードする力を持っています。
  to; Dear Dr. Watson^^ (in USGS).
What time will all of you notice this very large idea if it becomes?
As for sending this very large idea to ( USGS ), the correspondence kind of conventional all of you (Enclosure→Step of the evaluation) and people of the world are because the people do not recognize it with the historical fact unless an authoritative organization says with 'yes'.
Particularly, the United States has power to lead science of the world.


 今までに、二十年余りを要しました。
米国が先んじて、この論に気がつけば、それは米国に多くの利益と大きな栄誉をもたらすでしょう。どうか、その時が私の没後になりませんように、強く希望しています^^!。
I needed more than 20 years so far.
If the United States notices this idea first, it will bring the United States much(?) profit and big honor. Please I strongly hope so that the time does not become after my death^^.


  今回、航空写真で、サハラ砂漠の全域と、タクラマカン砂漠の東側に6500万年前の巨大な
  津波の痕跡を見つけました。 オーストラリアの砂漠にも類似痕があります。
① サハラ砂漠には、チベスチ、アハガルを越えた巨大津波と、ギアナ湾から回り込んだ津波
  の条痕跡が残されています。  
② タクラマカン砂漠には、その東側を入り口とした津波の痕跡が克明に残されています。
  この資料と共に、その評価の歩みを同封します。 この否定することが出来ない二箇所の
  津波の痕跡について、私は皆さんと語り合うことを希望しています。さらに、私はUSGSが
  この航空写真の中に現れている巨大な津波の跡を詳細に調査して下さることを希望してい
  ます。
In an aerial photograph this time, I found the trance of the huge tsunami 65 million years ago on the whole area of the Sahara and the east side of the Taklamakan. Australian desert too.
① The trance of the tsunami that I sneaked around to the Sahara from the Tibesti, a huge tsunami beyond Ahaggar and the Gulf of Guiana is left.
② In the Taklamakan, the trace of the tsunami which assumed the east side an entrance is left scrupulously.
With this Gig Game, I enclose the step of the evaluation. About the trace of these two places of tsunamis which I and you cannot deny. I hope to talk with all of you. And, I hope to investigate the trace of a huge tsunami appearing in an aerial photograph in detail in USGS.


 私は、実績のない素人です。そして、名前も知られていない一般人です。  
しかしながら、この論(推理)は、粗雑ではありますが史実を言っています。
この大事変を科学的な学問へと向上させることは、皆さんの役目ではありませんか?
  尚、私は大騒ぎされるのを好みません。そのために、実名を隠して行動しています。 
I am an amateur. And I am the commoner whom the name does not become known to .(^-^!)
However, this idea (inference) is crude, but says a historical fact.
Is not it a duty of all of you to improve this big incident to scientific study?
Besides, I do not like to be made a fuss. Therefore I hiding the true name and act.

    どうか、私の願いが失望に変わりませんように、
Please so that my wish does not turn into disappointment,^^!
                                               以上,


      つぎは、日本の大学へ送った標準的な(一部変更あり)文面です。

(1/2)頁 ↓
              (Address) 〒026 - 0026 日元ノ国 落山県 隕石町 4000年前
             〒026-0026,Inseki-cho Kamaishi-shi Othuyama-ken Japan.
                 (Pen name) 史実探偵; 平 素人 (men, ??)
              写真映像の2-ⅲ
               With Boston University Dr. ○.○ , March 03, 1991
□□ 大学
      理学部 地球○○科学科 御中             
      総長さま ・ 教授さま                   <第○便になります^^!>
                                      → July 02, 2012
To: Dear, Dr Watson( 先 様  )
     このビッグゲームに是非、参加してほしい。
   I want you to participate in this big game by all means.
     あなた様のご判断で ! !
   With you !
( 御 学    )の中に、もし、密やかに、そして大胆に今の世紀を変えたい貴方様がいたら、
   このビッグゲームに参加して頂けませんか?
In (      ), would you participate in this big game if you love mischief, and there is you who want to change the present century secretly and boldly?
     貴方様の “気付き”を、強くお待ちしています。
  I strongly wait for your contact to my blog.
                                        Very truly yours
From: ( pen name ) 史実探偵: 平 素人
                 historical fact detective: Moto Hiira ( pen name)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    < 尚、私からのお願いがあります。>
① 私は、大騒ぎされるのは好きではありません。その理由で、
    ペンネームならOKですが、実名と住所は伏せて行動(します)しています。
② 同封の、ステージⅣ-ⅱ,ステージⅤは、未だブログへは発表していません。
    Google earth. 又は, 東日本放射能情報地図(西へスクロール)の、航空
    写真で観る、
    この津波の痕跡は、雨上がりのグランドに出来る “流紋と全く同じ” だと思うのですが?
     < どうぞの 、ご確認を^^!!>
<In addition, there is a request from me.>
   I’m sorry. This is my poor English^^!.             Thanks □


(2/2)頁 ↓
     皆さんは、何時になったら、この 「極大論」に気付いて下さるのでしょうか?
この極大論を <先様>に送るのは、世の人達は権威ある機関がイエスと言わないかぎり、人々はそれを史実とは認めないからです。特に<先様>は日本の科学に多大の影響力を持っています。

 to; Dear Dr. Watson^^ ( in ○○  ).
What time will all of you notice this very large idea if it becomes?
As for sending this very large idea to (○○), the correspondence kind of conventional all of you
(Enclosure→Step of the evaluation) and people of the world are because the people do not recognize it with the historical fact unless an authoritative organization says with 'yes'.
Particularly, the United States has power to lead science of the world.
 今までに、二十年余りを要しました。
<御  学>が先んじて、この論に気づき “津波受難国”としての発信元になれば世界から大きな注目を浴びることでしょう。その発信が外国からの “逆輸入”にならぬよう強く望みます。
I needed more than 20 years so far.
If the (United States) notices this idea first, it will bring the (United States) much(?) profit and big honor. Please I strongly hope so that the time does not become after my death^^.
  今回、航空写真で、サハラ砂漠の全域と、タクラマカン砂漠の東側に<6500万年前の
  巨大な津波の痕跡>溜り痕跡や条痕痕跡、波状痕跡、削過痕跡、渦巻き痕跡、等を見つ
  けました。
① サハラ砂漠には、チベスチ、アハガルを越えた巨大津波と、ギアナ湾から回り込んだ津
  波の条痕の痕跡(その他の痕跡等)が残されています。(Google earth;参照^^♪)
② タクラマカン砂漠には、その東側を入り口とした津波の痕跡が克明に残されています。
  この一目瞭然で “否定することが出来ない二箇所の津波の痕跡” に関係しては、私の
  ブログに訪問して下さることを望みます。 さらに、私は<先様が>この航空写真の中に
  現れている巨大な津波の跡をプロの目線で調査して 『学問の形』 にして下さることを
  強く希望します。

In an aerial photograph this time, I found the trance of the huge tsunami 65 million years ago on the whole area of the Sahara and the east side of the Taklamakan.
① The trance of the tsunami that I sneaked around to the Sahara from the Tibesti, a huge tsunami
beyond Ahaggar and the Gulf of Guiana is left.
② In the Taklamakan, the trace of the tsunami which assumed the east side an entrance is left
scrupulously.
With this Gig Game, I enclose the step of the evaluation. About the trace of these two places of
tsunamis which I and you cannot deny. I hope to talk with all of you. And, I hope to investigate the trace of a huge tsunami appearing in an aerial photograph in detail in .

 私は、実績のない素人です。そして、名前も知られていない一般人ではありますが、この(推理)報告書は、粗雑とはいえ史実を言っています。今回の<航空写真>の入手を もって米国と日本の関係機関に送付します。過去の二十余年間で米国では60%が返事をくれ、日本では600通をこえる文信のうち98%以上が梨の礫^^でした。 → My blog ;の カテゴリー(卑弥呼への足取り)参照,  
I am an amateur. And I am the commoner whom the name does not become known to .(^-^!)
However, this idea (inference) is crude, but says a historical fact.
Is not it a duty of all of you to improve this big incident to scientific study?
Besides, I do not like to be made a fuss. Therefore I hiding the true name and act.

         どうか、御学がいつまでも魅力のある大学であり続けますように、 
      Please so that my wish does not turn into disappointment,^^!
                                         以上,


(’2012/11/05)
わたしとしては、<一目瞭然>で、簡単にわかって頂けると思った、<ビッグゲーム>のⅤ,
 タクラマカン砂漠、ゴビ砂漠に残る巨大津波の痕跡が<先様>に伝わらない!
 アジア大陸の内部まで、しかも6500万年前の巨大津波の痕跡が風雨にもさらされないで
 今の今まで残るはずがない!と、思われているようだ。  
さらに、これほどの津波痕をつくった「巨大津波の発生源への言及がない」と思われているのでしょうか?これから、その発進源の言及をしようと思いますが、それを言うと、あなた様>は、今でも『信じられない!』のに、益々信じて頂けないと思うのですがぁ~(笑い) ^^♪

<巨大津波発進源の概略>へ
 つづきます。・・・^^!



(11/07)どなた様、貴重な拍手をありがとう御座います^^。
Part Ⅴ. 地球の90%以上を覆った巨大津波
    Welcome to my blog.  ご訪問ありがとう御座います^^。
            【 お 知 ら せ 】
只今、卑弥呼の記事を休止しています。当ブログの全ての記事は関連した“続きもの”です。
    “卑弥呼関係”の お客様は、カテゴリー『この指、とまれ』のクリックを、どうぞ~^!



<アジア大陸の90%以上へ乗り上げた巨大津波> 
  The huge tsunami rans2061 onto 80%up of the Asian Continent.

私の掲げる“二つの大事変”が、いかに史実であろうとも、貴方がその常識を振り払わない限り、それは史実として見えてはこない。
It is not recognized being to when "large incident" which I advocate will be a historical fact how as a historical fact unless you nod either. Let's meet again then !!

<地球の90%以上を覆った巨大津波>partⅣ. からのつづきです。 尚、外国語はYahoo!変換(Translation)そのままであります。どうぞのご修正を!
   I’m sorry. This is my poor English^^!.
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< Big Game -1.> 番外編(^^)♪  Extra grade

     貴方は、さらなる(疑問心)子ども心を必要とします^^。
     (英) You need further suspicion.    (順不同)
     (仏) Tu as besoin de soupçon supplémentaire.
     (中) 你需要更进一步的猜疑心。
     (韓) 당신은, 새로운 시의심을 필요로 합니다.
     (独)Du brauchst weiteren Verdacht.
     (ポル)Necesitas la sospecha extensa.
     (スペ)Você precisa de suspeita adicional.
     (伊) Tu hai bisogno di ulteriore sospetto.

 <フォース ステージ> からのつづきです・・
 I do it by the continuance from the fourth stage.
     ↓                                 ↓
 この番外編のステージは更なる疑問心が必要です。  従来の常識をクリヤー出来ないお人
                                  The person who cannot clear
                                     conventional common sense

     ↓                                      ↓
   Yes の人                               No の人
     ↓                                Good by !!    
 You can advance to the next stage.
   
この第Ⅴステージは、これまで進んでこられた方においても、今までの科学的概念を振り払わないかぎり、貴方はこのステージに進むことは出来ない。“信じる”とは、真偽の全てを受け入れるということ。私たちは、そのことを“信じる”のではなくて、そのことに“気付くこと”が大切だ。「信」の字は人が言うと書く。人が言うことほど'アテ’にならないことはないからね(笑)。ちょっと言葉がすぎましたかぁ(^-^!)? 引き続きのゲーム感覚で楽しんで頂ければ幸いです。

                                 
 Ⅴ.<ヒィフス ステージ> ('12 Mar. 11 )                 
     You are good !   Welcome to the fifth stage. ^^♪
   
<アジア大陸へ乗り上げた巨大津波>
  その巨大津波は、アジア大陸へ南からと東から乗り上げている。
(英)The huge tsunami runs onto the Asian Continent from the east from the south.
(仏)Le tsunami énorme court sur le Continent asiatique de l'est du sud.
(中)那个巨大的海啸正从南面从东面触到亚洲大陆。
(韓)그 거대 해일은, 아시아대륙에 남쪽에서와 동쪽에서 올라앉고 있다.
(独)Der riesige tsunami läuft auf den asiatischen Kontinent vom Osten vom Süden.
(ポル)El tsunami grande ejecuta hacia el Continente asiático del este del sur.
(スペ)O tsunami enorme corre sobre o Continente asiático do leste do sul.
(伊) Il tsunami enorme funziona sopra il Continente asiatico dall'est dal sud.

       ↓ 帝国地図院 中学校社会科地図・四訂版からの切り取り、へ作図
アジア大陸へ上陸した津波

質問・Question 5) その痕跡を探して列挙せよ!  2012 March 13
      Enumerate the traces !


  この信じられないほどの津波の痕跡探しの答えが、あなた様と(私の答えが)幾つ重なるでしょうか・・・^^?
Will the answer to search for trace of this tsunami as it is unbelievable become several same answers with you?

(答え・Answer)

ⅰ 西太平洋を北進した津波は、オーストラリア大陸をカバーした津波と合流してアジア大陸へ乗り上げている。
The tsunami which northed in the west Pacific joins the tsunami which covered the Australian Continent and runs onto the Asian Continent.

ⅱ その巨大津波は、ミャンマーのタンルイシ川や、ベトナム・カンボジアのメコン川を登りチベット高原の近くへ達している。
The huge tsunami climb Myanmar タンルイシ river and the Mekong of Vietnam Cambodia, and the huge tsunami reaches the neighborhood of Tibetan plateau.
  『 津波は川を登る。』
"The tsunami climbs the river"
このことは川が、河口から上流に向かってなだらかな遠浅状になっているためであり、津波にしては、多くの抵抗を受けないで登っていくことが出来る。この結果。津波は驚くほどの内陸部まで侵入する。分かりやすい例えとして、サーファーが遠浅状の海岸を選んで遊泳するのは、このためであり、海岸近くまで深部の場所よりも、波高は、ハワイのような遠浅状の海岸のほうが格段に高くなる。

ⅲ 巨大津波は、中国の海南島の南側を押し流し、台湾島の太平洋側を削り取っている。
The huge tsunami washes the south side of Chinese Hainan Island away and scrapes off the Pacific side of the Taiwanese island.
 <流された島々>別紙My報告書より、
   タスマニア島、ニュージーランド島、マダガスカル島、セイロン島、海南島、台湾島、
   これ等の島々の全ては、その大洋側か、南側がこの時の巨大津波に削り取られて
   急峻し、その礫を島の反対側にもっていかれている。

この事は凝視するまでもなく、貴方様に<こども心>が残っていれば簡単に分かるはず。もう一度、前々のゲームに振り返り確認してみて下さい。わたしは少年の頃、オーストラリア大陸の南側の海岸線が単調なのに対して、その北側の海岸線が複雑に乱れているのが不思議でなりませんでした^^。

ⅳ 巨大津波は、中国の桂林に膨大な量の珊瑚や貝殻を積み上げた。そして、津波の“引き波”は、その一部を残して切り立った景勝を作っている。
この地形の成因は、米国グレートベースンや、ローム層の川岸が垂直に切り立つことに似ている。
The huge tsunami piled up coral and a shell of enormous quantity on the Chinese Guilin. And "dilatational wave" of the tsunami makes a sheer picturesque scenery leaving the part.
The origin of this topography resembles that the American Great Basin and a river bank of the loam layer rise steeply perpendicularly.


学説では、この地形の年代を○○としているが、さまざまな年代の土石が混ぜ合わされ、そして運び込まれた時の年代測定は不正確である。
The theory assumes the generation of this topography ○○, but the generation measurement when the rubbish of various generations can be mixed and it was carried is incorrect.

 <同似集合の原理> 筆者提唱・別紙My報告書より、
   世には、同じものは同じもので、似たものは似た者同士で集まる原理・傾向がある。
   夏も終わりに近づいてきました。誰も足を踏み入れていない砂浜を訪れてみて下さい。
   そこには、貝殻は貝殻で、流木は流木で集められて打ち上げられているはずです。


ⅴ 巨大津波は、山東省の諸城市に多くの恐竜達を埋没させている。
The huge tsunami lets many dinosaurs bury in Zhucheng City of Shangdong.
 2012/ 1月8日のYahoo! に【 気になるニュース 】がありました。
  ニューズウィーク日本版9月7日号掲載→ 1月6日(金)17時37分配信
  ローレン・ヒルガース (ジャーナリスト)氏 :  の文中より興味深い一部を抜粋 します。
見出し:<中国に現る! 最強の恐竜ハンター>
中国各地で次々と化石を発見する古生物学者、徐星(シュイ・シン、42)が、恐竜の進化と移動に関する従来の学説を根底から覆す?
  ・・・以前あり、
 ■古大陸の謎を解くカギ
 化石の採掘場 (山東省の諸城市)は、龍骨澗(竜の骨の村)という村の郊外にある。この周辺では何百年も前から化石が見つかっていた。 この採掘場 (深さ300メートルの発掘溝)は、規模が大きいだけでなく、埋まっている骨の量も多い。「なぜ(恐竜の)化石がこれほど多く集まっているのか、私には見当もつかない」と、(米ペンシルベニア大学の) ピーター・ドッドソン教授は言う。
その理由はまだ謎のままだ。 徐は地滑りが恐竜たちを押しつぶし、骨を散乱させたとみている。 (イギリスの古生物学者) デービッド・ホーンは恐竜の死後、大規模な洪水か泥流によって骨がここに運ばれたと考えている。

  以下云々・・・、
この記事で気になる言葉を三つ揚げました。
その① (山東省の諸城市)の場所
  諸城市は、チンタオ(青島)南西で車で約2時間の所で海岸から○km入った所にある。今までの巨大津波のステージをこなしてこられた方なら驚くに値しない。
その② この採掘場 (深さ300メートルの発掘溝)
  しかしながら、「深さ300メートルの発掘溝」は、驚きだ。もっとも、数百メートルの厚さを持つ炭層の成因を考えれば、このことでさえ驚くに値しない。
その③ なぜ(恐竜の)化石がこれほど多く集まっているのか
  『(イギリスの古生物学者) デービッド・ホーンは『恐竜の死後、大規模な洪水か泥流によって骨がここに運ばれたと考えている』← これがこの採掘場の答えだ! ただし、通常に言われている『洪水』ではなくて、それは<巨大津波>によって運び込まれたのだ。 北米のユタ州やゴビ砂漠の恐竜化石の採掘場でも、その「骨は散乱」していて一体の完全体を得ることは殆んどないという。もし『 胴体が2メートルを超える巨体が地表に有れば、腐るか、他の獣に食われてしまい化石となって残らない。』このことが子供心に火をつけた発端でもあります^^。

“If there is the big body more than 2 meters on the surface of the earth, the body rots or it is eaten by other beasts, and it is with a fossil and does not stay.”
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ⅵ 石炭の成因については、記事のボリュームが大きくなるので、今回は外します。
   Because the volume of the article becomes big, about the origin of the coal, I exclude it this time.

Ⅶ ゴビ砂漠は、巨大津波が運んだ砂塵である。
  The Gobi is the dust storm that a huge tsunami carried.
 毎年の春になると気流にのってアジア大陸から黄砂が日本列島にやってくる。この膨大な砂漠を成している粉塵土は巨大津波が運んだものだ。津波が陸へ乗り上げる時、その様相は、岩石が川上から下流へと下り海へと到るまでの様相と大変よく似ている。つまり、大岩から→栗石→砂利→粉塵・粘土質になるまで。巨大津波では、海から山間部へ向かって段々と、その岩粒が小さくなっていく。ゴビ砂漠は巨大津波が運んだ砂塵で覆われている。

Ⅷ 中国では津波で運ばれた微細土が頁岩化している。
  Slight fine soil carried by a tsunami becomes shale in China.
  中国大陸では、この粘土質が頁状化した頁岩(けつがん)の産出は珍しくない。 この中にウミユリに似た海草の化石を見ることがある。ウミユリが内陸部へあるのはオカシイよね。

Ⅸ 大火災によって発生した木炭やススが津波で集められ岩石化している。
  Charcoal and soot caused by an inferno are collected by a tsunami and become a rock.
  津波で火災が発生するのは異ではない。この時の火種は火山活動か? 津波で集められた流木に火がついた。中国大陸では、硯(すずり)の原料となる岩石が産出する。 これは津波によって発生した大火災によって発生した木炭やススが後進の津波やその後に続く大雨で寄せ集められて岩石化したものだ。書道家がよだれを垂らすという端渓の硯は有名だよね^^。
(日本でも土砂礫層(○○郡○備町大池)の切り通し斜面で微量ながら見たことがありますよ)

Ⅹ<その巨大津波は、ゴビ砂漠、ツァイダム盆地、タクラマカン砂漠を造った>
<The huge tsunami made the Gobi, Tsaidam basin, the Taklamakan.> 
それをGoogle earth 又は、東日本大震災地図 (を西へ、スクロールし、ズームup down)して確かめて下さいこれを観れば、何も御大家や専門家の言葉を借りるまでも無く、この素人でも誰でも判ると思うのですがぁ~^^? と思って送信を始めたのですが、未だにどなた様からも音沙汰は、ありません ^^!!、

  第五章 創作話(あやまち)三題の、 第一話 やしの実(侮り) 【電子出版】より引用^^!、
 昔むかしのこと。海辺で遊んでいた子供たちは、一つの大きな実を発見(み)つけた。それは大人の頭ほどもあり、あんずの形に似ていた。表面は土色をしており、とても重い物じゃった。大人たちに見せたが誰も知らないと言う。物知り爺っちゃんに問うことにした。物知り爺っちゃんは、そのまた爺っちゃんから聞いたことだがといって、次のようなことを話した。これと同じような“もの”が、大荒しの後の海岸に幾つも流れ着いたこと。斧で割るほど固かったこと。中身には「ほれ、こんなに大きなものが入っていたんだと」と言って、両手の指先を合わせて球の形を作った。さらに、それを斧で打ち砕くと、白い果肉が入っていて、「口に入れると、サクサクッとして甘かったんだと」。「爺っちゃん!それ植えたの?」と間を入れず聞いた。 「さあて、そこまでは聞かなんだ」 と、爺っちゃんは答えた。大人たちは、これは種では無いと言った。一番大きなあんずの実だって、こんなもんだと言って、片手でその形を作った。子供は自分が発見(み)つけたものは、大きな大きなあんずに違いないと思った。爺っちゃんの話の中の白いサクサクとした甘さが、口の中で広がるような気がした。大人たちが止めるのも聞かず子供は庭鼻にそれを植えた。 冬が来て春が来た。 しかし、芽は出なんだ。こんなに大きな種だもの、きっと何年もかかるに違いない、と子供は思った。だけど、いくら待っても芽は出なんだんだと。そこは、寒いさむい北の国じゃったから。                             (昔、こっぽり♪)

   こういった極大論は、その没後でないと認められないのでしょうかぁ・・・とほほのほ・・・、

平 素人 | URL | 2010-10-08-Fri 07:07 [EDIT]  <粗茶室Ⅱ>のコメント欄より移^^、
FUSEさま>  コメントありがとう御座います。
身に余るご厚情>ありがたくお受けいたします。しかしながら、20余年の“広報活動”で身元を(一部の例外と海外をのぞき)一切明かしたことはありません。何故そのようにしてきたのでしょうか?  それは、世界がこの拙論「南極大陸は6500万年前の巨大隕石!」と、「神に変身したBC2001年の巨大隕石」に気付き、認められたときの喧噪から逃れるため^^!。 20余年無視されつづけた歴史への腹いせのため(その時は知らんぷりして、今頃になってよくいうわぁ-笑)。 それと、身元明かさず!の、イタズラと遊び心(そのほうが楽しいから^^)。隠しておくと知りたくなる?。 そして、皆さんに幻滅を与えたくないため。( 「ほんとに、このおっさんが、かぁ?、嘘でないかい!」 と云われないため(笑)。 その時は必ず訪れますが、それが何時になるかがわかりません。ので^^“三種の人器”を納めた、夢時空へ誘ってくれるFUSE氏>作の 猫ポーチ 『窓辺のルビー』 の感触を楽しみながら・・・・^^。
 ちなみに、三種の人器とは、「極秘のゴム印、翡翠のニコニコマーク印、平素人の獅子頭の実印」のことで、後々にプレミアが^^?つきますようにと、遊び心を交えて押印しています。^^


 6,500万年前の巨大津波の、痕跡写真 1    
 65 million years ago, Trace of the huge tsunami. 1.
<ゴビ砂漠の西部辺りの溜まり水の跡と、水流が作った地形の痕>
Trace of the topography which a trace and a current of the stagnant water in the western part of the Gobi created中華人民共和国
  ゴビ砂漠の西部、The western part of the Gobi,
      弱水 Ruo (北緯   東経   標高  )
      黒河 Hei (北緯   東経   標高  )

      巨大津波が運んだ濁泥湖の跡(写真の○印辺り)
      Trace of the cloudiness mud lake which a huge tsunami carried 
      Area of the circle part of the photograph

            (北緯 40°10'37"N  東経 101°50'12"E   標高 1300m )
        
   海水の残留湖 Residual lake of the seawater
    青海湖     (北緯 36°55'07"N  東経 100°10'15"E  標高 3198m )
       Kokonor, Qing hai lake,  
    酒泉市・哈拉湖 (北緯 38°16'35"N 東経 97°34'15"E 標高 4081m<
       [Untitled]
   参考例 Example of the reference; バイカル湖 Lake Baikal
   →海水の流入した湖→ 雨水の流入→ 汽水湖→ 淡水化
   The lake where the seawater flowed into,→ Inflow of the rainwater,→
   → Brackish water lake,→ Water conversion,

   内陸へ閉じ込められた魚(イトウ)
   The fish which was shut in to the inland. Hucho perryi

 6,500万年前の巨大津波の、痕跡写真 2    
 65 million years ago, Trace of the huge tsunami. 2.
<ツァイダム盆地からタリム盆地へ侵入した津波の痕跡>
 Trace of the tsunami which invaded from Tsaidam basin to Tarim Basin
ツァイダム盆地
ツァイダム盆地からタリム盆地
From the Tsaidam basin to Tarim Basin
 この辺りが巨大津波の侵入をもっとも鮮明に残している。
 This neighborhood leaves the invasion of the huge tsunami most clearly.
   青海省・柴达木盆地  Qinghai Chinese
   305Provincial Rd.
 (北緯 38°14'25"N  東経 92°06'03"E  標高 2747m )

 6,500万年前の巨大津波の、痕跡写真 3
 65 million years ago, Trace of the huge tsunami. 3.
<タクラマカン砂漠は巨大津波が残した濁泥湖だ!!>
 The Taklamakan is the cloudiness mud lake which a huge tsunami carried !!
タクラマカン砂漠
 タクラマカン砂漠は、6500万年前の巨大な津波が侵入した、海水と濁泥の干湖だ!!
The Taklamakan is a dried lake of seawater and the cloudiness mud which the huge tsunami 65 million years ago invaded !

   Taklamakan, Xinjiang (北緯 39°00'59"N  東経 83°36'29"  標高 1103m

貴方は、これ等の痕跡を観察して「津波の跡ではない」と否定することができますか?
You observe the trace of these, and "It is not the trace of the tsunami"; can deny it ?
私は、この大事変を語る時、わずか二メートルにも満たない人間的な感覚を用いない。
When I talk about this big incident, I do not use the human sense that does not reach only 2 meters.

<持論を阻む二つの謎>Two mysteries to prevent stock argument
その① 残留した濁泥の平原のなかに、周りの濁泥面より低い凹地がある。
   In a plain of the cloudiness mud which remained behind, there is the hollow that is lower than a cloudiness mud side of the circumference.
   By estimate (-20m ~ -50m) 周囲より20m~50m低い,
   (北緯 38°32'38"N  東経 91°24'48"E  標高 2705m )
   (北緯 38°07'07"N  東経 90°47'34"E  標高 2857m ) 
   (北緯 37°46'02'N   東経 91°50'35"E  標高 2892m )
    Others

これは、謎というほど難しい問題ではない。流れが速い時の流紋実験のなかに清水域の渦が後を引くことがある。巨大津波のなかに清水のブロックが出来て一緒に流されたと考えられる。
  It is not the problem that is difficult so that it is said that this is mysterious. A whirlpool of the spring water area may be hard to quit after starting in a style crest experiment of time when a flow is fast. It is thought that a block of the spring water is made in a huge tsunami and was drained together.

その② ナム湖の存在 Existence of the Nam Co (4650m)
   最大の謎はナム湖の存在だ。ナム湖は世界最高地の塩水湖で、その高度は4650mである。この場所への津波痕は認められないが、ナム湖はマルタバン湾に流れ出るタンルイシ川、ヌー川の最上流の近くにある。「津波は川を上る」というが、津波が、この位置まで上ったのであろうか?? 判断に苦しむところである。 又、一口に「塩」といっても塩分には“NaCl"だけではなく、色々な塩基が含まれる。ナム湖の存在は、『地球創世記の“NaCl"の誕生が、陸か?海か?それとも全天か?』の問題に関わる。いずれにしても、筆者は、そのナム湖の分析を知りたいと思う。ちなみに、南米の塩湖チチカカ湖3812mでは、その北西方向に津波痕がはっきり写っていた。
  The writer wants to know the analysis of the Nam Co.

以上をもって、この<ビッグゲーム>を、閉じておきます。
  さて、貴方さまは、どのステージまで進むことができましたか^^? 
この答えは、全ステージが「 イエスである。」か、それとも、「 ノーである。」
私は、そのどちらかの選択だと思うのですが?   史実探偵: 平 素人

With the above, I close this big game.
Which stage was you able to advance to?
As for this answer, all stages are yes. Or it is no.
 Speaking of "No", you will deny the trace of three pieces of photographs.
Do I think that it is choice of either?
                     Mr.Hiira Moto spy on a historical fact.
                    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

≪※注意≫  この記事へ掲載している写真は、全て無断・無了解での引用です!!
《 Please be careful. 》
I quote all of photographs placing without permission.


【参考・引用・写真】その1
帝国地図院 中学校社会科地図・四訂版から一部を切り取りました。

【参考・引用・写真】その2
この写真 & 地図の閲覧の仕方
Yahoo!のトップ画面で → 東日本大震災に関する情報 → 放射線情報 → 日本地図 → 縮小する → マウスの左押しで → 太平洋を東へ数回スクロール → 北米大陸の西海岸に着きます。 → 衛星写真 & 地図の拡大縮小!!  この方法でその一部を切り取りました。 
  
【参考写真】その3
“Google Earth” で経度、緯度、高度を調べました。

【引用】その1
 2012/ 1月8日のYahoo! ニュース
  ニューズウィーク日本版9月7日号掲載→ 1月6日(金)17時37分配信
  ローレン・ヒルガース (ジャーナリスト)氏 :  の文中より興味深い一部を抜粋 しました。
September 7 issue publication for Newsweek Japan

              Sanks □   史実探偵 平 素人  April 09, 2012 完記

( 2012/10/04 追記)  
   6500万年前の 「地球の80%以上を覆った巨大津波」 を90%以上に変更しました。
   貴方は、この史実を認じる時、僅か2mにも満たない人間的感覚を用いてはならない。 
この数字は精査した数字ではありませんので「80%以上」であれば90%も含まれるわけですから、この数字を上げることに大きな問題はなかったのですが、なかには「世紀末」をおっしゃる方も居まして、そのハードルを上げることには一抹の抵抗がありました。(、でもいっかぁ~ どうせ相手にしてくれないんだしぃ^^!)その津波の高さは、アフリカ大陸ではチベスチ山の頂上を残すのみ、北米では、ロッキーとかアパラチア山脈の頂上付近かな。この喫水線は少しの注意力を持てばその山肌が「古い感じか、削られてなだらかか」でおおよその見当はつきます。

 只、この津波の高さを地球規模でいうのはその場所によって大きく異なるので難しい。その衝突の周囲直近では(南極大陸そのものが巨大隕石だ!←別紙電子版報告書『巨大隕石と大津波』)飛沫状になるのでゆうに一万mは越したであろうと思われる。過去のアラスカ地震では氷河がなだれ落ちて飛沫状となり、対岸へ駆け上がった津波の高さは(数百m?)だったかな。赤道付近では、その直径が最大であることからV字状津波幅が最大となり川でいえば河口の様相を呈する。筆者は、その高さを(大陸棚が没した増位分の約200mを差し引いて)200~300mであったかと考えている。

 発生から、ほぼ一日をかけて北上した津波は、こんどは逆V字形の北極点に集まるのでその波高は計り知れない。いったんはシベリア平原に滞るが、こんどは南へ向けて逆流する。膨大な水量を誇る太平洋の海水は、南米大陸のホーン岬から大西洋へと流れ込みスコシア海を形造っていると確認してください。それよりなにより、今、貴方さまが目にしているその車窓から眺める風景や岩肌を注視して欲しい。その時の巨大津波は、「 地球の90%以上を覆っている。」
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   (~9月27日) 付けで、巨大津波 < Big GameⅠ~Ⅴ > の全てを完了しました。
          長いあいだのお付き合いありがとう御座いました^^。
    ここまでクリヤー出来たお方様は、残念ながら、2名(2拍手)だけでした。
<どなた様かは、存じませんが、その2名のお方様へ:>
この“常軌を逸した”ゲームをクリヤー出来るとは^^、よほど柔軟な頭脳の持ち主です。
どうぞ、その認識を<後々に花開く時^^♪>まで留めておいて下さるよう切に希望します。  
残念なことですが、これが当記事に対して皆さんの(世間様の)偽らざる現状なのでしょう。
しかしながら、この「広報」を止めるわけにはいきません^^!。次の記事を思案します。

思案中です^^!
中央アジアの巨大津波-1






(9/01)
未だに、何方様からのコンタクトもありません。20数年来こととはいえ(無拍手の)現状を嘆く気すら失せてしまいました。コメント欄は、'纏わりつく大量スパム(昼夜別なく3日間で400^^!)’の関係で閉じていることが殆んどですが、運がよければ開いている時があります^^。
押して下さっても、損にも得にもならんですが、私の励みにはなります^^。
 9/11,15時に拍手を下さった貴方様> へ、~^!
一ヶ月以上ぶりの拍手です^^!。できればコメントを! お礼の言いようがありませんからね。
 (9/12) 続いて2拍目が頂けました。どなた様ありがとう御座います^^。
 (9/27) どなた様>3拍目の拍手をありがとう御座いました。
Part Ⅳ - ⅱ. 地球の90%以上を覆った巨大津波
 Welcome to my blog(^-^)♪
    記事の更新がないにも関わりませずの、ご訪問ありがとう御座います♪
     未だに、何方様からも応答は有りません。我が思いは遠のくばかりです。

5月1日から<ビッグゲーム>の送信を始めて 7月末で三ヶ月 になりました。 未だに、何方様からもコメントは頂けません^^!。 長らく中断お待たせしていた<ゲームの続き>、Big Game Ⅳ-ⅱ, & Ⅴ, の公開を始めます。といっても二十数年前から広報し、言い続けていることですがぁ~~(汗~!)。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<北アメリカ大陸の90%以上を覆った巨大津波> part Ⅳ - ⅱ
The huge tsunami which covered 80%up the above of the North American Continent.  

この記事は、前々の記事<part Ⅳ - ⅰ> のⅰ~ⅵの続きの(ⅶ)からです。 さて、ここ迄、無事に(^^?) クリヤーして来られた貴方様を、待つのは、どんな<ステージ>なのでしょうか。


ⅶ 6,500万年前の南極から北上し、北米大陸の西方へ上陸した巨大津波!!     
  その巨大津波はグレートベースンに侵入してメサやビュートを作っている。
   (英)The huge tsunami invades the Great Basin and makes Mesa and Butte.
   (仏)Le tsunami énorme envahit la Grande Cuvette et fait Mesa et Petite
      montagne.
   (中)那个巨大的海啸侵略Great Basin 正做Mesa以及Butte。
   (韓)그 거대 해일은 그레이트베이슨에 침입해 Mesa나 Butte을 만들고 있다.
   (独)Der riesige tsunami dringt in die Great Basin ein und macht Tafelberg
      und Restberg.
   (スペ)El tsunami grande invade la Gran Cubeta y hace Colina y Butte.
   (ポル)O tsunami enorme invade a Grande Bacia e faz Mesa e Monte
      isolado.
   (伊)Il tsunami enorme invade il Grande Bacino e fa Mesa e Monte isolato.

     ↓ 帝国地図院 中学校社会科地図・四訂版からの切り取り、へ作図しています。
北アメリカ 4
赤い矢印→グレートベースンへ侵入した巨大津波、 青い矢印等→巨大津波の戻り水等
→The huge tsunami which invaded the Great Basin, →Dilatational wave of the huge tsunami,

<グレートベースンへ侵入した巨大津波を分析する>
<I analyze the huge tsunami which invaded the Great Basin.>
①東太平洋を北上した巨大津波は、中米の西岸を北上したものと合流し、カリフォルニア湾入り口に殺到している。
②その殺到した津波は、その入り口を削り取り深みを作っている。
 ① I join that the huge tsunami which went north in the east Pacific went north in a west coast of Central America and rush at the Gulf of California entrance.
 ② I scrape off the door, and the tsunami which rushed makes depth.

③細長いカリフォルニア湾によって集められた巨大津波はジェット水流となってグレートベースンへ侵入している。
 <水流で墓石を切断する>
  水流で岩石を切るとは、異な感じがするが、×2、×4、×8、と水流を束ねて行けば
  水の分子H2Oは、規則性をもって並べられ、それに固い紛剤を混ぜようものなら岩石は
  おろか、鋼鉄をも切断する。レーザー光線と同じ原理だ。熔ける要素が少ないので切断
  面はより綺麗に切れるという。

岩塊を含むジェット水流は岩場を切断する。
The jet current including the rock lump cuts a rocky place!
(堆積したローム層は垂直方向には侵食されにくいが横方向には弱いと前述しておきました。)

④巨大津波の第一波は、カリフォルニア湾に棲息していた貝類をグレートベースンに運び込む。
⑤続いて、2波3波4波~・・と、波高は低くはなるがその水流には岩石を含むのでより威力を増す。
⑥そして、その条痕は段々深くなり南北へ細長い形のメサやビュートを作った。
 その結果。メサやビュートの頂上に貝殻は残されたままになった。その頂上に6,500万年より前の地層はない。

③ The huge tsunami collected by Gulf of slim California becomes the jet current and invades the Great Basin.
④ The first wave of the huge tsunami carries the shellfish which had habitation in the Gulf of California in the Great Basin.
⑤ Two three four and wave height become low, but add to power more successively because they include a rock in the current.
⑥ And the mark left on a bullet was gradually deepened and prepared mesa and Butte of slim form into the north and south.
 As a result. The shell has been left in the top of mesa and Butte.
 ※The top does not have the stratum than 65 million years in front.


<カリフォルニア湾は、水を束ねるホースの役目をした>
ええ、私は、貴方がホースを貸して下されば、この事を実験で証明出来ますよ。津波の第一波をバサッをかけて、あとは、ホースで、ジャー、ジュー、ジョー^^。こんな簡単な実験では誰も納得してくれない^^!。

<The Gulf of California did the duty of the hose!>
Yes, I can prove this thing by an experiment if you lend the hose.
Take a whump in the first wave of the tsunami; and the trace is one, two, three with a hose.
Nobody understands such a simple experiment.
^^?

ⅷ <盆地へ運び込まれた海水>
   The seawater which was carried in the basin
 このステージまで進んでこられた方に「ここは昔は海だった」と言われるお方は、もういないと思いますが、ユタ州へ運び込まれた海水は、残留しグレートソルト湖となっている。 
ユタ州の恐竜博物館は有名ですよね。 津波の強い流れは、その側方へその浮遊物を持っていく傾向があったから、これより西方の対岸ブラックロック砂漠の北辺りを探してみれば面白いものが出るかも知れません。
The seawater carried in Utah becomes the great salt lake.
The dinosaur Museum of Utah is famous.
The strong flow of the tsunami tended to take the float to the flank.
An interesting thing may appear if you look for north area of the Blacklock Desert who is western than this.


ⅸ <津波の引き波>
  <Dilatational wave of the tsunami>
⑦皿状のグレートベースンへ入り込んだ膨大な海水は、コロンビア川や、グレートホーン方面への溢水もあるが、もと来た方向へ逆流をはじめる。
⑧すでに、上陸した時に、その道筋は刻んである。
津波は山を登っていく時よりも下る時のほうが、岩石を持って斜面を駆け下るので、その威力は絶大となる。
⑨その結果。 ますます、その川下では条痕が深くなっていく。
デスバレーが現在の海面下にあるのは、これに津波の側流が加わっているからだ。
デスバレーの下流には、その時流れ出た巨岩が転がっているはずだ。
⑩コロラド峡谷は、津波の進行方向と引き波の方向が南北に一致してより強い流れとなった。
 算数苦手の素人からのお願いがあります。
コロラド峡谷を作るための必要な雨水量は、地球創世記に必要な年月より長くなりませんかぁ?(笑い)
⑦ The enormous seawater which got into the plate-shaped Great Basin has the overflow water to the Columbia and the great Horne area, but begin a countercurrent to the direction where the cause came to.
⑧ When I already went ashore, the route is carved with.
Because I run the slope with a rock, and time dating back than time when the tsunami climbs the mountain goes down, the power is great.
⑨ As a result. A mark left on a bullet is deepened more and more in the lower part of a river.
The reason why Death Valley is under current sea level is that a side style of the tsunami is added to this.
The huge rock which flowed out should roll to the down stream of Death Valley then.
⑩ In the Colorado gorge, the course of the dilatational wave accorded with the line of the tsunami to the north and south, and it became a stronger flow.
There is the request from the amateur who is weak in arithmetic.
The quantity of necessary rainwater to make Colorado gorge is the mother who does not get longer from time necessary for earth Genesis.
(^-^?)

ⅹ <津波が狭い谷あいに入ろうとする時に作る地形>
  The topography to make when a tsunami is going to enter the small chasm
津波が運ぶ土石流が狭い谷あいに入ろうとする時、それが狭すぎて入れないので、その入り口のサンタバーバラに堆積土を積み上げた。
その結果。海水と共に運ばれた魚達は出口を失って、そこで石油化している。
Because I was too small, and it could not enter when the mud flood which a tsunami carried was going to enter the small chasm, I piled up sullage on Santa Barbara of the entrance.
As a result. The fish carried with seawater lose an exit and become oil there.


(お ま け)
巨大津波は、太平洋に棲息していた魚達をアラスカへ集めた。
米国は、ヨーロッパへの中継地としたかったのでしょうか。旧ロシアから巨額を投じてアラスカを買った。当時はばかげた買い物との批判もあったが、その後に金鉱は発見された。そして今では米国産の25%の石油はアラスカで汲み上げられている。何が幸いになるか分かりませんね。
蛇足ながら、太平洋を回遊していた魚達がここに集められたことや、ベーリング海を乗り越え、カナダ、そして、大西洋を北上した巨大津波は何を何処へ運んだのでしょうか。 それを知りたいお人はmy報告書の(電子出版)極秘 報告書「巨大隕石と大津波」へ、どうぞ^^♪   
                  (Service)
The huge tsunami collected the fish which had habitation in the Pacific to Alaska.
Would the United States want to assume it a way station to the Europe? I cast a big sum from former Russia and bought Alaska. There was the criticism with the ridiculous shopping, too, but the gold ore was discovered afterwards in those days. And 25% of U.S. oil is drawn now in Alaska. I do not know what becomes happy.
In spite of being an extra, what would the fish which made an excursion in the Pacific having been collected here and the huge tsunami which went north in Canada and the Atlantic climbing over the Bering Sea carry to where? The person wanting to know it takes it to my report ♪
Furthermore, where would the animals and plants of enormous quantity collected to the Arctic Ocean go to?

                                          Pen name
                        2012 March 21 □  史実探偵 平 素人




<Big Game - part Ⅴ> へ つづきます。
Copyright © 2005 卑弥呼が埋めた「大量の銅剣と銅鐸」. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。